トヨタがGRヤリスを世界初公開!!【東京オートサロン2020】


 東京オートサロン2020の目玉の1台であるGRヤリスが世界初公開された。これまで偽装されたクルマはすでに公開され、マスコミ向けに事前試乗会も開催されていたが、まったく偽装されていない市販バージョンが公開されたのは初めて。

 そのほか、Gazoo Racingブースには、2020年シーズンからスーパーGTのGT500クラスに投入されるGRスープラのGT500マシン、GRスープラGT4も公開された。

文:ベストカーWeb編集部/写真:ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】もっと見たい!! 世界初公開されたGRヤリス


まったく逆の発想で開発

 東京オートサロン2020で世界初公開されたGRヤリスはGR-FOURと呼ばれていたモデルの正式名称で、GRスープラに次ぎGRの名前を冠したセカンドモデルとなる。

 GRスープラがレースから生まれたスポーツカーなのに対し、GRヤリスはラリーから生まれたトヨタオリジナルのスポーツカーだ。1.6Lターボ+4WDという夢のような組み合わせにクルマ好きは心が騒ぐのを隠せない。

GRヤリスは豊田章男社長の長年の思いを具現化した記念すべきモデル。FUN TO DRIVEを追求することをやめないのはすばらしい

 なぜ今の時代に4WDターボなのかの問いに対し、豊田章男社長は「トヨタが自分の手でつくるスポーツカーが欲しかった」とコメントしている。

 Gazoo Racingでは、「市販車をレース用に改造してレースに参戦するのがこれまでの常套手段だったのに対し、GRヤリスはレース用に開発されたクルマを市販する、というまったく逆の発想で作られているのが特徴」と、GRヤリスについて説明している。

 GRヤリスはセリカGT-FOUR以来のホモロゲモデルの復活ということになる。

 GRヤリスはエンジンスペック、などからも走りのポテンシャルが高いのは一目瞭然だが、WRC技術がフィードバックされた4WDにより操る楽しさを教えてくれる想像をはるかに超えたスーパーホットハッチであることを強調していた。

公開されたGRヤリスとWRC参戦マシンのヤリスWRCのツーショット。GRヤリスには多くの技術がフィードバックされている

1805mmのワイドボディ

全幅は1805mmで、トヨタのスポーツカーである86よりも広いトレッドを実現しているため、コーナリングパフォーマンスに優れているのは明白

 ボディサイズは全長3995×全幅1805×全高1460mm(サイズはトヨタ社内測定値)で、ベースは日本では販売されない3ドアとなっている。

 日本で販売される5ドアのボディサイズは全長3940×全幅1695×全高15000mmだから、全長は+55mm、全高は-40mmと大差ないが、全幅は110mmもかなりワイドになっていて、見てすぐに違いがわかるレベルだ。

 エンジンフード、左右ドア、バックドアはアルミ製なのに加えてカーボンルーフ(フィルム&マーブル柄)を採用するなど徹底的な軽量化も施されている。バッテリーをリアに搭載して重量配分にもこだわっている。

真後ろから見るとリアフェンダーがかなりの膨らみを持っているのがわかる。この全幅のワイド化も走りのポテンシャルアップのため

次ページは : 1.6Lターボはリニアなレスポンスが自慢

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ