【祝】ベストカー創刊45周年記念イベント開催!! 感謝感謝感謝の「これまで」と「これから」と

【祝】ベストカー創刊45周年記念イベント開催!! 感謝感謝感謝の「これまで」と「これから」と

「読者の皆さま、自動車メーカーの皆さま、本当にありがとうございました!! これからもよろしくお願いします!!!」

 2022年11月20日、そぼ降る雨のなか富士スピードウェイにて実施された「ベストカー創刊45周年記念イベント」にて、飯嶋穣編集長の声が響いた。多くのご応募をいただき、抽選を潜り抜けてご参加くださった65組100名の読者の皆さまとともに楽しみ、大いに盛り上がりをみせたイベントの一端を、以下、ご紹介いたします(ちょっと長いよ)。

文/ベストカー編集部、写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】「試乗車9台」&「展示車11台」!! 参加者の皆さんを迎えてくれた新型車たちに敬礼!! ありがとうございました!!!(28枚)画像ギャラリー

■45年を支えてくれた読者の皆さまに感謝をお伝えしたく

 本誌『ベストカー』が創刊されたのは1978年1月号で、発売は1977年12月。ということで、2022年から2023年にかけてが、本誌の創刊45周年となります。
「45年」とひと口に言いますけれど、1977年というとですね、スカイラインは5代目C210型「スカイラインジャパン」がデビューした年。クラウンだったら5代目S80、90、100系の時代。日本車にはまだターボエンジンがなく、初代サバンナRX-7がデビュー間もなく……という時代。

当日用意された試乗車。純ガソリン仕様からPHEV、e-POWER、BEV、ディーゼル+マイルドハイブリッドと、異なるユニットのモデルが並んだ。時代ですねぇ…
当日用意された試乗車。純ガソリン仕様からPHEV、e-POWER、BEV、ディーゼル+マイルドハイブリッドと、異なるユニットのモデルが並んだ。時代ですねぇ…

 考えてみれば、『ベストカー』は日本車暗黒時代と言われた排ガス規制の激震からの復活期、そして1989年、90年代初頭の日本車が世界と肩を並べる華々しき時代とともに成長してきたわけです。

 その後のバブル経済崩壊による沈滞期も見てきたし、現在へとつながる、電動化を含めたカーボンニュートラルに向けた各自動車メーカーの奮闘も間近で見続けています。

 そんな45年を支えてくれた読者の皆さまに感謝をお伝えしたくて、各自動車メーカーに支援をいただいて今回の最新電動化車を中心とした試乗会イベントを開催したのでありました。

「このイベントで初めてEVに乗った」という人も多く、「時代」というのは一気に動くものではなくて、ゆっくり徐々に動いていくものなのだと実感しました
「このイベントで初めてEVに乗った」という人も多く、「時代」というのは一気に動くものではなくて、ゆっくり徐々に動いていくものなのだと実感しました

 参加していただいた読者の皆さまはもちろんですが、遠方のため参加できなかった方々、また、試乗枠の抽選に外れてしまった方々(大変申し訳なく思っております)、そして、貴重な試乗車、展示車をご提供くださった各自動車会社の皆さまに、心より感謝いたします。ありがとうございます!!(以下、試乗内容やトークイベント、座学について紹介)

次ページは : ■「試乗車」編

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ