シエンタ アルファードだけじゃない!!! これから出る新型ミニバン9台 スクープ総まとめ

シエンタ アルファードだけじゃない!!! これから出る新型ミニバン9台 スクープ総まとめ

 今年(2022年)のミニバン界では1月にノア/ヴォクシーの新型が登場して話題を独占。5月にはステップワゴンも登場、アルファード セレナもモデル末期とは思えないほど爆売れ。そう、日本人はミニバンが大好きなのだ。

 この先もそんなミニバン好きの琴線にビシビシふれまくるミニバンは多数用意されている。進化型、超大物、リベンジ組、復活組…などなど、これまでのスクープ情報、今わかっている総まとめでお伝え!

●総勢9台!!! ワクワクの!? ラインナップをチェック!
・トヨタ 次期シエンタ(2022年夏デビュー予定)
・トヨタ 次期アルファード(2023年春デビュー予定)
・日産 次期セレナ(2023年春デビュー予定)
・ダイハツ 新型小型ミニバン(2023年夏デビュー予定)
・ホンダ 次期フリード(2023年秋デビュー予定)
・ホンダ 新型オデッセイ後継ミニバン(2023年秋デビュー予定)
・トヨタ 新型 大型ミニバン(2023年秋デビュー予定)
・日産 次期エルグランド(2023年冬デビュー予定)
・トヨタ 次期エスティマ(2024年秋デビュー予定)


※本稿は2022年7月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年8月10日号

【画像ギャラリー】エスティマが出るまで待つ…(24年秋予定)?? これから出るミニバン新型11台をギャラリーでチェック!(21枚)画像ギャラリー

■トヨタ 次期シエンタ(2022年夏デビュー予定)

●ロングホイールベース化でネガ潰し! EV走行も激増!?

 トヨタのドル箱コンパクト3列ミニバンのシエンタの新型モデルは、若干遅れたものの実用性を大きく進化させて今夏デビュー。

 シエンタの最大の課題、3列目シートの居住性を改善するために、ヤリス系で採用しているGA-Bプラットフォームながら、その上のクラスに匹敵する2770~2780mmにホイールベースを延長。これにより全長も延びるが、5ナンバーサイズは踏襲し、シートは2列と3列を設定。

 パワーユニットはガソリン&ハイブリッドで、アクアと同じハイブリッドシステムを採用する。バイポーラニッケル水素バッテリーの恩恵でEV走行が増加し、燃費の大幅向上も実現する。

トヨタ 次期シエンタ。キープコンセプトだがLEDヘッドランプなどにより質感が大幅アップ(画像はベストカーによる予想CG)

■トヨタ 次期アルファード(2023年春デビュー予定)

●王者は慌てず! 保守に徹して地盤固め!

 6月26日をもって現行アルファードが販売終了。寝耳に水だった人も多いはず。大量のバックオーダーを抱え、次期型の登場が有力視される4月にまで納車がずれ込んだのが販売終了の理由だ。

 次期型アルファードは、エクステリアデザインはキープコンセプトで、押し出しの強さとともに質感を高めることに主眼が置かれている。

 RAV4、ハリアーなどと同じTNGAのFF車用GA-Kプラットフォームを採用し、走りにも磨きをかける。

 注目のパワーユニットは、V6、3.5Lが廃止となり、それに代わるパワー系ユニットとして直4、2.4Lターボが搭載される。

 そしてトヨタが販売のメインとして据えるのが直4、2.5L+モーターのハイブリッドだ。現行ではハイブリッドは4WDのE-FourのみだがFFを設定することにより、ハイブリッド比率を高めることを目論んでいる。

 装備面では、トヨタチームメイトの採用により運転支援装置を充実させるのがポイントだ。価格は400万~600万円と予想。

エクステリアはキープコンセプト。ご自慢のオラオラ顔は健在ながら、クロームパーツの増加などにより高質感が強調される

次ページは : ■日産 次期セレナ(2023年春デビュー予定)

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ