ホンダ「新車サブスク」も開始!!  サブスクはローンよりもお得なのか?


 ホンダが月ごとの定額で新車を利用できるサブスクリプションサービス「楽らくまるごとプラン(略称・楽まる)」の取り扱いを、5月25日から始めた。ホンダはこれまで中古車のサブスクは導入していたが、新たに新車のサブスクをスタートさせたカタチだ。

 最新、自動車メーカーは続々とサブスクを導入してきているが、この新車サブスクは、同じように分割で支払うローンで新車を買うよりもお得なサービスなのか? カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/HONDA、TOYOTA、

【画像ギャラリー】クルマのサブスクリプション、KINTOや楽まるプランは得か?損か?


■新車のサブスクは残価設定ローンに似ている

 最近は各メーカーともに、サブスク(サブスクリプション)に力を入れる。定額制でクルマを利用できるサービスだ。車両価格、税金、メンテナンス費用、自賠責保険料などが使用料金に含まれる。

 実質的にはカーリースだ。クルマの売れゆきが下がり、新たな需要を掘り起こす対策として見直されている。特に今の若年層は、携帯電話を使いながら育った。そのため「商品を購入して長く所有する」のではなく、「定額制で毎月料金を支払いながら利用する」感覚が強い。サブスクも同様だ。

 クルマのサブスクは、トヨタの「KINTO」が大体的に宣伝して知名度を高めたが、ホンダも2021年5月から「楽らくまるごとプラン」を開始した。以前から中古車の「ホンダマンスリーオーナー」を実施していたが、楽らくまるごとプランで新車にも進出している。

トヨタの「KINTO」に続き、ホンダも「楽らくまるごとプラン」を今年5月からスタートし、サブスク市場へ参入。両社のプランを比較すると、その考え方から違いが見えてくる

 またサブスクは、各自動車メーカーが実施する「残価設定ローン」に似ている。残価設定ローンも、3~5年後の残価(残存価値)を除いた金額を分割返済するものだ。返済期間を終えても車両は自分の所有にならないが、残価以外の金額を支払うから、月々の返済額を安く抑えられる。

 そして返済期間満了時に車両を返却すると、ユーザーの利用形態は実質的にサブスクとほぼ同じだ。一定期間にわたり、料金を支払いながら車両を使ったことになる。残価設定ローンには、税金や自賠責保険料は含まれないが、サブスクには含まれるという違いだ。

■全年齢補償の任意保険付帯タイプのサブスクは、若年層にお得感が高い

 選ぶ時に気になるのは、サブスクと残価設定ローンで「どちらがトクか?」だろう。結論をいえば、ユーザーによって損得勘定が変わる。

 まずサブスクがトクするのは、家族限定特約などが付かない全年齢補償の任意保険(車両保険を含む)が標準付帯されているタイプだ。このメリットを活用できるユーザーが加入すると、残価設定ローンよりもサブスクが安くなる。

 具体例を挙げると、契約者に運転免許を持った未成年の子供がいて、契約者の同意を得たうえで、子供が友人と一緒にドライブに出かける機会もあるとしよう。この時には運転を友人に交代することも考えられる。

 この用途のために、子供の未成年の友人が交通事故の加害者になった時まで保険金が支払われる任意保険に加入すると、保険料がきわめて高くなってしまう。トヨタヤリスクロス2WD・1.5Gの場合、前述のコースで車両保険まで含めると、1年間の任意保険料は約20万円に達する。3年間なら60万円だ。

 そしてヤリスクロス2WD・1.5Gを3年間の残価設定ローンで利用すると、3年分のローン返済額が128万5943円、税金+自賠責保険料+そのほかの各種諸費用が約18万円になる。これに3年間の任意保険料/60万円を加えると、残価設定ローンで3年間にわたって支払う総額は約207万円だ。

トヨタの「KINTO」は任意保険料やメンテナンス、税金までコミコミにして完全月々均等払いを実現している。ただし最終月に必ずクルマは返却となる

 一方、ヤリスクロス2WD・1.5Gを3年間にわたってKINTOで利用した場合は、月々の支払い額は4万4550円だから、3年間(36カ月)であれば160万3800円になる。KINTOが約47万円安い。

 任意保険を頻繁に使って等級が下がり、任意保険料の高騰したユーザーも同様だ。KINTOでは車両に付帯された任意保険を使うから、ユーザーの等級は使用料金に影響を与えない。高額な任意保険料を支払う必要がないから、損失も抑えられる。

 逆に長期間にわたって任意保険を使わずに等級が高まり、なおかつ家族限定特約などを設けているユーザーは、任意保険料も大幅に安い。残価設定ローンの方がKINTOよりも出費を少なく抑えられる。現金購入であればさらに安くなる。

何とKINTOはサブスク専用の特別仕様車を投入してきた。操安性の向上に繋がるような専用装備を追加。エントリーユーザーへ運転の楽しさを体験してもらおうというコンセプトか?

 つまりKINTIOのような全年齢補償で限定特約を設定しない任意保険を付帯したサブスクでは、ユーザーの任意保険の加入方法により、損得勘定に差が生じる。未成年などのユーザーが運転する場合は、サブスクが明らかに有利だ。

次ページは : ■ホンダのサブスクは、残価設定ローンに近いシステムだが、違いは何か?