最速試乗! アウディの普及型EV「Q4 e-tron」はただものではない!!


 アウディEV「e-tron」シリーズの第3弾として、日本導入が発表された「Q4 e-tron」はアウディEVのなかで、サイズや価格などあらゆる面でコンパクトなのが特徴といえる。そのため、輸入車ユーザー以外の熱い視線が注がれる注目のEVとなっている。

 すでにQ4の生産は開始されているが、日本での発売は今秋の予定となっており、現時点では日本仕様車は存在しない。ただ現在、全国のアウディ正規ディーラーで行われている試乗キャラバンで使われる海外仕様車が存在する。

 今回、なんとそのQ4に試乗することができた。実車に見て触れてわかったアウディEVの本命ともいえる「Q4 e-tron」についてレポートしよう。

文/大音安弘、写真/アウディジャパン

【画像ギャラリー】ドイツからひと足先にやってきた欧州仕様の「Q4 e-tron」をチェック!(10枚)画像ギャラリー

■アウディEV戦略の要となる「Q4 e-tron」とは!?

 欧州を中心に近い将来EVシフトが宣言されている昨今、アウディもEVの積極的な展開に熱心な自動車メーカーのひとつ。2026年以降の新型車はすべてEVとする方針を発表しており、エンジン搭載車は、2025年以降に段階的に廃止していくとしている。

 日本でも、アウディEV「e-tron」シリーズの積極的な展開を行っており、これまでにただ第1弾のSUV「e-tron」シリーズと4ドアクーペ「e-tron GT」を投入ずみだ。しかし、これらの2車種はメイングレードの価格が1000万円クラスのモデルとなり、輸入車ユーザーにも手が伸ばしにくいのが現実だった。

 ところが、第3弾となる新型モデルの「Q4 e-tron」は、取り回しのいいコンパクトSUVであるのに加え、なんとシリーズの価格帯が599万~733万円までとコンパクトSUV「Q3」シリーズとミッドサイズSUV「Q5」シリーズの間に収まっており、エンジン車のセグメントにしっかりと組み込まれている。輸入車のコンパクトSUVからミッドサイズSUVを検討するユーザーの候補になるべく存在なのだ。

 その実現を可能としたのが、フォルクスワーゲングループでシェアするEV専用の新プラットフォーム「MEB」の採用とRWD化だ。グループ内の主力となるEVに使われるプラットフォームなので、開発費を抑えることができる。

 さらにアウディ自慢の4WDシステム「クワトロ」を非搭載とすることで、後輪側に1モーターを備えた後輪駆動とすることで、電動パワートレーンのコストも抑えている。しかし、この1モーターシステムは、航続距離の拡大にも有利なため、実にクレバーな考え方といえるだろう。

今秋の発売を予定しているアウディEVの第3弾が「Q4 e-tron」。価格とサイズを抑えている点も魅力的だ

■欧州仕様のQ4で細部をチェック

 まずはQ4 e-tronのスペックについて紹介しよう。同車には、スタンダードSUVとクーペSUV「スポーツバック」が用意されるが、試乗車は、前者の欧州仕様の「40 e-tron Sライン」だ。これは日本のグレード構成のトップモデルとなるものだ。異なるのは、一部装備の内容とステアリング位置だ。

 欧州仕様のスペックを紹介すると、全長4588×全幅1865×全高1632mmで、ホイールベースは2764mmと長め。モーター性能は最高出力150kW、最大トルク310Nmを発揮し、後輪のみを駆動する。

 フロア下に収まる駆動用リチウムイオンバッテリーは82kWhの大容量で、航続距離が516kmとされている。試乗車は、アウディスポーツの21インチアルミホイールが装備されていたが、日本仕様は非装着。ただし、標準車でも前後でタイヤサイズが異なる20インチホイールが装備される。

ほかのe-tronシリーズと比べると、エンジン車に近い雰囲気を放つ

 エクステリアデザインは、ひと目でアウディとわかるもの。スポーティで若々しいが、肉厚なボディがQ3よりも、上級車であることも感じさせる。開口部のないフロントグリルやマフラーのないリアテールが、EVであることを示すが、全体の雰囲気はほかのエンジン付きのアウディSUVと並べても違和感がなく、そこにアウディからの「今やEVは特別な存在ではない」というメッセージを感じる。

 インテリアの最大の特徴は、アウディお得意のデジタルなコックピットとなっている。他モデルとの大きな違いを挙げるとフローティングコンソールだろう。昨今のモデルでは、電制シフトと組みわせることで操作性の向上と収納スペースの拡大のために用いられる手法だ。

 そのセンターコンソールには、電制シフトが備わる。EV化の特徴としては、車内の広さが挙げられ、インテリア全長ではQ5を凌ぐほど。このため、後席も広々している。

 フロアもフラットなので、3名乗車という使い方もしやすい。さらにラゲッジスペースは、標準時で520Lを確保。スポーツバックでは、+15Lの535Lを確保するという。これもひとクラス上のQ5に迫るサイズとなっている。

運転席を中心としたコックピットデザインもスポーティ。使い勝手も上々だ

次ページは : ■EVの持ち味を活かしつつ、癖を抑えた走り