WRX STI レクサスIS F… アルファードだけじゃないぞ! 2022年秋冬の超注目モデルたち

WRX STI レクサスIS F ホンダ&ダイハツの完全新規ミニバン… アルファードだけじゃないぞ! 2022年秋冬の超注目モデルたち

 1月11日公開の記事「ノア&ヴォクシーが来る! エクストレイルが来る!! フェアレディZが来る!!! 2022年上半期登場の新型車たち」、18日公開の記事「ノア&ヴォクシーが来る! エクストレイルが来る!! フェアレディZが来る!!! 2022年上半期登場の新型車たち」に続き、今回は2022年秋冬に登場が見込まれるニューモデルたちをお届け。

 2022年はミニバン新抗争勃発の年とも名付けたくなるくらい新型の登場予定が目白押しだが、「オレが本命!」と言わんばかり、冬にはアルファードの登場が控えている。

 だがそれだけではない。ダイハツ・ホンダからは完全新規となるミニバンの情報が入ってきているし、スポーツモデルに目をむければWRX STI、インテグラ、レクサスIS F。SUVもXV、レクサスRZ&RXと、アルファードに引けをとらないくらい話題になりそうなモデルがひしめいている!

●ノア&ヴォクシーが来る! エクストレイルが来る!! フェアレディZが来る!!! 2022年上半期登場の新型車たち
●マツダ6 スイフト シエンタ フリード セレナ…次代の重要モデル続々登場! 2022年夏秋の大注目モデル 7選

※本稿は2021年12月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年1月26日号

【画像ギャラリー】本文で掲載しきれなかった画像も多数! 2022年秋冬期待のニューモデルたちをギャラリーでチェック!!!(17枚)画像ギャラリー

■RZ インテグラ WRX STI…ニューモデル豊穣の秋がくる!

●レクサス RZ…レクサス新機軸の新次元BEV、誕生!

 2021年12月14日トヨタが衝撃発表した「2030年までにBEVの販売台数350万台(うちレクサス100万台)を目指す!」。モデル数としては30車種を投入すると明言し、2022年以降、トヨタの物凄いBEV攻勢が始まるわけだ。

 発表の場でお披露目されたレクサス4モデルのなかで、ひと際強いオーラを放っていたのが「レクサスRZ」だ。

 レクサスRXクラスのサイズ感のSUVで、10月、レクサス新機軸のBEVモデルとして誕生する!

 すでにレクサス側が公表しているように、長年にわたりハイブリッドで培ってきたモーター、インバーター、バッテリーなどの電動化技術を活かし、レクサスならではの新しい価値観を約束するモデルとなる。

 新たな4輪駆動制御技術「ダイレクト4」による高精度な駆動力コントロールなどにより、新次元のドライバビリティを生み出すことは確実。

 開発も最終段階に入っており、豊田章男社長も試乗。別世界の加速フィールと4輪の接地感に感動を覚えているという。

 下山テストコースで鍛え上げられたRZの走りには期待しかない。

2021年12月14日にお披露目されたRZ。新たな方向のグリルデザインとなっている。

●ホンダ インテグラ…魅力的な武装で日本でも復活!

 2021年11月、ホンダはアキュラブランドの新型「インテグラ」を世界初公開した。15年ぶりの復活となり、北米を中心にグローバルで販売される。

 そして、ここにきてホンダの日本国内ラインナップにスポーツモデルが希薄という現状を踏まえ、日本に導入されることが有力視されている、という。

 写真を見てもおわかりのように、新型インテグラは傾斜の強いクーペ風のルーフラインが大きな特徴の、5ドアハッチバックモデルだ。プレミアムスポーツコンパクトとして展開、販売される。

 パワーユニットは1.5L、直4VTECターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速MTの設定があることも公表されている。

 写真のプロトタイプのスタイルから醸し出される雰囲気と、19インチホイール&ブレンボ製ブレーキから、アグレッシブな走りを堪能できるのは間違いない。そう断言できるスポーティモデルだ。

ホンダ インテグラ。ワイド&ローで“攻めのスタイル”に

●スバル WRX STI…スバル渾身の純内燃機関スポーツ

 WRX STIと言えば、長年スバルのスポーツカーの代名詞として語られ世界中に多くのファンを抱える注目モデルの一つだ。

 先代のVA型の販売が終了して以降、STIモデルの発売は途絶えているが、2021年に新型WRX S4(VB型)が登場していることからも察しがつくとおり、新型WRX STIの研究・開発が現在進行中だ。

 新型STIの開発目標には「打倒メルセデス・ベンツA45S AMG」。トータルの性能もそれに勝ることが前提とされているようだ。

 エンジンはEJではなくFA型2.4L水平対向4気筒直噴ターボを搭載。400ps、50kgmという怪力を誰でも操れるよう、ターボラグを極力排した設計とセッティングを施している。駆動はもちろんシンメトリカルAWDを採用する。

 スバルのフィロソフィーが際立つスポーツカーとして登場が待たれるモデルだ。デビューは2022年10月が有力だ。

一部ではWRX STI開発中止説が流れているが、カタログモデルから落ちてもSシリーズといったSTI限定モデルで登場する可能性は高い

●ダイハツ 新型コンパクトミニバン…DNGAプラットフォーム採用のコンパクトミニバン

 ロッキーe-SMARTの登場など話題に事欠かないダイハツから、注目のニューモデルが矢継ぎ早に登場する予定だ。

 2022年10月、長らく日本国内でラインナップになかったコンパクトミニバンが復活すると見られる。

 すでに海外では3列シート搭載ミニバンが複数発売されるなか、この新型はそれとは関連しないモデルだ。

 取り扱いやすい車体サイズで、家族が快適に過ごせる広々空間、燃費とキビキビとした走りを両立するパワートレーン搭載予定とされ、期待が高まるモデルだ!

ダイハツの新型コンパクトミニバン。スライドドアを装備し乗降性も抜群。これをベースとしたSUV仕様も展開予定だという(画像はベストカー編集部による予想CG)

次ページは : ■IS FにXV… 冬直前に登場予定のニューモデルは超激アツ!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ