【ドヤ顔新採用で人気乱高下!??】セレナの中古車市場はどう動いた??

 2019年8月1日のマイチェンでハイウェイスターに「ドヤ顔」を採用し、一時期新車販売は伸びたもの、その後やや苦戦を強いられている日産の人気ミニバン「セレナ」。マイチェン前はコンスタントに約5000~8800台を維持していたが、マイチェン後の10月、11月はその販売台数は大きく減らしている。

 とはいえ、マイナーチェンジによって新車市場が大きく動き、中古車市場に何かしらの変化があったのは間違いない。現行型は2016年7月から発売されたので、最初の車検を終えたモデルが中古車市場に多く出てきているかもしれない。

 今回は、価格変動やおすすめモデルに変化が起きていると思われる、セレナの最新中古車事情を紹介したい。

文/萩原文博
写真/編集部、NISSAN

【画像ギャラリー】日産のロングセラーにまで成長! 歴代セレナを振り返る


■マイチェンの影響は? 最新中古車事情

 中古車の価格が大きく変動するタイミングといえば、世代交代を行うフルモデルチェンジや意匠の変更を行うマイナーチェンジなどが挙げられる。

 最近では、安全装備の充実や運転支援システムのアップデートを行う一部改良でも値動きが活発となる。この現象は自車はもちろん、ライバル車が行っても中古車の価格に影響を与えるのだ。

 今回は2018年ミニバンで新車販売台数No.1に輝き、2019年8月にマイナーチェンジを行った日産「セレナ」の中古車事情について紹介したい。

2019年8月にマイナーチェンジした日産「セレナ」。顔つきが、ライバルのトヨタ「ヴォクシー」などのようにドヤ顔に変更された

 5代目となる現行型セレナは2016年8月に登場。ライバルとなるトヨタ「ヴォクシー/ノア」は2014年1月、ホンダ「ステップワゴン」が2015年4月なので、同じカテゴリーのなかでは最も新しいモデルということになる。

 その甲斐あって、ライバル対策はしっかりと行われており、室内長はクラストップの3240mmを確保し広々とした室内空間を実現。また、バックドアは狭い場所でのラゲッジへのモノの出し入れ時に役立つ、ガラス部分のみが開閉可能なハーフバックドアを採用したデュアルバックドアを採用している。

 注目は運転支援システムで、セレナには高速道路同一車線自動運転技術の「プロパイロット」を搭載。簡単なボタン操作で、高速道路などでの追従走行、そして車線の中央をキープする半自動運転を味わうことができ、ライバル車を大きくリードした。

「プロパイロット」は2019年8月のマイナーチェンジで、ACC速度維持の機能が向上するなどの改良が図られた

 また、搭載されるパワートレーンは、デビュー当初はスマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)と呼ばれる2Lガソリンエンジン+ECOモーターを組み合わせたシステムのみだったが、2018年2月にコンパクトカーの「ノート」にも搭載されている1.2Lガソリンエンジンで発電し、その電力によってモーターを駆動させ走行させるシリーズハイブリッドの「e-POWER」を追加した。他社のハイブリッド車とは異なる、モーター駆動による高い走行性能により大ヒット。e-POWER登場後はこちらがセレナの主力モデルとなった。

 そして、2019年8月にマイナーチェンジを実施。内外装が変更され、特にスポーティな外観で人気のハイウェイスターは、日産のアイコンである「ダブルVモーション」グリルにクロームのパターンを採用し大型化され存在感アップ。また、リアのコンビネーションランプには専用設計のLEDランプを採用した。そして、e-POWER搭載車は、従来の15インチアルミホイールから16インチへと1インチサイズアップされ、走行安定性を向上させている。

 さらに安全装備面では、対向車がいる状態でもハイビームでの走行が可能な「アダプティブLEDヘッドライトシステム」をはじめ、「インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」「BSW(後側方車両検知情報)」「RCAT(後退時車両検知警報)」、そして従来オプション設定だった「踏み間違い衝突防止アシスト」などが全車標準装備され、全方位を監視し、迫った危険を未然に防ぐようになった。それでは、最新のセレナの中古車事情を見てみよう。

■マイチェンで未使用中古車も大量! セレナを買うならこれ!

 現在、現行型セレナの中古車の流通台数は約2480台と非常に豊富。そのうち、2019年8月のマイナーチェンジ前が約220台。マイナーチェンジ後もすでに約260台も流通しているのだ。しかも、2019年10月時点の流通台数は約1500台だったので、3カ月で約1000台も増えた計算だ。

 その流通台数の増加に伴い、中古車の平均走行距離も約5000kmから約9000kmまで延びている。そして気になる平均価格の推移だが、3カ月前が約263万円で、今月は約259万円とわずかマイナス4万円にとどまっているのだ。

 さすが、人気車! と言いたいところだが、マイナーチェンジ前の値動きを調べるため2019年1月まで期間を長くしてみたころ、2019年1月時点の平均価格は約264万円で、マイナーチェンジ前の7月に約249.5万円という底値を付けた。

 しかし、その後は値上がりし、2019年10月に最高値となる約265万円まで上昇。その後は値落ちに転じて、約259万円まで下がっているのだ。これはどういうことかというと、走行距離の少ない登録済み未使用車が大量に中古車市場に出回ったということを示している。

マイチェン前のハイウェイスター。このモデルの未使用中古車が多く出回っている

 そこで、流通している中古車の年式と走行距離を見てみると、なんと! 2019年式、走行距離500km以下という中古車が、約522台も流通しているのだ。ほかの年式の流通台数が400台に留まっているなか、2019年式の約1100台というのは驚くべき多さ。しかも、その半数は未使用中古車となっているのだ。

 その未使用中古車のグレードを見てみると、2Lガソリンエンジン搭載車が圧倒的で、人気のe-POWERは少なめだ。最も多いのが2.0ハイウェイスターVで価格帯は約230万~約339万円。次いで2.0ハイウェイスターVセレクションIIで価格帯は約210万~約330万円。

 2.0ハイウェイスターVセレクションIIは前期型だが、2.0ハイウェイスターVは後期型だ。ボディカラーも人気の白や黒が多く流通している。一方、人気の高いe-POWERは、最も多いハイウェイスターVでも約26台しか流通しておらず、価格帯は約300万~約407万円で、前後期型が混じっていて、ボディカラーはほとんどがホワイトだ。

 圧倒的な流通台数を誇る2Lガソリンエンジン車に割安感を感じるが、燃費性能や走行性能などの魅力はe-POWERのほうだ。200万円台で後期型の2L車を手に入れれば、例えe-POWERとの燃費差があっても逆転することはなかなか難しいはず。自分の使い方や走行距離を考慮してグレードを選びたい。

【画像ギャラリー】日産のロングセラーにまで成長! 歴代セレナを振り返る

最新号

ベストカー最新号

【核心スクープ】新型WRX STI情報入手!!!|ベストカー 2020年3月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、スバルが新開発する水平対向4気筒ターボエンジンが搭載される新型WRX STI情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、新型グランエース、新型ハスラー…

カタログ