【東京オートサロン2020】トヨタがGRヤリスを世界初公開!!

 東京オートサロン2020の目玉の1台であるGRヤリスが世界初公開された。これまで偽装されたクルマはすでに公開され、マスコミ向けに事前試乗会も開催されていたが、まったく偽装されていない市販バージョンが公開されたのは初めて。

 そのほか、Gazoo Racingブースには、2020年シーズンからスーパーGTのGT500クラスに投入されるGRスープラのGT500マシン、GRスープラGT4も公開された。

文:ベストカーWeb編集部/写真:ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】もっと見たい!! 世界初公開されたGRヤリス


まったく逆の発想で開発

 東京オートサロン2020で世界初公開されたGRヤリスはGR-FOURと呼ばれていたモデルの正式名称で、GRスープラに次ぎGRの名前を冠したセカンドモデルとなる。

 GRスープラがレースから生まれたスポーツカーなのに対し、GRヤリスはラリーから生まれたトヨタオリジナルのスポーツカーだ。1.6Lターボ+4WDという夢のような組み合わせにクルマ好きは心が騒ぐのを隠せない。

GRヤリスは豊田章男社長の長年の思いを具現化した記念すべきモデル。FUN TO DRIVEを追求することをやめないのはすばらしい

 なぜ今の時代に4WDターボなのかの問いに対し、豊田章男社長は「トヨタが自分の手でつくるスポーツカーが欲しかった」とコメントしている。

 Gazoo Racingでは、「市販車をレース用に改造してレースに参戦するのがこれまでの常套手段だったのに対し、GRヤリスはレース用に開発されたクルマを市販する、というまったく逆の発想で作られているのが特徴」と、GRヤリスについて説明している。

 GRヤリスはセリカGT-FOUR以来のホモロゲモデルの復活ということになる。

 GRヤリスはエンジンスペック、などからも走りのポテンシャルが高いのは一目瞭然だが、WRC技術がフィードバックされた4WDにより操る楽しさを教えてくれる想像をはるかに超えたスーパーホットハッチであることを強調していた。

公開されたGRヤリスとWRC参戦マシンのヤリスWRCのツーショット。GRヤリスには多くの技術がフィードバックされている

1805mmのワイドボディ

全幅は1805mmで、トヨタのスポーツカーである86よりも広いトレッドを実現しているため、コーナリングパフォーマンスに優れているのは明白

 ボディサイズは全長3995×全幅1805×全高1460mm(サイズはトヨタ社内測定値)で、ベースは日本では販売されない3ドアとなっている。

 日本で販売される5ドアのボディサイズは全長3940×全幅1695×全高15000mmだから、全長は+55mm、全高は-40mmと大差ないが、全幅は110mmもかなりワイドになっていて、見てすぐに違いがわかるレベルだ。

 エンジンフード、左右ドア、バックドアはアルミ製なのに加えてカーボンルーフ(フィルム&マーブル柄)を採用するなど徹底的な軽量化も施されている。バッテリーをリアに搭載して重量配分にもこだわっている。

真後ろから見るとリアフェンダーがかなりの膨らみを持っているのがわかる。この全幅のワイド化も走りのポテンシャルアップのため

1.6Lターボはリニアなレスポンスが自慢

 搭載されるエンジンは1.6L、直3DOHCターボで272ps/37.7kgmのハイスペックを誇る。モータースポーツに必要な素性をゼロから織り込んだ新開発エンジンだ。

 軽量コンパクトさとハイパワーを両立したエンジンの型式は、G16-GTSと呼ばれ、GRヤリス専用ユニットとなるが、他の車種への拡大搭載の期待もかかる。

 レース、ラリーに必要なリニアなレスポンスも実現しているという。パワーウェイトレシオは驚異の4.706kg/psをマークしている。

WRCからフィードバックされた自慢の4WD

 スーパーレスポンスの1.6Lターボに組み合わされるのはWRCからフィードバックされた4WDシステムだ。これにより4輪で大パワーを受け止める。

 4WDには任意に選択できる3つのモードスイッチが用意されている。

WRCからフィードバックされた電子制御4WD。スポーツ走行だけでなく安全性の向上にも大きく貢献している

■NORMALモード(60:40)
 狭いコーナーや街中での走りに適したモード

■SPORTモード(30:70)
 リアにトルクを伝えFR的な走りが楽しめるモード

■TRACKモード(50:50)
 プロドライバーが開発したスポーツ走行における最速モード

 なお、より高いレベルのスポーツドライビングに応えるために、トルセンLSDを前後に搭載した仕様も用意している。

 ブレーキはフロントが18インチ、リアが16インチでストッピングパワーの強化もバッチリ。

赤いキャリパーが精悍なヤリスGR。ブレーキサイズもフロントは18インチでボディサイズを考えると大径なのでストッピングパワーも充分

発売開始は夏頃を予定

 GRヤリスの販売開始時期についてGazoo Racingでは夏頃とアナウンス。

 グレードは2タイプが用意され、RZが396万円、RAハイパフォーマンスが456万円となっている。WRCのホモロゲモデルが400万円を切るプライスなのは超魅力的だ。

 Gazoo Racingでは東京オートサロン2020で世界初公開したのを記念して、1stエディションを1月10日~6月30日までの期間限定で予約を受け付けることも発表された。

GRヤリスのグレードはRZとRZハイパフォーマンスの2種類で、RZは400万円を切る396万円のお値打ち価格だ

 1stエディションの特別な装いとして、フロントグリル、サイドディフューザー、リアスポイラー、リアディフューザーを精悍なマットブラック仕様としている点と、RZハイパフォーマンスはマットブラックのアルミホイールが用意されている。

 ちなみにGRヤリスは、最終的にマスタードライバーの豊田章男社長のOKが出ていないため、まだ開発が進められているという。ユーザーにデリバリーを開始する直前まで開発を突き詰めるのがGazoo Racing流だという。

GRヤリス専用サイト
https://toyotagazooracing.com/jp/gr/yaris/

GRファクトリー誕生

 GRヤリスの登場を機に、トヨタではGR専用ラインを持ったGRファクトリーを新設したことも発表した。スポーツモデルに必須の高剛性ボディを実現するには最適な環境を得たと同時に、組み立て精度も大幅アップし、少量生産モデルにありがちな品質のばらつきなども皆無だという。

 このGRファクトリーにより、多品種少量生産が展開しやすくなるため、第2のGRヤリスの登場にも期待がかかる。

Gazoo Racingブースのそのほかの注目車

 Gazoo Racingはトヨタのモータースポーツを担っていて、世界中のモータースポーツに参戦している。

 日本の人気レースであるスーパーGTのGT500に今シーズンからLCに代えて投入するGRスープラのGT500マシンを展示。カーボン地がむき出しでカラーリングしていないのが逆に不気味なオーラを放っている。

2020年シーズンのスーパーGTのGT500にLCに代わってスープラが投入される。開幕戦から活躍して席巻したいとGazoo Racingの鼻息も荒い

 もう1台の注目マシンは、これまたGRスープラがベースとなったレーシングマシンで、GRスープラのGT4マシンも展示されていた。

 WRCに参戦中のヤリスWRC、セリカGT-FOURなどもステージ上にGRヤリスに花を添える形で出展されているのでじっくりと見ることをオススメする。

 また、2021年シーズンから開始されるWECのハイパーカークラスに参戦を表明しているトヨタは、GRスーパースポーツを鋭意開発中で、市販も前提に入れていることを改めて公表した。

FIA規定のGT4は多くの自動車メーカーが開発に着手していて、トヨタはGRスープラでGT4カテゴリーに新規参入

【画像ギャラリー】もっと見たい!! 世界初公開されたGRヤリス

最新号

ベストカー最新号

【今夏やってくる!?】ヤリスクロスオーバー&キックス最新情報|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、新型ヤリスクロスオーバーのエクステリアデザイン最新情報と、新型キックス含めた日産SUV新車攻勢の最新情報をお届け。  そのほか、予算200万円から250万円までで買える軽自動車&コンパ…

カタログ