ランエボワゴンを中古で買うなら今しかない!!販売台数わずか3000台弱


 三菱を代表する名機、4G63型2L直列4気筒ターボエンジンを搭載したスポーティモデルの三菱ランサーエボリューション。

 ラインアップはI~X(10)まであり、各モデルに思い入れの強いファンがいて、中古車となってからでも非常に人気の高いモデルだ。

 ランサーエボリューションというとWRC(世界ラリー選手権)でも圧倒的な強さを誇った4ドアセダンを思い浮かべるが、2005~2007年という短い期間だけ台数限定で販売されたランサーエボリューションワゴンがある。

 セダン譲りの高い走行性能と利便性を両立したステーションワゴンなのだ。

 今回はこのハイパワーエンジンを搭載した豪快ワゴンのランサーエボリューションワゴンの中古車事情を紹介する。

文:萩原文博/写真:MITSUBISHI

【画像ギャラリー】不世出の豪傑ワゴンのランサーエボリューションワゴンは走りと利便性を両立した希少モデル


ランサーエボリューション史上唯一のステーションワゴン

セダンボディのランエボIXをベースにステーションワゴン化したのがランエボワゴンで、2005年に2500台限定で販売された

 ランサーエボリューションワゴン(以下ランエボワゴン)は2005年9月7日に車両本体価格341万2500~346万5000円として限定2500台で販売開始された。

 ランエボワゴンは2005年に登場したランエボIX(9)セダンをベースにランサーワゴンのボディサイドパネルやルーフパネルを流用。

 さらに高出力エンジンに合わせてリア周りを重点的に補強した軽量かつ高剛性のワゴンボディを採用。

ルーフラインは一直線で少々武骨なイメージを覚えるが、前後のフェンダーはボリューム感があるので迫力満点

 エンジン出力は組み合わされるミッションによって異なり、6速MTのGTグレードは最高出力280ps、最大トルク392Nmを発生。いっぽう5速ATのGT-Aグレードは最高出力272ps、最大トルク343Nmを発生している。

後輪の左右の駆動力をコントロールするスーパーAYCは装着されていないが、ACD(アクティブセンターデフ)により路面状況に関係なく優れた走行性能を発揮

 ハイパワーエンジンを搭載するため、ボディは補強を施されている。

 A、B、C、Dの各ピラーとルーフの結合部の補強に加えて、大型リアクロスメンバーの追加、リアフロアとリアホイールハウスそしてボディサイドストラクチャーの結合を強化して、ボディの捻り剛性を大幅に向上させている。

 さらに、リアショックアブソーバー上部のボディ取付部周辺へ補強材の追加に加えて、テールゲート開口部には約50点のスポット溶接増しを行い、必要最低限の重量増で効果的に補強を行っている。

 また、ランエボIXで採用したアルミフード、アルミフロントブリスターフェンダーなどを採用している。

 ラゲージルームはランサーワゴンより少ない530L(5人乗車時)となっているが、6:4分割可倒式リアシートや3分割式のラゲッジアンダーBOXなどを装備し、使いやすい仕様となっている。

ノーマルのランサーワゴンよりはラゲッジ容量は小さいが、セダンに比べると積載量、積載性とも優れている。実用性の高さもランエボワゴンの魅力

バリエーションは合計で4パターン

 2006年8月29日には、セダンのランエボIXと同様に、ランエボワゴンもミツビシレーシングの頭文字を取ったMRの冠を与えられた、ランサーエボリューションワゴンMRへと進化する。

 変更点は6速MT車に搭載されるエンジンのMIVECを最適化させたほか、ターボチャージャーのタービンホイール材質をチタン合金に変更。

2006年にランエボIX MRと合計で1500台限定販売されたランエボワゴンMR。実際の生産台数は401台とランエボワゴンの約6分の1

 同時にコンプレッサーホイール入口径を縮小させたことにより、レスポンスを向上させている。

 外観では、フロントバンパー左右株のエアダム形状を若干下方に延長することで、空気抵抗の低減とフトントダウンフォースの強化を実現。

 さらに、ホイールハウス内にこもる空気を効果的に排除できるようになった。車両本体価格341万2500円~348万6000円となっている。

 この結果、ランエボワゴンはランサーエボリューションワゴンとランサーエボリューションMRの2モデルがあり、ミッションはそれぞれ6速MTと5速ATの合計4モデルが存在している。

 それでは、最新の中古車事情はどのようになっているのだろうか。

次ページは : 生産台数はわずか3000台弱

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ