これが最新大型トラックの実力だ!! ビッグマイチェンで超進化を遂げたUDトラックス「クオン」2022年モデルに初試乗!!

これが最新大型トラックの実力だ!! ビッグマイチェンで超進化を遂げたUDトラックス「クオン」2022年モデルに初試乗!!

 昨年7月に登場したUDトラックスの大型トラック「クオン」の2022年モデルは、主力の11Lエンジン搭載車が2025年度を目標とする新重量車燃費基準にいち早く対応! 燃費を向上させるとともに走行性能を高め、装備の充実も図られたクオン2022年モデルを、多賀まりお氏が試す!

文/多賀まりお
写真/UDトラックス、トラックマガジン「フルロード」編集部
※2022年12月12日「フルロード」第47号より

改良の背景にある新燃費基準とは?

UDトラックスが2022年7月に発表した「クオン」2022年モデル
UDトラックスが2022年7月に発表した「クオン」2022年モデル

 車両総重量3.5トン超のディーゼルトラック・バスを対象とする新重量車燃費基準は2019年3月に施行された。新基準は現行の2015年度燃費基準に対してトラック等で平均13.4%の強化となる。車両総重量20〜25トン級単車の場合、4.04km/Lから4.42km/Lという内容だ。

 審査方法はこれまでと同じで、実際に走らせて燃料消費量を計測するのではなく、重量車の走行モード(都市内走行のJE05モードと車速80km/h定速モードの組み合わせ)をエンジン回転数とトルクに換算。燃費マップ上で走行状態をシミュレートする。

 新基準ではより走行実態を反映させるべく、演算に用いるデータが精緻化され、自動車メーカーにとっては達成の難易度が高まった。とりわけ重量が重く、エンジンの負荷率が高い大型車には、エンジン本体の改良抜きでの対応が厳しい内容となっている。

最大出力と最大トルクがアップしてECO+モードも新設定

 今回発表されたクオンのGH11型エンジンは、基本構造部品を含む抜本的な見直しを行ない、内部フリクション低減とともに燃焼効率の向上が図られた。具体的には、より高い筒内圧に対応するべくシリンダーブロック、ヘッド、クランクシャフトやコンロッドといったエンジンの基幹パーツを強化。これをもとに圧縮比は17から18:1に高められた。

 ユニットインジェクタにコモンレールの蓄圧機能を持たせた独自の燃料噴射系もインジェクタを新世代化し、さらなる噴射圧の高圧化に対応。また、フリクションの低減策では低コンプレッションハイトピストンとピストンリングを採用し、潤滑系も可変油圧オイルポンプを導入。エンジンオイルの低粘度化(10W-30のVDS-4から5W-30のVDS-5へ)も行なった。

 AMT仕様は出力アップとともにフラットトルク化が図られ、現行の最高出力360PSと390PS、最大トルク178.5kgm仕様と、420PS、193kgm仕様はそれぞれ最高出力を10PS高め、最大トルクを203.9kgmにアップ。トラクタ用も増強された(マニュアル仕様は据え置き)。

 また、エンジンの改良に合わせて駆動系も見直され、ギアリングの変更とともにフリクションの低減が図られた。駆動輪に19.5インチ小径タイヤを履くCGとCX系のAMT仕様は、これまでスプリッタのハイ側の減速比が1よりも小さいオーバードライブ型のギアボックスを搭載していたが、新型はハイ側が直結のダイレクトドライブ型に変更された。

 AMT「ESCOT-VI」のハード面に変更の発表はないが、GH11型エンジンの変速制御には、より低回転高トルク型となった出力特性に対応して現行の「ECO」以上に低回転を維持する「ECO+」モードが追加。変速モードはECO+、ECO、オフの3段階になった。

次ページは : 省燃費性能を高めながら走りの「余裕」も向上

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ