【スポーツモデル復興のカギを握る3台】新型86&BRZ、マツダ直6FRクーペ、GRMNスープラの行方

 スポーツモデルが数多く売れる時代ではない昨今に、注目のスポーツモデルが3台デビューする。

 その3台とは、トヨタとスバルのコラボモデルである86&BRZの新型モデル、マツダが満を持して投入する直6のFRクーペ、さらにスープラのハイパワー版たるGRMNスープラである。

 さて、この3台の中身はどうなっているのか? いつデビューするのか? 独自入手したスクープ情報をお届けしよう!

文/ベストカー編集部
CGイラスト/ベストカー編集部
初出/ベストカー2019年9月10日号


新型トヨタ86/スバルBRZ

■2021年前半デビュー

予想されるボディサイズは全長4250×全幅1780×全高1315mmとほぼ現行同様。トランスミッションも現行同様、6速MTと6速ATが用意される。エンジン変更による出力向上が新型の目玉だ

 現行型同様、スバルとの協業で生み出される新型86&BRZは、ボディサイズやキャラクターなどは大きく変わらず、いわゆるキープコンセプト路線でのモデルチェンジとなる。

 とはいえ、現在、スバルの上級プロジェクトゼネラルマネージャーの阿部一博氏がトヨタとの協業のもと、開発を行っているが、新型プラットフォーム採用により、大幅に進化してくるだろう。

 搭載エンジンは現行の水平対向2LのFA20型から、2.4LのFA24型へと変更される。このエンジンはボア94.0mm×ストローク86.0mmのビッグボア×ショートストロークタイプで、出力も220ps/24.5kgmへと向上する。

 もともとエンジンパワーに頼るタイプのモデルではないが、適度なパワーアップは誰からも歓迎されるはず。新型も期待してよさそうだ。

 2019年10月の 東京モーターショーに出展された後、2021年前半にデビューする予定だ。

マツダ 直6FRクーペ

■2022年デビュー

前回の東京モーターショーに出展された「VISION COUPE」の市販版といえるラージクラス4ドアクーペで、4.8m近い全長に1.9m近い全幅の堂々としたボディサイズになると予想される

 ブランド戦略を進めるメーカーには、そのメーカーを代表するフラッグシップモデルが必要となる。現在、全力でブランド価値向上に邁進するマツダにとっての、フラッグシップモデルが、この直6を搭載するFRクーペだ。

 評価の高いマツダのデザイン力を結集したかのような流麗な4ドアクーペボディの心臓部に収まるのは、3L、直6ガソリンエンジン。

 点火制御にはマツダが独自に開発した、点火プラグも併用する圧縮着火方式「SPCCI」を採用し、マイルドハイブリッドシステムの「M  Hybrid」が組み合わされる、いわゆるSKTACTIV-Xエンジンだ。

 出力などに関する発表は一切発表されていないが、このクラスで存在感を発揮するためには、やはり350ps級のパワーを目標に開発が進められているとみて間違いない。

 かように魅力的なマツダの新型直6、FRクーペ。2019年10月の東京モーターショーで公開された後、デビューは2022年と少し先だが、気になるのは価格。

 マツダは常々「BMW、アウディの品質のクルマをフォルクスワーゲンの価格で」といっているので、そこから予想するに、500万〜600万円というあたりが予想される。

マツダは同じプラットフォームを使った2ドアモデルの開発も進めているという情報もある。こちらも期待大だ!

トヨタ スープラGRMN

■2021年後半デビュー

GRモデルの特徴である直線基調でデザインされたフロントバンパーが迫力。トランスミッションにまで手が入ると、さらにスポーティな走りが実現するだろう

 ハイパワースポーツが好きというアナタには、スープラのGRMNモデルをお薦めしたい。現在、最上級グレードのRZは340ps/51.0kgmを発生するBMW製3L、直6ターボを搭載するが、このエンジンが、同じくBMW製の374psエンジンに変更されて搭載されるという。

 さらにGRMNによるチューニングも行われ、最終的に400ps近い出力となるというから、期待しないわけにはいかない。

 もちろん軽量化、ボディ補強も手抜かりなく行われるわけで、スープラGRMNは公道からサーキットまで、すべての道で速さを発揮する、驚異のマシンとなるだろう。

 このGRMNスープラは2019年10月の東京モーターショーで公開後、2021年後半にデビューする予定。

写真はRZが搭載するB58型3L、直6ターボ。充分な出力だが、GRMNモデルは374psを発生する、より強力なエンジンをベースにする

グッドウッドで試作車を披露されたレクサスLCコンバーチブル

■2020年春デビュー

LCコンバーチブル プロトタイプ。今回は後席が目立たないようになっていたが、市販時はLC500同様、2+2の4人乗りになるだろう

 最後に2020年春にデビュー予定のレクサスのフラッグシップクーペ、LCコンバーチブルも加えておこう。

 このLSコンバーチブルの市販化がついに発表され、2019年7月に開催された「グッドウッド フェスティバル オブ スピード」で試作車が世界初披露された。

 カモフラージュが施されているものの。スタイリッシュな外観は写真でもわかるとおりで、かなり魅力的なモデルとなりそうだ。

 搭載されるパワーユニットに関しての発表はなかったが、3.5L、V6ベースのハイブリッドのみとなる予想だ。

 日本への登場は2020年春、車名はレクサスLC Cとなる可能性が高い。現行型のLC500の価格は1302万2000円。同じV8エンジンを搭載する場合、コンバーチブル仕様の価格は1350万~1400万円程度となるだろう。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ