めっちゃ便利? 高いし使わない?? 三列シートSUVはミニバンの代わりになるか?

めっちゃ便利? 高いし使わない?? 三列シートSUVはミニバンの代わりになるか?

 2017年登場のマツダCX-8はマツダが翌2018年にミニバン市場から撤退したという社内事情もあり、大きなボディサイズも生かし3列目シートを持つ点をアピールした。

 CX-8の3列目シートは後述するように十分使えるものだったこともあり、CX-8の登場以来3列シートSUVに対する注目が高まりはじめた。

 そのため最近は「3列目シート車を買うならミニバンか3列目シートを持つSUVか?」と迷う人も増え始めており、当記事では日本車に7台ある3列目シートを持つSUVの3列目シートの実用性をチェックする。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、LEXUS、NISSAN、HONDA、MITSUBISHI、MAZDA

【画像ギャラリー】使い方次第で価値は無限大!! 3列シートSUVのインテリアをもっと詳しく見る!!


トヨタランドクルーザー&レクサスLX

ポイント:GXのみ5人乗り(ランクル)、5人乗り、8人乗りは同価格(LX)

ランドクルーザー:全長4950×全幅1980×全高1880mm、室内長2690×室内幅1640×室内高1200mm、482万6800~697万4000円
LX570:全長5080×全幅1980×全高1910mm、室内長2760×室内幅1650×室内高1170mm、1135万6481円

 日本車SUVの王様的存在となるランドクルーザーは廉価グレード以外、搭載されるV8エンジンの排気量をランドクルーザーの4.6Lから5.7Lに拡大するなどしてレクサス版としたレクサスLXは5人乗りと8人乗りの設定という形で3列目シート仕様を持つ。

 同じものとなる2台の3列目はボディサイズが巨大なこともあり、特に1980mmという全幅を生かした広い室内幅が効いており、広さ自体は大人でも十分座れるものを備えている。

 しかしクルマ自体がフロアの高い本格クロスカントリーSUVのため3列目の室内高が低いため体育座りのような着座姿勢になるのと爪先が2列目シート下に入れにくいため、長時間の乗車は厳しいのでこの点はチェックが必要だ。

ランクル、LXともにボディサイズが大きく、室内スペースにゆとりがあるので、3列目シートの居住スペースは広いが、着座姿勢に少々難あり(写真はランクル)

トヨタランドクルーザープラド

ポイント:7人乗りは15万7300円高

ランドクルーザープラド:全長4825×全幅1885×全高1850mm、室内長2520×室内幅1565×室内高1240mm、360万3600~546万2600円

 ランドクルーザープラドは俗に200系と呼ばれる前述したランドクルーザーを基準にすれば、日本でも特に全長が約200mm短いぶん、使いやすいボディサイズとなる本格クロスカントリーSUVだ。

 2人掛けで乗車定員7人となる3列シート仕様は全グレードに設定され、最上級のTZ-Gは3列シート仕様のみとなる。なお3列シート仕様は2列目シート仕様に対し、約16万円高い。

 ランドクルーザープラドの3列目シートもボディサイズに違いによりランドクルーザーほどではないものの、大人でも十分座れる広さは確保されている。

 しかし体育座りのような着座姿勢となるため、長時間の乗車は厳しいのもランドクルーザーと同じなのでこの点は確認しておきたい。

大型SUVだが、サードシートはそれほど豪華ではない。写真からも3列目シートの着座位置が高いのがわかるハズ

レクサスRX450hL

ポイント:6人乗り、7人乗りは同価格

RX450hL:全長5000×全幅1895×全高1725mm、室内長2630×室内幅1590×室内高1200mm、796万円

 レクサスRXは先々代までのハリアーのポジションに位置するFF乗用車ベースのプレミアムラージSUVだ。

 2015年登場の2代目となる現行モデルは当初2列シート仕様のみだったが、CX-8とほぼ同時期の2017年12月にリアオーバーハングを110mm延長することで2人掛けシートを加えたRX450hLを追加。

 RX450hLの2列目シートは3人掛けベンチシートと独立したキャプテンシートが2つ並ぶ仕様が選べ、それに伴い乗車定員も同価格で6人か7人となる。なおRX450hLと2列目シート仕様の同等のグレードとの価格差は40万円だ。

元々2列仕様で設計されていたRXにリアのオーバーハングを伸ばして3列目シートを組み込んだため、豪華ではあるが快適性には少々劣る

 RX450hLの3列目シートは3列シートSUVのなかでも3列目シートへアクセスしにくいのに加え、横方向こそそれなりの広さがあるものの、足元は狭く、頭上も間近にリアウィンドウがあるなど、エマージェンシー的なものとなる。

 そのためボディサイズを考えると使えない3列目シートと言わざるを得ず、40万円の差額には首を傾げてしまう。RX450hLを選ぶなら「エマージェンシー的な3列目シートと、全長が長い分で広いラゲッジスペースを買った」と考えるほうがいいだろう。

RXの場合はリア部分を延長して3列シート仕様としているため、乗降性はそのほかの3列シートSUVに比べると厳しい

次ページは : 日産エクストレイル

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ