クラウンSUVも出てたはず!!? 東京モーターショーに出るはずだったクルマたち トヨタ・レクサス・ダイハツ編

クラウンSUVも出てた!!? TMS2021に出展するはずだったクルマたち トヨタ・レクサス・ダイハツ編

 2021年4月、今年秋に予定されていた東京モーターショー(TMS)の中止が決定された。残念・無念の極みだが、落ち込んでばかりもいられない、

 スクープ班が総力を挙げて掴んできた、TMS2021に出展を計画していた各メーカーの「市販確定車」たちの最新情報を徹底的に掘り下げる!

※本稿は2021年6月のものに適宜修正を加えています
文/ベストカー編集部 写真/TOYOTA、LEXUS、DAIHATSU 予想CG/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2021年7月26日号

【画像ギャラリー】本稿で紹介しきれなかったモデルたちも紹介! TMS2021に出てくるはずだったモデルたちをギャラリーでチェック!


■トヨタ…クラウンSUVをはじめ意欲的提案車を投入!

 次々と積極的にニューモデルを投入するトヨタ。

 先日にはアクアのフルモデルチェンジが発表されたし、タイなどですでに市販をしているカローラクロスの国内投入は8月の計画。6月10日に公開されたランクル300も8月に国内で市販の予定だ。

 当然、今秋の東京モーターショーは今後に向けた新たなモビリティの提案とともに、来年~再来年に市販を計画する新型車のワールドプレミアを予定していた。

 その最大のトピックスとなるのがクラウンSUVだ。

 突如新聞報道で「次期型クラウンはSUVになる」との情報が出た感があるが、すでに何度もお伝えしているように、ベストカースクープ班はハリアーの上位に位置するクラウンクラスのラージSUVの存在を掴んでいた。

 ただ、これはカムリなどのFF用GA-Kプラットフォームをベースにしているため、クラウンの名称を与えるかの確証が得られなかったのだ。

 最新の情報では、今後のセダン系クラウンはGA-KプラットフォームをベースとしたFFになり、さらにSUV版「クラウンクロス」を販売の主流に据えていくというのがトヨタの狙い。

クラウンSUV…さまざまな論議を呼んだクラウンSUVだが、FFプラットフォーム化されるクラウンクラスのラージサルーンのバリエーションとして、クラウンの名を冠したプレミアムSUVを新たに投入する、と言うのがその真相(画像はベストカー編集部による予想CG)

 そのためのデザインスタディを今年の東京モーターショーに出展して、世間の反応を見ようとしていたのだ。

 クラウンクロスのデビューは来年、2022年6月を予定している。

 来年はこのほかにも3月にノアのフルモデルチェンジ、さらに10~12月にアルファードのフルモデルチェンジが計画されている。

 新型アルファードはGA-Kプラットフォームをベースとしており、クラウンクロスとパワートレーンを共用して、同時並行的に開発が進められているのだ。

 このほかにも、今年5月の上海ショーでワールドプレミアされた新開発EVプラットフォーム「bZ」シリーズの今後市販を計画するサルーンやスポーツモデルなどもTMS2021でワールドプレミアが計画されていたはず。

 カローラスポーツGRは、水素エンジンの技術プレゼンテーションモデルとなる。

●カローラスポーツGR 水素エンジン搭載車(2022年9月発売開始予定)

 GRヤリスのパワーユニットをカローラスポーツに移植したモデルが来年登場するが、トヨタは意欲的に進めている水素燃焼エンジンの技術プレゼンテーションとしてこのモデルをアピールする計画だ。

カローラスポーツGR 水素エンジン搭載車(2022年9月発売開始予定)

●bZシリーズEVラインナップも強化

 上海ショーで来年中の市販が明言された新開発EV専用プラットフォームの「bZ」はSUVだが、さらにサルーンやスポーツモデルなどのバリエーションも計画される。2023年以降、順次モデルラインナップを増やしていく。

「bZ」シリーズの予想CG
「bZ」シリーズの予想CG

■レクサス…新開発EVを2025年までに投入/カーボンニュートラルに向けた電動化を提案

 レクサスのトピックスは去る6月12日にワールドプレミアした新型NXだが、さらに意欲的なニューモデルを来年以降投入する計画だ。

 そのひとつがラージSUVのRXだ。

 現行型RXは2015年の登場で、2022年10月頃新型が登場する計画。

 そう、トヨタブランドで『クラウンクロス』として新開発されるSUVのレクサス版が、来年秋に登場する新型RXの正体だ。

 レクサスは2025年には全車種に電動車を設定し、10モデル以上のEV、PHEV、ハイブリッドモデルなどのニューモデルを投入するとしている。

 当然、新型RXはハイブリッドやPHEVはもちろんだが、EVの設定も念頭に置いた開発が進められることとなる。

 一方、トヨタが「bZ」シリーズとして新規プラットフォームをスバルと共同開発したEV。

 レクサスモデルへの展開も計画されている。これがどのようなモデルになるのかは現在スクープ班が鋭意調査中だが、トヨタブランドとは一線を画すプレミアムブランドとして、EVスポーツモデルを開発しているとの情報もあり、興味深い。

 TMS2021では、このEVスポーツのデザインスタディを出展する計画があったのではないか?

2025年までに全モデルでの電動化を完了し、EVラインアップを強化するレクサス。bZプラットフォームを活用したEV専用モデルも登場する

次ページは : ■ダイハツ…電動化へ向けた軽自動車の提案