ヤリスに首位交代で販売半減!! どうなるアクアの現状と次期型の最新動向


 かつてのベストセラー車がまさかの販売半減? 身内のニューフェイス「躍進」で、現状&今後の展望はどうなる?

 トヨタの人気ハイブリッド車「アクア」の販売が急落している。今月発表された2020年の車種/シリーズ別年間販売台数ランキングでは、5万9548台で14位。前年比57.4%とほぼ半減してしまった。

 いっぽう、同じく小型ハイブリッド車で身内の後発モデル「ヤリス」は、15万1766台でヴィッツ時代含めて初の年間1位に輝いた。

 2013年から2014、2015年と3年連続で年間販売首位に輝いたベストセラーの販売最前線はどうなっているのか? 次期型の行方とともに最新情報をレポートしたい。

文/遠藤徹、写真/トヨタ、編集部

【画像ギャラリー】2013年から3年連続年間販売首位 アクアと2020年販売首位に輝いたヤリスをみる


最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ