こんにちは こんにちは 世界の国から~誰も見たことのないゴミ収集車が大集合!!

こんにちは こんにちは 世界の国から~誰も見たことのないゴミ収集車が大集合!!

 洋の東西を問わず子供たちに人気のある特装車といえば、ゴミ収集車というのが通り相場。ゴミ収集車はパッカー車などとも呼ばれますが、正式名称は塵芥収集車といいます。

 ここではゴミ収集車に統一しますが、ゴミ収集車の機能や運用方法は国によってずいぶん違います。

 ゴミ収集車の構造は、ゴミの圧縮・排出方法などによって、圧縮板式、回転板式、ロータリー式、さらにコンパクタ(圧縮装置)を持たないダンプ式などに大別できます。

 欧米式とも言えるウェイストコンテナ(ゴミ箱)ごと収集できるローダー装置を備えたゴミ収集車も経済的に発展した国々では普及し始めています。

 でも、ここでは欧米以外の国々の、日本ではめったに見られない珍しいゴミ収集車をド~ンとご紹介しましょう。

文/緒方吾郎 写真/各国メーカー

*2016年9月発売「フルロード」第21号より

【画像ギャラリー】中国・インド・ロシア・ブラジルなどなど……いろいろな国のゴミ収集車を大特集!(26枚)画像ギャラリー

■圧縮式を主流に電動化も進める中国

 著しい経済発展を遂げた中国のゴミ収集車の主流は圧縮式。だが、最近はサイドローダーや、小型車による収集+大型車で集積・運搬という、欧米スタイルも提案されている。

航天晨光CGJ5081ZYS圧縮式ゴミ収集車/GVW8.5t、積載量2.6〜3.0t・容積6.2㎥級。デザインは最新の日本車にも劣らず、電子制御システムや計量計など内容も進んでいる
青島中集環保設備ZJV5250ZYSHBZ圧縮式ゴミ収集車/CIMCグループのゴミ収集車メーカー製。GVW25t・容積20〜22㎥級。架装ベースは中国重型ZZ1257M4347C

■日本と近い韓国のゴミ収集車事情

 日本のお隣り韓国。都市化が進んでいる国のため、ゴミ収集装置は圧縮式も回転板式も使われているが、日本とは車格が微妙にズレていて、積載クラスは2.5t・3.5t・5t・9t・11tという刻み。CNG化も進められている。

AM特車・11tプレスパック/GVW27t・積載量11t・20㎥級の圧縮板式ゴミ収集車。架装ベースはヒュンダイ・ニューパワーHD270
AM特車・3.5tロールパック/GVW7.2t・積載量2.5t・4.4㎥級の回転板式ゴミ収集車。架装ベースはヒュンダイ・マイティ

■圧縮装置のないダンプ式も並行生産するタイ

 タイは、小型・中型ベースの圧縮式ゴミ収集車が主流。そのいっぽうで、掻き込み装置も圧縮装置も持たない、カマボコ型有蓋コンテナのゴミ収集車(ダンプ)も並行して生産されており、機械化が行き渡っていない様子が窺える。

ラクブア・圧縮式ゴミ収集車/3㎥級。角張った荷箱にスチフナの目立つ丈夫そうなデザイン。架装ベースはいすゞNシリーズ。中型ベースの12㎥級もあり、リアローダーを装備可
CMB・有蓋コンテナ式ゴミ収集車/側面にある複数の上下スライドドアからゴミを投入、排出時はリアの観音扉を開けて荷台をダンプする方式のゴミ収集車

■貧富の差が大きいインドではゴミ収集車にも格差が

 人口12億人、身分制度と貧富差の大きいインドは、ゴミ収集車の格差もかなりのもの。欧米流のリアローダー付き圧縮式ゴミ車もあれば、ゴミコンテナを脱着するスキップローダーは三輪車から大型車まであり、さらに塵芥ダンプも多用されている。

IPWT-HYVAリアローダー付き圧縮式ゴミ収集車/大手ゴミ収集車メーカー・IPWT社が、米ヒーヴァ社のコンパクタユニットを導入して製作した14㎥級の圧縮式ゴミ収集車
チンタマニモータース・ハイドロリックダンパープレーサー/油圧式ゴミコンテナ傾斜・脱着装置をピアッジョ・エイプ三輪車に架装したもの

次ページは : ■中東のイランはゴミ箱を後方から持ち上げて投入するリアローダー付きが主流