新型マツダ6はほんとに出るのか? クラウンセダンとの協業は? 走りが最高のFR+直6のスポーティセダンになる!

■セダンの理想はFR+直6エンジンに変わりはない

発表されたラージアーキテクチャー
発表されたラージアーキテクチャー

 とはいえ、理想のラグジュアリーセダンのレイアウトはFRということに変わりはなく、直6エンジンにしても、騒がしい直4エンジンよりも、スムーズで静粛性に優れているため、愛好家が多い。シルキーシックスと評されるBMWの直6エンジンは有名だが、メルセデスベンツも約20年ぶりにV6から直6に置き換えるほど、振動が少ない上質なエンジンとして知られている。

 ではSUVに採用されているラージアーキテクチャーは、セダンのマツダ6にも使えるかだが、その答えはもちろんイエス。モジュールを可変することで対応できるからだ。

 しかし、縦にも横にもサイズが変えられるEV専用スケーラブルアーキテクチャーをベースに開発される可能性もあり、とマツダ関係者から聞いている。

 いずれにしてもマツダ6の駆動方式はFRと、FRベースの4WDになるのは確実なところだろう。

 マツダ6のパワートレインは2.5L、直4、2.5LガソリンとそのPHEV、直6、3.3Lディーゼルターボとそのマイルドハイブリッド、それに加えて日本には設定のない3.3L、直6ガソリンNAとターボが設定される可能性がある。

 さて、マツダ6の気になる発表時期は2025年以降。マツダが開発するだけに、しなやなか足回りと上質な乗り心地、そして心地いいスムーズなエンジンフィールの直6がウリとなるような理想のミドルセダンを仕立ててくるだろう。期待して待ちたい!

はたしてどんなスポーティセダンになるのか、楽しみだ(予想CGイラストはベストカーが制作したもの)
はたしてどんなスポーティセダンになるのか、楽しみだ(予想CGイラストはベストカーが制作したもの)
【画像ギャラリー】マツダ6はデザインがカッコいいFR+直6! その姿を写真でチェック!(5枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!