マツダCX-30、新型タントなど驚きの新情報続々入荷!!


今年最大の注目新車の一台である新型タントの情報が入ってきました。なんと軽自動車初のフルハイブリッド車が投入される可能性があるとのこと。

また今年中に日本市場へ投入される見込みのマツダ新型SUV「CX-30」についても続報が入ってきております。

毎日、新車ディーラーを回って「生」の新型車情報を届けてくれる遠藤徹氏の、今回も渾身のレポートをお届けします!

文:遠藤徹


■今年秋~冬投入の次期タントにフルハイブリッド設定?

ダイハツは今秋11月頃に投入すると言われている次期型タントに、本格的なフルハイブリッド車を設定する……という情報が入ってきました。

次期タントの予想CG。スーパーハイトワゴンの元祖ともいえるモデルだけに、ライバルであるN-BOXやスペーシアを性能的にも販売的にも上回る使命がある

オルタネーターをアシストモーターとしても使うマイルドハイブリッドはすでにスズキが実用化していて、ワゴンRやスペーシアに実装されています。

また、同様の方式は3月28日にフルモデルチェンジする日産の新型デイズと三菱の新型eKワゴンに搭載される予定。

これに対して次期型タントでは、一歩先んじたEV走行可能なフルハイブリッドで対応するようです。

このハイブリッドユニットは「車重がかさむ車種のほうが省燃費の効果が出やすい」といった傾向があり、まず軽自動車でも車重が重くなるスーパーハイトワゴンのタントに最初に搭載するということです。

その後は次期ムーヴ、時期ウェイクなどにも順次展開しますが、軽量なミライースには採用されないと思われます。

こちらは現行型タント。2013年10月デビュー。一時期は販売台数トップに君臨したが、さすがに古くなってきた

タントはダイハツの軽自動車ラインアップのなかでもフラッグシップに位置するモデルであり、スーパーハイトワゴンの先駆け的な存在です。そのタントが近年はホンダN-BOXの攻勢を受け、販売台数順位としてはやや劣勢に立たされている現状があります。

現行N-BOXのデビューは2017年9月(2018年累計販売台数1位)、スズキの同カテゴリー車であるスペーシアは同2017年12月(同じく2018年の累計販売台数2位)。後出しとなる次期型タントは、フルモデルチェンジするからには先行する2車に後れを取るわけにはいきません。その秘密兵器として、フルハイブリッド化を考えているようです。

ポイントは価格ですが、現行型でもタントのトップグレードは車両本体価格で170万円を超えており、ハイブリッド化となるとさらにここから上乗せされる見込みです。とはいえライバルのN-BOXは190万円超えのグレードも存在しており、ここに合わせてくる可能性も高いといえるでしょう。

この情報については、新規情報が入り次第逐次お知らせします。

■新型SUV「CX-30」はMAZDA3と同じSKYACTIV-Xを搭載

マツダは今秋~冬に新型ミディアムSUV「CX-30」を発売しますが、同モデルには次世代環境技術を採用したSKYACTIV-Xエンジンを搭載する方針です。

2019年3月にジュネーブショーにて発表された、新型SUV「CX-30」。プラットフォームはMAZDA3と共通で、2019年内の日本発売が見込まれる

同じ頃、新型MAZDA3(アクセラ後継車)にも同エンジンを搭載して発売するので(MAZDA3は発表こそ今年5月だが、発売は1.5Lガソリンが5月、2Lガソリンと1.8Lディーゼルが7月、SKYACTIV-Xが10月を予定している)、両モデルは非常に近い時期での発売になる可能性があります。

SKYACTIV-Xの技術を採用した2Lの4気筒直噴エンジンは、世界で初めて圧縮着火を実現するガソリンエンジンです。ハイブリッド並みの実用燃費を発揮するのがウリとなります。

ただし、現行型のガソリン2Lモデルに比べて20万円以上高い価格設定になると思われます。

次ページは : ■東京地区のトヨタ販売店は4月から4系列店を統合

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ