2台の世界初公開車を出展!! 東京オートサロン スバルブースは初物づくし!!

2台の世界初公開車を出展!! 東京オートサロン スバルブースは初物づくし!!

 2022年1月の東京オートサロン、スバルブースの目玉はなんといっても『STI E-RAコンセプト』。

 しかし、それ以外の展示も当然注目を集めていた。ひとつはトヨタと共同開発したEV『ソルテラ』のSTIコンセプト。そしてもうひとつは発売して間もないWRX S4のSTIスポーツR EXグレードにSTIパーツをふんだんに装着した『WRX S4 STIパフォーマンスコンセプト』。

 スバルのレーシングスピリットを色濃く感じた展示車両をご紹介!

※本稿は2022年1月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部、撮影/平野 学、西尾タクト
初出:『ベストカー』2022年2月26日号

【画像ギャラリー】そのレーシングスピリットは健在!! 東京オートサロン スバルブース展示車両を見る(17枚)画像ギャラリー

■STIコンセプト続々登場!

サプライズ発表となったソルテラ STI CONCEPT。ソルテラにチェリーレッドのパーツはよく似合う

 東京オートサロン2022、スバルブースの目玉は、スバル初のEVレーシングカーのコンセプトモデル「STI E-RAコンセプト」だったが、ほかに展示されていた車両もアツかった!

 ひときわ注目度が高かったのが、トヨタとスバルが共同開発したBEV「ソルテラ」だ。

 このソルテラ、チェリーレッドのフロントスポイラーとサイドスポイラー、カーボン調のルーフスポイラーを装備した「ソルテラSTIコンセプト」というコンセプトカー。チェリーレッドが入っただけで、トヨタのbZ4X GRスポーツコンセプトより派手に感じるから面白い。

 まだデザインスタディ段階で、パーツの解析は行っておらず、形状は変わる可能性がある。スバルのことだ、発売までにより走りに効く形状へと進化させてくるだろう。

 車両発売前にもかかわらずSTIコンセプトを発表したスバル。これは、「バッテリーEVであっても、スバルのDNAであるレーシングスピリットを注入したパーツを用意して、スバルファンを喜ばせ続けます」というメッセージにほかならない。スバルのEV、期待大だ。

■WRX S4とレヴォーグはSTIパーツマシマシ!!

WRX S4 STI performance CONCEPT。日本に現存する希少なハイパワー車。STIパーツでさらに強化だ!

 発売されたばかりのWRX S4のSTIスポーツR EXグレードにSTIパーツをふんだんに装着した「WRX S4 STIパフォーマンスコンセプト」も注目の一台だ。

 スバルスタッフによると「18インチアルミホイールとスワンネックリアスポイラー以外はすでに発売されたパーツを装着している」とのこと。この18インチアルミホイールは1月現在ラインナップされているオプションのホイールとは別形状で、2月発売を予定している。

 スワンネックリアスポイラーはBRZにオプション設定されているものが装着されている。発売は未定で、仮に発売するとしても装着位置は調整するほか、形状も変わる可能性があるとスバルスタッフは話してくれた。スバルのことだ、作るからには妥協のない最高のリアスポイラーを開発中に違いない。

レヴォーグSTI performance CONCEPT。STIパーツは設定されていたが、チェリーレッドではなかった。待ち望んでいたユーザーも多いはずだ

 レヴォーグは、S4と同じくSTIパーツを多数装着した「レヴォーグSTIパフォーマンスコンセプト」が展示されていた。

 2.4Lターボモデルをベースに、チェリーレッドの各種スポイラーなどのエアロパーツのほか、フレキシブルタワーバーなどの補強パーツ、STIパフォーマンスマフラーなど市販されているパーツをほぼフル装備。

 チェリーレッドの各種スポイラーとドアミラーは現在ラインナップされておらず、今回が初出しとなる。もうすぐ発売される見込みなので、レヴォーグユーザーはあと少しの辛抱だ。

次ページは : ■スバル初のEVスーパーカーは1088馬力のモンスター!