相場高騰中!! 屈指の入手困難車 マークX GRMNは見つけたら即買い!!


 2019年12月に惜しまれながら生産中止となってしまったトヨタのFRスポーツセダンのマークX。生産中止後にマークXの中古車相場が上昇傾向にあるようだ。

 そのマークXにおいてクルマ好きが注目するモデルといえば、Gazoo Racingの渾身作であるマークX GRMNだろう。

 マークX GRMNは2度にわたり販売され、どちらも限定だったこともあり、両方合わせても450台しか販売されなかった激レア車だ。

 マークX GRMNの中古車はどのくらい市場に出回っていて、どのくらいの相場となっているのかを、萩原文博氏が考察する。

文:萩原文博/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】新車は発売後即完売!! マークX GRMNは2タイプ合計450台しか存在しない超絶レアグルマ


Gazoo Racingが手掛けた市販車のヒエラルキーの頂点がGRMN

マークXにはGRMNのほかに、ノーマルとはひと味違うスポーツモデルとしてG’sをラインナップしていて人気が高かった

 2017年9月19日、トヨタはこれまでスポーツコンバージョン車シリーズ「G Sports(通称G’s)」に変わり、「GR」というスポーツカーシリーズを投入した。

「GR」は、「もっといいクルマづくり」を目指すGAZOO Racing Companyが参戦している、ニュルブルクリンク24時間耐久レースや、全日本ラリーなどのモータースポーツ活動を通じてクルマと人を鍛え、そこで得た知見やノウハウを注ぎ開発した新しいスポーツカーシリーズだ。

 モデル体系としては、エンジン内部にもチューニングを施した数量限定販売の「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルの「GR」、ミニバンなどにも設定し、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GRSPORT」の3タイプを設定。

 さらにカスタマイズを楽しめるアフターパーツ「GR PARTS」も用意している。

2017年9月にG’sに代わる専用チューニングモデルをGRとして販売することを発表。写真のとおり7車種に設定されてスタートした

 このGRシリーズの頂点となるGRMN(MNはマスターオブニュルブルクリンクの略)はこれまで、iQ、ヴィッツ、86、そしてマークXの4車種しか設定されていない。

 今回は2019年に販売終了したマークXに設定されたGRMNに中古車事情について紹介しよう。

第1弾は2014年に発売開始

3.5L、V6DOHCを搭載する350SをベースにGazoo Racingが専用チューニングを施した。エンジンは321ps/38.7kgmと3psアップ

 マークX  GRMNは2014年12月18日に限定100台で車両本体価格540万円そして、2019年3月11日に限定350台、車両本体価格513万円でそれぞれ販売された。

 2014年に販売されたマークX GRMNはマークX350Sをベースに6速MTを組み合わせた「大人のスポーツFRセダン」に仕立てた。

 外観はフロントのバンパーやスポイラーを空力性能に配慮したデザインとして、サイドミラーカバーをブラックとするなど、スポーティさを強調している。インテリアは専用スポーツシートをはじめ、サイドブレーキを手引き式に変更するなどこだわりが感じられる。

マークX GRMN用として専用開発された6MT。マークII時代から久々にマニュアルミッションが復活。シフトフィールはかなりいい

 シャシーでは、サスペンションの専用チューニングをはじめ、補強用ブレース、ドアスタビライザーの追加によるボディ剛性の向上させている。

 走行性能では専用トルセンLSDおよび前後で異なるタイヤサイズの採用のほか、ブレーキ部品の軽量化などにより、GRMNならではの「走りの味」を演出。さらに、CFRP製ルーフパネルやスポイラー(フロント・リア)を採用し、軽量化を図るなど、走行性能を一層向上させている。

 2014年発売モデルでCFRP製のカーボンルーフ&パネルは27万円のオプションとなっている。

27万円のオプションとしてカーボンルーフが用意されていた。中古車を購入する場合はルーフは大きなチェックポイントとなる

次ページは : 第2弾は2019年に発売開始

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ