新型ランクル300の次は新型ランクルプラド! デビューは2023年夏頃か!?

新型ランクル300の次は新型ランクルプラド! 2023年夏頃か!?

 2021年6月10日に中東トヨタが世界初公開した新型ランドクルーザー300。今年8月上旬にも日本で発表される見通しだが、次に気になるのは新型ランドクルーザープラドの行方。

 現行モデルの登場は2009年9月14日だから、すでに約12年が経過している。はたして新型ランドクルーザープラドはいつ発表されるのか? 搭載エンジンは? グレードは? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が入手している、今わかっている情報すべてお伝えしていこう。

文/遠藤徹
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】2021年6月10日世界初公開! 新型ランクル300の全貌が明らかに!!


■新型ランクル300の次は新型ランクルプラドの情報が気になる!

世界初公開となった新型ランドクルーザー。左からU字型のグリルを持つ最上級グレードのZX、中央がグリルと一体化したデザインのVX、AX、GXグレード、右がGR SPORTグレードとされる
2021年6月1日に一部改良と70周年特別仕様車を発売した現行ランドクルーザープラド

 ランドクルーザー300の弟分となる、ランドクルーザープラドの世代交代は、ランドクルーザー300の登場後、1年後に実施されるのがこれまでのパターン。このパターン通りであれば、ランドクルーザープラドの次期型は2022年8月か9月あたり。

 ところが今回はさらに1年先送りし、2023年8~9月あたりではないか、との情報が流れている。これにはどういう背景があるのだろうか。

 というのは2022年のトヨタのニューモデル展開を販売店筋の情報から予想すると1~3月にノア/ヴォクシー/エスクァイア、中盤にクラウンSUV、そして後半にはアルファード/ヴェルファイアといった大物のフルモデルチェンジラッシュが続く。

 ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジは2022年だと、タイミング的にあまり良くないとの見方がある。こうした流れから見てもランドクルーザープラドの投入時期は2022年よりも2023年8~9月あたりのほうが戦略的にベストなタイミングともいえる状況になっている。

 2021年6月1日、トヨタはランドクルーザープラドの一部改良モデルと、ランドクルーザーの生誕70周年を記念した特別仕様車を発売し、さらに好調な販売推移をみせている。2021年5月の登録実績は2447台で前年同月比138.3%増、1~5月累計だと1万6194台、84.8%増、月平均3239台である。

 この販売台数はクラウンをはるかに上回っているほどの人気ぶりである。従来はトヨタ店の専売だったが、2020年5月から全トヨタ系列店で扱うようになり、販売力の強化も手伝っている。

 なかでもクリーンディーゼル車はシリーズ全体の80%を占める人気モデルとなっている。これだけの人気モデルであるから、当分はフルモデルチェンジの必要がないといった見方もできる。

■新型ランクルプラドのデザインはどうなる?

現行ランドクルーザープラド。2020年8月の一部改良ではディーゼルエンジンの出力アップとトヨタセーフティセンスの機能が向上
新型ランドクルーザープラドの予想CG(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)。外観のデザインは基本的にキープコンセプト。ボディサイズは全長4825×全幅1885×全高1835mmほどと予想される

 次期型ランドクルーザープラドはどのようなスタイルで登場するのだろうか。外観のデザインは兄貴ぶんのランドクルーザー300の変貌ぶりが参考になる。

 おそらく新型ランドクルーザーのように、キープコンセプトながら、これまでの路線とは違うデザインの新型フロントマスクとなり、GR SPORTSも設定されるのは間違いない。

 ボディサイズも従来モデルとほとんど差がないはずである。新型ランドクルーザープラドのサイズは全長4825mm×全幅1885mm×全高1835mmになる見込み。ホイールベースは50mm程度延長することで、走行性の向上や室内の居住空間の拡大を図る。

 基本的にキープコンセプトで登場することになるが、モノコック化はせずに頑強なラダーフレーム構造を踏襲する。サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーンを採用し、リアにはコイルスプリング式トレーリングリンクタイプのリジッドアクスルを踏襲。2列シート5人乗りと3列シート7人乗りの両仕様の設定も引き継ぐ。

 パワーユニットは2.8リッタークリーンディーゼルターボと2.7リッターガソリンNAを搭載する。ターボはツイン方式で低燃費&高性能の両立をさらに進化させると思われる。

 トランスミッションは6ATか8ATとの組み合わせとなる。近い将来の電動化対応では2.5リッターハイブリッドユニットの開発を進めており、早ければ2024年頃に追加設定し、以降はこちらのほうが販売の中心になることを想定したラインナップとなりそうだ。

 安全&安心、オフロード走行、利便性向上装備では安全&安心パッケージの「トヨタセーフティセンス」を最新の進化デバイスを標準装備する。

 ディスプレイオーディオをナビ画面は現行の9インチからハリアー並みの12.3インチの大型サイズに拡大する。

 グレード構成は2.7リッターガソリンがTX、2.8リッターディーゼルターボがTX、TX-Gに加えてスポーツバージョンのGR SPORTも設定する方向で開発を進めている。これによって月販目標は4000台規模を目指すことになりそうだ。

次ページは : ■証言:首都圏トヨタ店営業担当者