いよいよ開業!! 日本一短い新幹線、西九州新幹線「かもめ」にひと足早く試乗!!


 開業を目前に控えた西九州新幹線「かもめ」。武雄温泉~長崎間を最高時速260kmで駆け抜け、博多~長崎間は最速1時間20分となり、既存の特急列車よりも約30分短縮される。今回、開業に先立ち報道陣向けの試乗会が開催されたので、一足先に「西九州新幹線」に乗ってきました!

文、写真/村上悠太

【画像ギャラリー】実距離66km!! 日本一短い新幹線「かもめ」で西九州旅行を楽しもう!!(14枚)画像ギャラリー

■まず「リレーかもめ」に乗って、それから「かもめ」に乗車

 この日、報道陣が集まったのはJR佐賀駅。ここから新幹線「かもめ」に乗車……ではなく、僕らが乗ったのは885系という在来線特急車両。

 西九州新幹線「かもめ」は、博多~武雄温泉間を在来線特急「リレーかもめ」で結び、武雄温泉~長崎間は新幹線「かもめ」が結ぶ、「対面乗換方式」が採用されたちょっとユニークな新幹線。在来線と新幹線の乗り換え駅となる武雄温泉駅では、「リレーかもめ」と新幹線「かもめ」がスムーズに乗り換えられるように同一ホームで双方を行き来できるようになっている。

 885系は現在、在来線を走る特急「かもめ」の一部に使用されており、西九州新幹線が開業する9月23日以降、特急「かもめ」はその使命と列車名を西九州新幹線にバトンを渡し、引退する。885系は今後「リレーかもめ」などに使用される。

新幹線開業後は「リレーかもめ」としても活躍する885系

 そんな885系に乗って、しばし長崎本線と佐世保線を走り、ほどなくして武雄温泉駅に到着。向かいのホームには真っ白な新幹線「かもめ」がすでに入線しており、乗り換え客を待っている。

車内に出された「リレーかもめ」の文字

 実際の営業運転ダイヤでは「リレーかもめ」と新幹線「かもめ」の乗り換え時間は「3分」に設定されており、途中下車せずに通しで利用する場合は、一枚のきっぷとして販売される。

 また、指定席、自由席の号車も「リレーかもめ」と新幹線「かもめ」でおおまかに合わせられているので、乗り換え時にホーム上を延々と歩く心配はない。とはいえ、一度下車しての乗り換えとなるので、小さな子ども連れや大きな荷物を持っての旅行の場合は、なるべくドア付近の席を予約しておくとより安心だ。

「リレーかもめ」とはこのように同一ホームで乗り換えできる

■外装はかなり攻めたデザイン

 西九州新幹線「かもめ」は6両編成で1~3号車が指定席、4~6号車が自由席で運行される。1~3号車は東海道新幹線や東北新幹線などに見られる2+3の座席配列ではなく、2+2配列のゆったりレイアウト。座席のデザインも自由席のものとは異なる上、号車ごとにシートカラーが違っているこだわりよう。

1号車指定席の車内。2列配置でゆったりと座れる

 この車両をデザインしたのはJR九州の観光列車「D&S列車」など、数々のユニーク列車を作り上げてきた水戸岡鋭治氏。新幹線「かもめ」に使用されている車両はN700Sという車両で、現在では同じ形式が東海道・山陽新幹線でも走行しているが、そのN700Sとは似て非なるもの。

「新幹線車両はとにかく制約が大きく、なにか工夫しようとすると予算も規則も重量もオーバーしてしまう」とのことで、氏がデザインする他列車に比べると内装こそインパクトを抑えて、既存のN700Sのニュアンスを感じるが、外装はかなり「攻めた」デザイン。ベースは他の新幹線にも採用されている白だが、「白の中でも純白に近い白を採用した」というボディは大きな「かもめ」の文字と合わさって存在感も抜群だ。

■「出来立ての線路の上を、すべるように走る」!!

 さあ、新幹線「かもめ」に乗り換えて、いよいよ長崎駅を目指して出発!今回は対面乗り換えも体験したが、同一ホームということもあり、乗り換えはスムーズという印象。

 試乗列車は西九州新幹線の途中駅全てに停車する各駅停車のダイヤ。長崎までの所要時間は約30分だ。

 在来線から乗り換えると、新幹線の乗り心地の良さを特に感じる。西九州新幹線は線路も車両も新品そのものだからなおのこと! まさに出来立ての線路の上を、すべるように走る乗り心地。

 途中駅は「嬉野温泉」、「新大村」、「諫早」の3駅。これに「武雄温泉」、「長崎」を加えた、合計5駅が西九州新幹線の駅だ。他の新幹線に比べて駅間は短いものの、加速力のよいN700Sは、スムーズな高加速で、短時間で高速域まで加速する。

新幹線「かもめ」から見た大村湾の車窓

 先を急ぐ新幹線は各駅をなるべくショートカットして走るために、どうしてもトンネルが多くなってしまうのが少々残念。さらに特急「かもめ」がこれまで走ってきた長崎本線は、有明海に沿うようにして走っているため、車窓も絶景ということで、よく「西九州新幹線になって車窓が残念……」と言われがちだが、西九州新幹線が開業する9月23日には、新幹線と同時に、特急「かもめ」が走ってきた長崎本線と大村湾の風景が楽しめる大村線を走る、新しい観光列車(D&S列車)「ふたつ星4047」がデビューするので、こちらも楽しみに待ちたい。

次ページは : ■車窓を楽しむなら指定席は「D席」がおすすめ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ