同じクルマでも印象はガラリと変わる!! 複数の顔を持つ現行日本車5選

 極端に性能の劣るクルマがない今、クルマ選びの重要な要素は人によって違う。何にプライオリティを置くかによってクルマ選びも変わってくるが、デザインは昔も今も重要なポイントであることに変わりない。

 今回は同一モデルに複数のフロントマスクが設定されている現行日本車を集めてみた。ただし、軽自動車、ミニバンで主流になっている標準タイプとエアロタイプというケースは除外する。

デザインの好みは千差万別だから、どっちが好きか見比べてみてほしい。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、MITSUBISHI、SUZUKI、DAIHATSU

【画像ギャラリー】どっちにするか悩む!! 複数ある顔をジックリと見比べてみる!! 


トヨタRAV4(2タイプ)

 RAV4は2019年4月に日本デビューを果たし、約3年ぶりに日本で販売されることになった。発売されてから1年以上が経過するが、高い人気をキープしていて、トヨタの販売に大きく貢献。

 現行RAV4は、2Lガソリンと、2.5Lガソリン+モーターのハイブリッドをラインナップし、それぞれにFFと4WDをラインなぷしている。

RAV4のオフロード性能をフルに堪能するならアドベンチャーがオススメ。フロントマスクはほかのグレードよりもワイルドなデザイン

 RAV4はミドルクラスSUVで、オフロード性能の高さをセールスポイントとしていて、それを象徴するモデルとして『アドベンチャー』というグレードを2Lガソリンエンジン搭載の4WDモデルのみに設定している。

 ヘキサゴングリル+バンパーガードという専用パーツにより力強さがみなぎるフロントマスクに仕上げられている。まさにRAV4のスペシャルモデルなのだ。

 RAV4は3タイプの4WDシステムをラインナップしているが、アドベンチャーは当然ながら最強のポテンシャルを持つダイナミックトルクベクタリングAWDとなる。

オプションでバンパーガードも用意されるがアドベンチャーよりもスッキリ顔。グリル下部分の開口部が大きいのでスポーティに見える

 それに対しそれ以外のモデルは、メッシュの台形グリルという、街中での見栄え、シャープさをアピールするフロントマスクが与えられている。

 アドベンチャーで普通の顔、そのほかのグレードでアドベンチャーの顔は選べない。

三菱デリカD:5(2タイプ)

 2019年のビッグマイチェンでダイナミックシールを採用したフロントマスクで登場したデリカD:5。デビュー当初はあまりの悪の強さに賛否両論あったが、時間の経過とともにカッコいいという声が多数を占めるようになっているのが凄い。

 ほかのクルマでは採用例がない縦型のマルチLEDヘッドランプ、シャープなデザインのLEDポジションランプ、大型のフロントグリルによって構成されるフロントマスクの威圧感、存在感は右に出るものがないと思えるほど。

左が標準タイプで右が後から追加されたアーバンギア。どちらも存在感抜群でオフロード性能は同じなので好きなほうを選べばいい

 そのデリカD:5には上級モデルとしてアーバンギアが新設されている。このアーバンギアはメッキタイプの専用グリル、専用デザインのフロントバンパーにより力強さはそのままに、メッキパーツの光沢感によりシャープな印象に仕上げている。

 アーバンギアはノーマルに対し約13万円高。オフロード性能は変わらないので、好きなほうを選べばいい。

アーバンギアのメッキグリルは高質感あり、標準よりも落ち着いた感じもある。標準のグリルがメッシュタイプに対しアーバンギアはスッキリとした横基調

トヨタパッソ(2タイプ)

 パッソはトヨタのベーシックコンパクトで堅調な販売をマークしている。ダイハツブーンのOEM車をトヨタはパッソとして3世代にわたり販売している。

 パッソは先代モデル(2010~2016年)で、ベーシックなモデルに加え、上質感を追求した+Hana(プラスハナ)という2タイプのモデルを設定し、それぞれに違うフロントマスクを与えた。

左がモーダ、右がX。旧型パッソも2タイプの顔が用意されていたが、現行モデルは非常に大きな差別化がされている。質感はモーダが圧倒的に高い

 現行パッソもそのコンセプトを踏襲し、ベーシックなXに対して上級モデルとしてMODA(モーダ)の2タイプを販売中だ。

 モーダは+Hanaの後継的モデルになるが、+Hanaよりもベーシックモデルに対してエクステリアデザインは明確に差別化されている。

 モーダは開口部の大きなサテンメッキのフロントグリルが特徴的で、グリルだけでなくヘッドランプのデザインまで変更されるなどかなり手が込んでいる。ちなみに、インテリアもアクセントカラーなどによりモーダは上質に仕上げられている。

 グレード違いだが、まったく別のクルマの印象となっていて、人気は高級感のあるモーダとなっている。

モーダはシートやダッシュボード、エアコン吹き出し口などにアクセントカラーがあしらわれている。X系よりも人気が高い理由でもある

スズキワゴンR(3タイプ)

初代ワゴンRを彷彿とさせる縦長角型のヘッドランプをを採用するのはFAとFX。けっこう個性的な表情をしている
最上級グレードのFZは上下2分割されたヘッドランプを採用。ボディ外板が顔に回り込むなどデザインに凝っている

 軽自動車が標準とエアロタイプをラインナップするのはダイハツムーヴが先鞭をつけて以来、当たり前になっている。

 そんななか、3タイプの別顔をラインナップするのがワゴンRだ。

 ワゴンR伝統の縦長角型のヘッドランプを採用したFA&FX、かつてのアメ車を彷彿とさせる上下分割タイプのヘッドランプを採用したFZ、そして若い世代や男性をターゲットにしたバッファローの角を思わせるデザインのヘッドランプを採用したスティングレーとどれも個性的でオリジナリティがある。

 スティングレーは別モデルと考えても、同じハイブリッドのモデルに2タイプのフロントマスクを与えるというのは大変意欲的。グレード的にFA、FX、FZの順に高くなるので、FZにスペシャルなフロントマスクを与えたと考えるのが妥当だろう。

 そんな意欲作にもかかわらず、スーパーハイトワゴン旋風によって苦戦を強いられているのが少々残念である。

若者や男性ユーザーをターゲットにしたスティングレーはバッファローの角のようなデザインの縦長のヘッドランプでスポーティ感を演出

ダイハツコペン(4タイプ)

 ダイハツコペンはまずローブがデビューし、その後エクスプレイ、セロと続き、そして2019年にGRスポーツが加わったことで合計4つのフロントマスクが存在する。

 こんな芸当ができるのは、ダイハツが独自に開発した骨格構造のDフレームに脱着構造のDフォーメーションの組み合わせがあるからこそ。

GRスポーツが追加されたことで合計4つの顔をラインナップするコペン。左からセロ、ローブ、GRスポーツ、エクスプレイとなる

 各社の特徴はローブを標準タイプとすると、エクスプレイはそれにブラックアウトされたパーツを組み合わせることで遊び心を演出している。

 セロは初代コペンをモチーフとした丸目ヘッドランプ(リアコンビも丸灯)を採用した少しレトロチックなムードを醸し出している。

 そして最新のGRは大きな開口部のフロントグリルにより迫力が与えられている。

 4つのタイプの顔では、ヘッドランプが唯一違うセロにスペシャル感はあるが、セロとローブでは着せ替えも可能になっている。

DフレームとDフォーメーションを組み合わせることでセロとローブは着せ替えが可能になっているのもコペンの特徴だ

番外編/トヨタハリアー

 今のクルマはLEDヘッドランプが当たり前になっている。ヘッドランプは人間で言えば目に当たるため、形状が同じでも内部構造などが違うとフロントマスクの印象が違う。

 ハロゲンとLEDでは同じヘッドランプ形状でも印象は大きく違う。しかし、LED同士でも違うのだ。

 その典型例が新型ハリアーなのだ。新型ハリアーのグレードは下からS、G、Zと3つあり、GとZにはそれぞれレザーパッケージが設定されている。

 全グレードともLEDヘッドランプが標準装備されるが、Sは3灯式LEDヘッドランプ、それに対しG、Z(レザーパッケージ含む)はプロジェクター式LEDヘッドランプとなり、これによって顔の印象は大きく変わってくる。

 これはレクサス車などにも言えることで、LEDの機能、タイプにより顔が変わるのはいかにも今風といった感じだ。

G系、Z系グレードはプロジェクター式LEDヘッドランプが標準装着される。キリリとした表情を演出している
最廉価グレードのSは唯一3灯式LEDヘッドランプが標準となる。3灯式になることで顔が優しい感じになる!?

【画像ギャラリー】どっちにするか悩む!! 複数ある顔をジックリと見比べてみる!! 

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ