ついに新型WRX登場へ!! スバル 来年出る新車 総チェック

 2021年はスバルも新車攻勢へ。主力3モデルにフルモデルチェンジの可能性。

 今年は新型レヴォーグを発売。進化した予防安全システム「アイサイトX」を同車で初採用するなど話題を呼んだが、来年はさらなる飛躍の1年となりそうだ。

 新型レガシィアウトバック、そして新型WRXの登場もいよいよ迫る!? 現時点での最新情報を流通ジャーナリストの遠藤徹氏が解説する。

文:遠藤徹/写真:SUBARU、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】2021年の登場が期待されるスバルの新型車の画像はここでチェック!!


■2021年のスバルは異例の新車攻勢に!?

新型BRZは、すでに北米バージョンがワールドプレミアとして公開されている。国内市場の投入時期は未定だが、情報が入り次第、随時公開していきたい

 2020年12月中旬現在ではまだスバル店筋にはこれらに関するメーカーからの通達はない。しかしながら海外バージョンの発売や現地ワールドプレミアの公開の動きからすると、2021年中に国内投入されるのは濃厚になっている。

 おおよそのスケジュールは初夏、夏、秋といった各シーズン分けで投入されそうである。スバルの商品ラインアップの規模からすると、1年に3車種も新型車を国内投入するのは異例である。

 ただ、販売台数が限られており、技術的なイメージリーダーモデルとしてのアピール度を期待しての戦略の年としての位置づけが読み取れる。

 初夏はBRZ、夏後半はレガシイアウトバック、秋はWRX S4といった順番が妥当といえるだろう。

■新型BRZ/6月登場予定

ワールドプレミアされた新型は、現行のBRZらしさを感じさせつつも、力強くなったフォルムによって存在感を大幅に高めている

 新型BRZは6月あたりの発表・発売が有力である。9年ぶりのフルモデルチェンジとなる。北米のワールドプレミアで北米バージョンが世界初公開された。最近の新型車同様に新開発の「スバルグローバルプラットフォーム」による仕立てとなる。

 エクステリアデザインは、基本的にはキープコンセプトだが、ボディシェルは全体的にふっくらとした力強いクーペスタイルでフロントマスクは狐目的な異形2灯式ヘッドランプと横長のヘキサゴングリルの中に3本の横バーを走らせ、両側はサイドシルスポイラーを配置している。

 ボディサイズは、全長4265mm、全幅1775mm、全高1310mmで従来モデルに比べると全長を25mm延長、全高は10mm引き下げる。ホイールベースは2576mmで6mm延長している。

 10月15日に発売した新型レヴォーグと同様にインナーフレーム構造と構造用接着剤を採用することでねじり剛性を約50%、フロントの曲げ剛性を約60%引き上げている。ボディ素材はルーフ、フード、フロントフェンダーにアルミを採用し、軽量化に配慮している。

 パワートレインは、現行の水平対向4気筒2L・NAから400cc拡大して2.4Lに拡大し、トルクアップを図る。北米仕様の性能は228hp/184lb-ftだから、日本方式表記に換算すると231ps/25.4kgmに相当。エンジンユニットを中央にセッティングしたフロントミッドシップを引き続き採用する。

 2WDのみでトランスミッションは6AT/6MTとの組み合わせは継続される。AT車には安全、安心パッケージのアイサイト最新バージョンを装備する。トヨタにOEM供給される新型86(ハチロク)もほぼ同時に発売される。

編注:新型BRZは、モデルそのものはほぼ完成している一方、強化される燃費規制の影響で日本市場への投入が上記のとおり実現するかは未確定な部分もあるようだ。これに関しては情報が入り次第、追ってお伝えしたい。

■新型レガシィアウトバック/来夏登場予定

北米ではすでに次期型へと切り替わったレガシィ。日本ではSUVとステーションワゴンの良さを両立したアウトバックが次期型に進化する見込み

 次期型レガシイは北米ですでに発売されているが、日本では従来型のアウトバックのみが引き続き販売されている。こちらも2021年1月25日をもって生産打ち切りとなる。

 次期型はアウトバックのみの世代交代でセダンのB4は廃止になる。次世代の「スバルグローバルプラットフォーム」による仕立てで、インナーフレーム構造は当然のことながらこちらにも採用される。

 パワーユニットは従来の水平対向4気筒2.5Lから、レヴォーグ、フォレスター同様に1.8リッターターボの搭載に変更される。アイサイトの最新バージョンも標準装備車を設定する。

■新型WRX S4/11月頃登場予定

レヴォーグのフルモデルチェンジにともない、開発が進められている新型WRX S4(画像はベストカーによる予想CG)

 WRX S4は11月頃のフルモデルチェンジが有力。現行モデルの登場が2014年8月25日であるから、7年ぶりの世代交代となる。

 レヴォーグとプラットフォーム&基本コンポーネントを共用していたので、次期型も同様である。したがってフルインナーフレーム構造を採用し、大幅な剛性アップが図られるはず。

 ステレオカメラとレーダー併用のアイサイトXも流用されるのも間違いない。パワーユニットは現行の2Lターボから、2.4Lボクサー4ターボに格上げされる見込み。フルインナーフレーム構造、足回りの強化、4WDとの組み合わせによって、格段に走りのポテンシャルアップが図られる。

 トランスミッションはCVTの他、操る楽しさを求めるファン向けに6MTも新たに用意される。グレード名はSTIスポーツアイサイトEXになる見込みである。

■インプレッサなど来年の改良モデルは?

新型に切り替わって評価を高めているレヴォーグ。「e-BOVER」ユニット設定車の登場に期待したい

 このほか夏から年末かけてはレヴォーグ、インプレッサスポーツ、XV、インプレッサG4、フォレスターが2022イヤーモデルとしてマイナーチェンジ、一部改良などで走りのポテンシャルアップを中心に手直しが行われる見込みである。

 レヴォーグ、インプレッサシリーズはフォレスター、XV同様に2Lマイルドハイブリッドの「e-BOXERユニット」搭載車を設定する可能性もある。

【証言:首都圏スバル店営業担当者】

 BRZ、レガシイ、WRX S4の次期型に関する商品情報はスバルから正式に提示されたものはまだない。今、わかっているのは現行のレガシイアウトバックが2021年1月25日をもってオーダーストップになるということだけである。

 ただ、新型レガシイが海外で先行して発売になっているのは確かだし、BRZは北米のワールドプレミアで公開されているのも事実であるから、これらが2021年に日本で発売されるのは間違いないと受け止めている。

 WRX S4のフルモデルチェンジもしかりである。ただ、WRX S4は年末近くだから、実際に販売に貢献するのは2022年と受け止めている。

【画像ギャラリー】2021年の登場が期待されるスバルの新型車の画像はここでチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ