新型エクストレイルはトヨタのSUVを撃破できるのか?

 2020年6月15日、北米で新型ローグ(日本名:エクストレイル)が発表された。

 ローグは、日本でお馴じみのエクストレイルの北米における車名であり、歴代ローグはそのまま日本ではエクストレイルとして販売されている。

 エクストレイルは初代型が2000年に登場して以降、これまで3世代に渡って、日本のミドルクラスSUV界を牽引してきた日産のミドルクラスSUVだ。

 この6月にはエクストレイルのライバル、ハリアーがフルモデルチェンジし、大ヒットしている。

 こんな状況のなか、新型エクストレイルは、日本ではまだ発表されていない。もどかしさを感じている日産ファンは多いのではないだろうか。

 そこで、新型エクストレイルはいったい、いつ販売するのか? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が徹底調査! 現時点でわかっている情報すべてをお伝えしていこう。


文/遠藤徹氏
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 日産

【画像】アルファードを超えるオラオラ顔!? 新型エクストレイルを写真でチェック!


次期エクストレイルのデビューは2021年10月頃

現行エクストレイル。2020年11月上旬に一部改良が実施されるという

 現行エクストレイルは、2020年8月末現在で在庫一掃セールに入っており、グレード、オプションパーツ、ボディカラー選びは次第に限定されるようになっている。

 ということは新型の登場か、と期待させたが、ディーラーに取材するとそうではなかった。

 今回は2020年11月上旬にも一部改良するために、改良前モデルの在庫一掃セールを行っていたというわけだ。

 したがって、これまでの経緯を考えると、次期型にバトンタッチするのは2021年10月頃と判明した。

 今回の一部改良は従来モデルの装備充実と燃費のモード変更となる。

 装備は運転席のパワーシートの標準装備など。燃費モードは従来のJC08からより実用数値に近いWLTCモードに切り替える。合わせてボディカラーの一部廃止など再編を行う。

 装備の充実ぶんで5万~10万円の値上げとなる見込み。

2020年6月に発表されたエクストレイルの北米版ローグ

 すでに北米仕様は「新型ローグ」として、2020年6月から販売開始している。

 日本仕様は従来モデルのままなぜ一部改良にとどめて対応しているのだろうか。

 日本国内では2020年6月24日に新型コンパクトSUVの「キックス」が発売になり、11月にはノートがフルモデルチェンジする。

 これに新型エクストレイルが加われば、戦略ニューモデルの投入が集中し、販売店がスムーズに売り切れないとの判断があるようだ。また資本提携しグループ入りしている三菱自動車との絡みもある。

次期アウトランダーと基本コンポーネントを共用

北米仕様の新型ローグ(日本名:エクストレイル)のボディサイズは全長4646×全幅1839×全高1722mm

 エクストレイルとアウトランダーの次期型はプラットフォーム&基本コンポーネントを共用しながら、ボディパネル、足回りなどを別設計として開発が進められていた。

 ところが両社の経営悪化が表面化し、より進化した開発投資のコスト節減が求められるようになった。

 このためボディパネルを含めた構成部品のさらなる共用化という、若干の路線変更が必要になり、これが次期型の投入先送りの要因のひとつになったとの見方もある。

 現行シリーズでは2LガソリンNA、同1モーター&2クラッチ方式のストロングハイブリッドであるが、次期型では2LガソリンNAは変更なく、同ストロングハイブリッドはモーターアシスト方式のマイルドハイブリッドに切り替わる。

 ストロングハイブリッドは得意のシリーズハイブリッドである1.2Lのe-POWERに引き継ぐ。

 こちらは発電用に使われる1.2Lガソリンエンジンが1.5Lに排気量を拡大するという情報もあるが、現段階ではどちらをチョイスするのか定かではない。

 駆動方式のFF、4WD、CVTとの組み合わせは従来ユニットの改良で対応する。全パワーユニットも同じ組み合わせだから、e-POWERも4WDが設定される。

新型ローグは全モデルに「ニッサン・セーフティ・シールド360」を標準装備した最新の日産車として登場。歩行者検出機能を備えた自動ブレーキ、ブラインドスポット警告、リアクロストラフィックアラート、車線逸脱警告、ハイビームアシストなどを搭載する

 発売されている北米仕様の新型ローグ(日本名:エクストレイル)のボディサイズは全長4646×全幅1839×全高1722mm。

 現行エクストレイルは全長4690×全幅1820×全高1730mm。新型エクストレイル(ローグ)は現行に比べ全長が44mm長く、全幅が19mmワイド、全高が8mm低くなっている。

 2列シート5人乗りのほか3列シート7人乗りも引き続き用意される。

 従来モデルはオフロードでの走破性の良さを強調した、4WD中心の販売構成比であったが、このコンセプトは次期型にも引き継がれる。


■新型ローグ(日本名:エクストレイル)のボディサイズ
●新型ローグ(日本名:エクストレイル):全長4648×全幅1838×全高1720mm
●現行エクストレイル:全長4690×全幅1820×全高1820mm
●新型RAV4:全長4600×全幅1855×全高1685mm

 したがって対抗モデルはトヨタのハリアーというよりRAV4を強く意識した仕立てになっているはずである。

 プラグインハイブリッド(PHEV)は2.4Lエンジンとの組み合わせで、三菱自動車からユニット供給を受けて、エクストレイルに搭載する。

 RAV4PHVとの対抗上、PHEVも設定されるが多少遅れて発売される可能性もある。

 悪路脱出などを含めたよりオフロードでの走破性を向上させた新開発の4WDシステムも導入する。

新型ローグ(エクストレイル)のコクピット

 自動運転支援システムの「プロパイロット」の進化バージョンの標準装備グレードも設定する。

 ナビシステムは最近の流れに沿い、10インチ以上の大型ナビ装備車もラインナップする見込み。

 兄弟車となる三菱自動車のアウトランダーは2021年中盤の登場と次期型エクストレイルより半年程度早くデビューする可能性がある。

 ボディパネル&基本コンポーネントを共用し、内外装のデザイン、味付けで違いを持たせる。

 e-POWERは搭載せず、PHEVをベースにした独自開発の2Lストロングハイブリッドを搭載する。大幅に改良した2.4LのPHEVも同時に設定するものと思われる。

■証言:首都圏日産店営業担当者

 「次期型エクストレイルは当初、年内に発売する方向で開発を進めていましたが、最近になって2021年10月頃の登場だと判明しました。

 日産グループの日産、三菱自動車の経営悪化で兄弟車となる次期エクストレイルと次期アウトランダーのパーツ共用化をさらに進め、開発費の抑制とコストダウンが必至になり、調整していると聞いています。

 当初、両モデルはプラットフォーム&基本コンポーネントを共用しますが、ボディパネル、味付け、パワーユニットに違いを持たせるといった分け方をする予定でした。

 それをボディパネルまで共用化、内外装のデザインを変えて仕立てるように路線変更をすることにしたようです」。

【画像】アルファードを超えるオラオラ顔!? 新型エクストレイルを写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ