BEVにも「チンクらしさ」は残るのか!? 従来型500オーナーがフィアット500eに乗ってみた!!


 小柄なボディとキュートなスタイリング、そして元気な走りで日本のファンも多いイタリアの国民車・フィアット500。従来型はアバルトチューンの595なども人気を博しており、多くの人から愛されている。

 そんな愛されキャラであるフィアット500の新型モデルは、時代の潮流に合わせBEV(バッテリーEV)として遂に日本に上陸。

 そこで、従来型のフィアット500を愛車とするモータージャーナリストの島崎七生人氏が速攻試乗。 BEVでも“500らしさ”を味わうことはできるのか!?

●フィアット500eのここがポイント!!!
・日本で販売されるのはハッチバックとカブリオレの2タイプ3モデル
・全車BEV(118ps/22.4kgm)
・航続距離は335km(WLTCモード)
・デザインは先代モデルをオマージュ

※本稿は2022年4月のものです
文/島崎七生人、写真/ベストカー編集部、撮影/奥隅圭之
初出:『ベストカー』2022年5月26日号

【画像ギャラリー】で結局クオリティは上がったのか下がったのか? フィアット500eを色んな角度から画像でチェック!!(23枚)画像ギャラリー

■ガソリン500オーナーの第一印象は!?

左は筆者である島崎七生人氏所有のフィアット500。まん丸お目目の500に対し、新型の500eはヘッドランプ上部がカットされていて、どことなくヤンチャな雰囲気になっているが、チンクはチンク

 僕の目下のファーストカーであるチンクのガソリンタンク容量は35L。

 習慣として残量半分程度で満タンにしながら乗っているから、家内から「わりと頻繁にガソリンスタンドに寄るのね。レジ横で売っているラスクが買えていいけど」と言われるが、その感覚に照らせば、500eのWLTCモード335kmは、近距離メインの今の僕の用途なら、もし乗り換えてもあまり苦にはならないと思う。

 遂にというべきかやっとというべきか、日本上陸を果たした500e。実車は、写真やオンラインの発表時の映像で見るよりも違和感がない。

 というより、全長+60mm、全幅+60mm、全高+15mm、ホイールベース+20mmながら、依然5ナンバーサイズに収まるせいか“コンパクト感”がまったく薄れていない点に好感をもった。世代ごとにゴージャス化するMINIとは好対照。

 ちなみに本国で設定のあるワン・ツードア(左側1、右側2)は、左側通行の日本仕様では安全、仕様上の観点から導入はないとのこと。

 唯一、フロントの超巨大な500のロゴエンブレムはこれから見慣れるかどうか。内部にADAS関連のセンサー類が仕込まれているのかどうかは未確認。

 僕のチンクには別の限定車に付いていた“ビンテージロゴ”に交換ずみなのだが誰にも気付かれない……というのは余談だが……。

■インテリアは少し不満…?

500eのインパネ。従来型チンクオーナーの島崎氏は味わいが薄れたと感じながらも、利便性など機能面での進化については認めている

 一方でインテリアは、昔のNHK教育テレビの視聴者参加番組のようだが「ちょっと意見!」と言いたい。あくまで個人の見解だが、NUOVA500をモチーフにした従来型のほうが、味わいあるデザインだった気がする。

 オーナーの立場を振りかざして言わせていただくと、某国産車を連想するインパネなど、チンクっぽくなくない?(←否定、の意味)と。

 ステアリングコラムはチルトだけでなくテレスコの調節も効くようになり、ドアオープンはまるでレクサスのような電気式になったり、運転席の高さとリクライニング調節がどちらもドア側のレバーになりかなり使いやすくなったなど、機能の進化は認められる。

次ページは : ■走りはBEVでもチンクだった!