クルマ好きの永遠の憧れポルシェ ケイマン&ボクスターを中古で買う!!

 クルマ好きの多くが、1度は手に入れたい! と挙げるクルマがポルシェだ。なかでもブランドのアイコンとなっている911は新車、中古車問わず人気が高い。

 初の水冷エンジンを搭載した1998年~2004年に販売された996型と呼ばれる911だけは例外的に安くなっているが、このモデル以前の空冷エンジンを搭載した911の中古車相場は跳ね上がり手が届かなくなってしまっている。

 初代からRRの駆動方式を採用している911が欲しいけれども、手が届かない! そんな人たちにオススメしたいのがMR駆動のケイマンとボクスターだ。

 クーペモデルのケイマンに設定されるGT4と呼ばれるモデルのパフォーマンスは911よりも上と言われているほど。

 そこで、今回はとにかく、ポルシェのスポーツカーに乗りたい!という人にケイマン、ボクスターの中古車事情について紹介しよう。

文:萩原文博/写真:PORCHE

【画像ギャラリー】現行ポルシェ718シリーズの最高峰!! 718スパイダー&718ケイマンGT4はどちらも1200万円オーバー!!


ボクスターは2代目で大きく進化

初代ボクスターは1996年にデビュー。20年以上経過している中古車はかなり安く購入できるが、購入する時はトラブルなどの覚悟が必要

 モデルとしての歴史が長いのはオープンモデルのボクスターだ。初代ボクスターが日本市場に導入されたのは1996年。

 さすがに20年以上前のモデルが中心なので今回は詳しくは紹介しないが、現在の平均価格は約128万円で価格帯は約55万~約278万円で最も低価格で乗れるポルシェと言えるだろう。

 本題はここから。

初代ボクスターからキープコンセプトのデザインで登場したが、初代に比べると格段に洗練されている。また、次々にモデルを進化させていった

 ボクスターは2004年にフルモデルチェンジを行い、2代目へと進化。そして遅れること1年、初代ケイマンが日本市場に導入される。シャシーは初代ボクスターを流用しているものの、部品点数の約50%は997型911と共通となった。

 そして2008年にマイナーチェンジを行い、新型のエンジンに変更されるとともに、ミッションのATが従来のティプトロニックSからデュアルクラッチのPDKに変更されたのが注目点となる。

2代目ボクスターの1年遅れでデビューしたのがクーペボディのケイマン。911がRRなのに対しミドシップレイアウトを採用するスポーツカー

2代目ケイマンGT4は911を凌ぐ性能

 3代目ボクスターそして2代目ケイマンは2012年に登場。シャシーの約47%にアルミを使用。ミッションが装着される周辺にはマグネシウム合金を採用することで、ねじれ剛性が約40%向上した。

誰が見てもポルシェとわかるボクスターのエクステリアデザインは代を追うごとに大型化しながらも質感が大幅にアップしている

 全長及びホイールベースが延長され、ボディは大きくなっているが車両重量は軽量化されている。

 ベーシックモデルに搭載されるエンジン排気量はダウンサイジングされ2.7L。上級グレードのSは3.4Lでともに水平対向6気筒エンジンを搭載していた。

 2014年にはボクスター、ケイマンそれぞれに最高出力330psにアップしたGTSを追加。

ケイマンの最強モデルとして投入されたのがGT4で、911カレラの3.8Lフラット6を搭載。重量配分に優れているため運動性能が高い

 さらに2015年には911カレラSの3.8L水平対向6気筒エンジンを搭載したボクスタースパイダーとケイマンGT4を追加。

 最高出力385psを発生するエンジンを搭載したGT4がケイマン最強にして911を上回るパフォーマンスを発揮するスポーティモデルだ。

現行モデルは栄光の718を名乗る

ポルシェにとって栄光の車名である718が与えられたボクスター。初代から続いたポルシェの入門的オープンというキャラクターではなくなった

 ケイマン、ボクスターは2016年にそれぞれ、718ケイマン、718ボクスター車名変更された。

 この変更は搭載されているエンジンがこれまでの水平対向6気筒自然吸気エンジンから水平対向4気筒ターボエンジンに変更されたことによるもの。排気量も2Lと2.5Lにダウンサイジングされた。

 名前の718は4気筒エンジンをミッドシップに搭載したレーシングカーの「ポルシェ718」がルーツとなっている。

718ボクスターのクローズドバージョンというキャラクターを強めた718ケイマン。2代目に比べて本格スポーツ度が増している

 これまでは、ボクスターがエントリーモデルとなっていたが、このモデルからは911と同様にクーペよりオープンモデルのほうが価格は高くなり、クーペの718ケイマンがエントリーモデル、オープンの718ボクスターが上級モデルというポジション変更が行われている。

 それでは、ケイマン、ボクスターの中古車事情について見てみよう。

2代目ボクスター&初代ケイマンの中古車事情

 まず、2代目ボクスターと初代ケイマンから。

 2代目ボクスターの中古車の流通台数は約108台で、直近3カ月の間は多少の増減はあるもののほぼ横這いとなっている。

 中古車の平均走行距離は3カ月前が約5.4万kmで、今月は約5万kmと減少している。この動きにリンクして、平均価格は3カ月前の約240万円から今月は約245万円とわずかな値上がりを見えている。

2代目ボクスターのインテリア。中古車ではいろいろなインテリアカラーのものが出回っているため、インテリア選びでもかなり悩むところ

 価格帯は約128万円~約838万円で、高価格帯にはスパイダーが並ぶいっぽう、200万円以下の中古車も約36台流通している。

 いっぽうの初代ケイマンの中古車の流通台数は約118台。3カ月前が約105台だったので微増といったところ。

初代ケイマンは911の弟分という位置づけながら、動力性能、ハンドリング性能ともさすがはポルシェと納得させられる

 中古車の平均走行距離は3カ月前が約4.3万kmで、今月は約4.9万kmと延びているものの、平均価格は約282万円で横這いとなっている。

 価格帯は約150万円~約569万円で、ケイマンで200万円以下の中古車は約16台とボクスターと比べると少なめだ。この世代での価格帯はボクスターのほうが幅広いが、低価格車が多く流通しているのが特徴。

2代目ボクスターの中古車情報
初代ケイマンの中古車情報

3代目ボクスター&2代目ケイマンの中古車事情

ボクスターは2代目から高性能バージョンとしてスパイダーをラインナップ。当然ながら中古車マーケットでも高値安定傾向にある

 続いては、3代目ボクスター、2代目ケイマンを見てみる。

 3代目ボクスターの中古車の流通台数は約131台で、3カ月前の約100台から増加している。

 中古車の平均走行距離を見てみると、3カ月前の約2.3万kmから約2.6万kmまで延びており、この影響で、中古車の平均価格は3カ月前の約535万円から今月は約520万円へと順調な値落ちを見せている。

 価格帯は約360万円~約1340万円で、1000万円以上のプライスを付けているのはハイパワーエンジンを搭載したスパイダーが中心だ。

 いっぽうケイマンの流通台数は3カ月前が約105台で、今月は約115台と微増。

 中古車の平均走行距離は3カ月前が約2.3万kmで、今月は約2万kmへと短くなっている。

2代目ケイマンのスパルタンながら機能性に優れたインテリア。メーター類の視認性、操作系の扱いやすさもポルシェの魅力

 しかし、平均価格は3カ月前、今月共に約598万円と目立った動きはない。価格帯は約360万~約1980万円で、GT4は約870万円~約1235万円となる。

 この世代は1000万円以上の中古車はボクスターのほうが多いが、走行距離が少なく価格の高いクルマの割合がケイマンのほうが多いため、中古車相場が高くなっている。

3代目ボクスターの中古車情報
2代目ケイマンの中古車情報

718ボクスター&718ケイマンの中古車事情

 そして、現行モデルの718ケイマン、718ボクスターを見てみよう。

 現在718ケイマンの中古車の流通台数は約104台。3カ月前が約80台だったので増加中だ。

718ケイマンは2016年デビューながら中古車のタマ数は豊富。まだまだ中古相場は高いが、新車を買うより買い得感の高いモデルを探すこともできる

 中古車の平均走行距離も3カ月前の約6000kmから約8000kmと延びている。しかし、平均価格は3カ月前の約690万円から今月は約700万円へとやや値上がり傾向となっている。

 718ケイマンの中古車の価格帯は約489万円~約1040万円。GT4などのスペシャルモデルがないぶん2代目ケイマンより最高価格は安くなっている。

 そして718ボクスターの中古車の流通台数は約94台で、3カ月前の約60台から増加している。

デビューは718ケイマンと同じながら、安い価格帯の中古車が多く出てきているので718ケイマンに比べてお得感の高いモデルが探しやすくなっている

 流通している中古車の平均走行距離は3カ月前の約6500kmから約7000kmへと延びているが、平均価格は3カ月前の約760万円から約690万円へとわずか3カ月で70万円大幅値落ちを記録。

 この値落ちでケイマンと平均価格が逆転してしまった。中古車の価格帯は約488万円~約1090万円。価格帯自体は718ケイマンと同じだが、価格の安い中古車が市場に多く流入したということだろう。

718ボクスターの中古車情報
718ケイマンの中古車情報

憧れで終わらせる必要はない

 こうして3世代のケイマンとボクスターを比較してみたが、オープンカーのボクスターのほうが初代は200万円以下の低価格車が多かったり、現行型では大幅値落ちをみせたりするなど現時点ではボクスターのほうが買い得感は高くなっている。

 2代目ボクスターが軽自動車と同じ200万円以下で手に入るのだから、憧れで終わらせる必要はないかもしれない。

 現在狙うのならば、やはり水平対向6気筒エンジンを搭載したモデルだ。 現在、911もターボエンジン主流となっていて、自然吸気エンジン車が値上がりの動きを見せている。

 したがって2代目ボクスター、初代ケイマンの2008年のマイナーチェンジ後のモデルそして3代目ボクスター、2代目ケイマンを価格が落ち着いている時に狙いたい。

2代目ボクスターは2004年デビューだから初期モデルは約16年落ちとなるが、軽自動車の新車価格と同じか安いくらいで買えるのはビッグチャンス!!

【画像ギャラリー】現行ポルシェ718シリーズの最高峰!! 718スパイダー&718ケイマンGT4はどちらも1200万円オーバー!!