ほんとならこんな新型出てたはず!? ベストカーweb版 東京モーターショー2021!! 【ホンダ・マツダ・スズキ編】

ほんとならこんな新型出てたはず!? ベストカーweb版 東京モーターショー2021!! 【ホンダ・マツダ・スズキ編】

 今の状況を見ていると、もしかしたらできたかも!? と思ってしまうが、新型コロナウイルスの影響で中止になってしまった今年の東京モーターショー。開催か中止かを早めに決めないと準備に時間がかかるし、1年遅れで行われた東京五輪の後片付けもあったしと、厳しかったのは事実だ。

 でもまぁ決まってしまったことはしょうがない。リアルでできないのであれば、ベストカーでやっちゃおう! というわけで、「東京モーターショー2021がもし開催されていたら、こんなクルマが出ていたはず!」という夢をwebで実現。市販前提車からコンセプトカーまでズラリ揃っております!

※本稿は2021年10月のものです。
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年11月10日号

【画像ギャラリー】きっとスクープ連発だったのに!!!(涙) ベストカーweb版 東京モーターショー2021【ホンダ・マツダ・スズキ編】(22枚)画像ギャラリー

■ホンダ編

●NEWインテグラ

アキュラブランドで復活することがアナウンスされているインテグラ(画像はベストカー編集部による予想CG)

 米国ホンダがアキュラブランドで来年インテグラの名を復活させると明らかにしたのが今年8月12日のことだった。フロントの一部のみが公開されたにすぎないが、これに関連して「2022年にアキュラブランドからインテグラが復活する」ことがコメントされた。

 さらに9月29日、リアショットが公開され、流麗なプロポーションであることが確認できた。これと同時に5ドアスポーツだということが明らかにされたのだが、ショー会場で実車が見たかった!

 パワートレーンについては一切明らかにされてはいないが、ホンダが舵を切った電動化への道筋を考えれば、e:HEV、あるいはピュアEVということにも期待が高まる。日本国内投入を熱望するぞ!!

●NEWシビックタイプR

これまでの情報では後輪モーター駆動だったが、最新情報ではFFの2Lターボだという(画像はベストカー編集部による予想CG)

 9月に新型に切り替わったシビックだが、すでにホンダが正式に公表しているように、新生タイプRが来年、登場することになる。

 基本となるのは5ドアハッチバックの新型シビックのボディだが、開発段階からタイプRの存在を念頭にしているため、ボディの強靭さは従来型をはるかにしのぐものとなるのは言うまでもない。

 パワートレーンは、これまでの情報では後輪を2つのモーターで駆動するSH-AWDを採用するといわれ、実際、開発中のテスト車両にはその仕様もあったのだが、コストや重量増加、さらに操安制御の問題もあり、最新の情報ではこれまで同様、前輪を2Lターボエンジンで駆動するFFになるということだ。

 2Lターボは最高出力320ps、40.8kgmで先代型同様ながら、トルク特性をチューニング。コーナー立ち上がりのレスポンスに優れるという。

 ニュルでのテスト目撃情報も多く、開発は仕上げ段階。来年前半のデビューだ。

●EVスポーツ

現在開発中のGMとの共同開発EVの次、2025年以降にホンダ独自のEVプラットフォームで開発(画像はベストカー編集部による予想CG)

 NSXの生産を終了するホンダ。来年3月にはS660の生産も終了し、ついにスポーツモデルが途絶えることになる。

 もちろん、それでよしなどとホンダは考えておらず、時代にマッチした、電動化の流れに乗ったホンダらしいスポーツモデルを計画している。モーターショーがあれば、当然出展しただろう。

 登場は2025年以降となる。ホンダ独自に開発をするEV専用プラットフォームを活用し、ホンダが培ったハンドリング性能の知見を盛り込んだ、ピュアスポーツとなる!!

●NEWステップワゴン

新型は実用性とともに走りもさらに磨きをかける。現行型で採用された「わくわくゲート」は廃止の方向(画像はベストカー編集部による予想CG)

 新型ステップワゴンはオーソドックスなミニバンとして、快適性や利便性、そして軽快な走りを追求する。

 グレードは現行型同様に標準仕様とエアロ仕様のスパーダの2タイプ。パワーユニットは、1.5Lターボと2L e:HEVの2本立てになる。

●SUV e:prototype

最新の音声識別やスマホ連動などの先進技術も投入

 持続可能な社会を実現するため、「2050年カーボンニュートラル実現」という目標を掲げているホンダからは、2021年上海モーターショーでワールドプレミアされたコンセプトカー、「SUV e:prototype」を登場させる。

 エクステリアはそのまま市販車として出ても遜色ないデザインにまとめられながら、近未来的な雰囲気を纏ったデザインとなっている。「EVならではの力強いスムーズな加速感を追求した」とし、このe:prototypeをベースとしたEV市販モデルを来年春頃に発売予定としている。登場を楽しみに待ってるぞ!

■マツダ編

●NEW CX-5 & NEW CX-8

直6+FRのプレミアムSUVとして生まれ変わるCX-5。パワーユニットはガソリン&ディーゼルで、電動化対策として48Vハイブリッド、PHEVを用意する(画像はベストカー編集部による予想CG)

 プレミアムブランド戦略を推進するマツダは、来年2022年に一世一代の大きな転機を迎える。

 2019年にブランニューの後輪駆動プラットフォームのラージアーキテクチャ、2020年にはそのプラットフォームに搭載する縦置きの直6も発表。

 それを搭載する新世代マツダの『第7世代商品群』の第1弾モデルとして、来年春にマツダ6がデビュー。

 マツダの主力SUVのCX-5は、マツダ6同様に直6+FRとなり、2023年にデビューし、プレミアムSUVマーケットに新規参入する。

 現在は効率を重視したFFベースのSUVが主流となっているなか、それに逆行するかのようなマツダの戦略が吉と出るか凶と出るか。

 パワートレーンは、直6のガソリン&ディーゼルで、両方に48Vマイルドハイブリッド、ガソリンのみプラグインハイブリッドを用意する。

 そしてCX-5の約1年後にデビューするCX-8は、現行同様にパワーユニットなどはCX-5と同じで、3列シートSUVとして進化を遂げる。

 また、CX-8はCX-5を大型化したモデルではなく、日本未発売のCX-9のダウンサイジング版という位置付けも変わらない。CX-5もCX-8もデザインが売りとなるのは言うまでもなく、世界的にその美しさが話題になるのは確実だ。

 ショー会場でそのプロトタイプを見たかったファンは多いはず。

●水素ロータリースポーツコンセプト

この秋というタイミングではデザインコンセプトの出展となっただろうが、マツダの本気を示すだけでもインパクト大。東京モーターショーで、その勇姿を見たかった!(画像はベストカー編集部による予想CG)

 これぞ夢のコンセプトカー。もし開催されていれば、水素ロータリースポーツは東京モーターショーの超目玉だったはず。と、ベストカーは勝手に思っている。

 水素燃料の実用化が現実味を帯びてきて、水素ロータリーの開発が再び始まったとの情報。関係者によると2023年にはプロトタイプを走らせることが可能というから、この秋にデザインコンセプトだけでも披露できたのではないかというのがその根拠だ。あながち的外れでもないはず。

 最近元気のないマツダだが、ロータリースポーツの復活となれば注目度がグンとアップすること確実だし、社内の士気も上がるだろう。

 2090年代当初から開発を続けてきた水素ロータリーだけに、ノウハウは蓄積されている。実現可能性は高いのだ!

●NEWマツダ6

新開発FRプラットフォームによる上質な走り味に期待!!(画像はベストカー編集部による予想CG)

 マツダが満を持して開発を進めるラージ系FRプラットフォームを採用する第一弾がマツダ6だ。同時に新開発される直列6気筒3Lエンジンが搭載されるのもポイント。

 SKYACTIV-Xのガソリンエンジンと、第2世代へと進化するクリーンディーゼルが搭載されることとなる。48Vマイルドハイブリッドが組み合わされる。クーペも開発中。

●CX-50

CX-50は新型CX-5や新型マツダ6とともに、新開発の次世代FRラージプラットフォームと直6エンジンを採用。FRベースの高級SUVが誕生する(画像はベストカー編集部による予想CG)

 マツダブースでは新型のCX-5やCX-8のほかにもSUVのニューモデルが出展されただろう。新しいクーペタイプSUVのCX-50だ。

 CX-50は同じく2023年春にフルモデルチェンジして登場する新型CX-5のクーペモデルという位置づけでデビュー予定。

 CX-5は2012年に登場した初代も2016年に一新した現行型もFFベースだが、新型では新開発のFRラージプラットフォームと直6エンジン+48Vマイルドハイブリッドを採用。ひとクラス上のDセグSUVに生まれ変わる。

 この新型CX-5がベースとなるCX-50もプレミアムクラスのSUVとして誕生。スタイリッシュなマツダデザインも魅力となりそうだ。

次ページは : ■スズキ編