圧倒的な人気を誇るトヨタシエンタが中古車市場でもとっても魅力的!!

 2020年6月に新型が登場したトヨタ「ハリアー」のように、一旦車種の廃止が決まったものの、フルモデルチェンジを行い延命という例は少なくない。

 しかし、2003年に登場したコンパクトミニバンのトヨタ「シエンタ」は2010年10月に一旦生産終了となるものの、2011年5月にマイナーチェンジを行い奇跡の復活を遂げた。それぐらいシエンタはコンパクトミニバン市場で高い人気を誇っていたのだ。そして、奇跡の復活から4年後の2015年7月にフルモデルチェンジを行い、2代目となる現行型シエンタが登場した。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめた2019年1~12月の累計販売台数では、1位 トヨタ「プリウス」:12万5587台、2位 日産「ノート」:11万8472台、3位 トヨタ「シエンタ」:11万880台と、3列シートミニバンで1位(全体で3位)を獲得している。

 今回は登場から間もなく5年が経過しても、コンパクトミニバンで圧倒的な人気を誇るベストセラーカーの「シエンタ」の中古車事情に迫ってみる。

文/萩原文博
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】歴代シエンタと大人気となっている現行型シエンタの詳細をチェック!!


■個性派ながら大人気となったトヨタ最小ミニバン

 2015年7月に現行型シエンタは、小さなサイズながら多彩なライフスタイルにマルチに応える「ユニーバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン」として登場。そして、多彩なライフスタイルにマルチに応えるということを具現化した、車イス仕様車(助手席側セカンドシート付)を型式指定とするなど福祉車両を普通のクルマとして取り扱っている点はシエンタの美点のひとつである。

 初代モデルは丸いヘッドライトを採用したファニーフェイスが特長だったが、現行モデルはトレッキングシューズをイメージとした機動性と動感をアイコニックに表現。

2015年に登場した現行型(2代目)シエンタ。「Active & Fun」をキーワードに「トレッキングシューズ」をモチーフとしてデザインされた
2003年に登場した初代シエンタ。キリっとした現行型とは違い、丸目のファニーフェイスだった

 フロントライト周りや、サイドビューそして、リアコンビ周りにひと筆書きをモチーフとしたグラフィックを採用。特にフロントマスクは”歌舞伎顔”と呼ばれた。しかし、このような個性的なフロントマスクとなっても人気に全く陰りはなく、2019年(1~12月)の新車登録台数は11万880台で堂々の3位。ミニバンに絞れば圧倒的な差を付けて第1位となっている。

 シエンタの人気の要因のひとつは全長4245mmというコンパクトな5ナンバーサイズのボディに、6人/7人乗りの3列シートをレイアウトしていることだ。

 先代モデルに比べて、ゆったりサイズとなったサードシートは5:5分割可倒式を採用。さらに、折り畳むとセカンドシートの下にスッポリと収納されるダイブイン機能が付いている。こういった高いホスピタリティが小さなお子さんのいる家族に高く評価され、コンパクトミニバンにおいてシエンタは強いブランド力を発揮しているのである。

シエンタの室内。3列目は2列目の下にダイブインする。ライフスタイルに合ったシートアレンジが可能だ

 シエンタに搭載されているパワートレーンは、高効率の1.5L直列4気筒ガソリンエンジンと1.5Lガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2種類。駆動方式は2WD(FF)を中心に、1.5Lガソリン車には4WDを用意する。燃費性能は、JC08モードでハイブリッド車は27.2km/L、ガソリン車でも2WD車は20km/Lを超える優れた燃費性能を実現する。 

 2015年7月に登場した現行型シエンタは、2017年8月に特別仕様車の「クエロ」を設定。上級グレードの「G」をベースに合成皮革とファブリックを組み合わせたコンビシートを採用。衝突回避支援パッケージの「トヨタセーフティセンスC」を標準装備するなど充実した装備が特長だ。

 そして、2018年9月にマイナーチェンジを行い、内外装の変更を行うとともに、特別仕様車の「Gクエロ」をカタログモデルに昇格させ、2列シート5人乗りの「ファンベース」を設定。さらに、ハイブリッド車の燃費性能は28.8km/Lまで向上した。

 2019年10月にはアウトドアユースを意識し、アクティブ感をプラスした特別仕様車の「グランパー」を発売。そして2020年1月には、通常オプション設定されているインテリジェントクリアランスソーナーを標準装備し、運転支援システムを充実させた「Gセーフティエディション」を立て続けに発売。

特別仕様車「グランパー」(TRDのオプションを装着)。カジュアルなアウトドアの雰囲気に合うスタイリングとなっている

 そして2020年6月には一部改良を行い、ヘッドライトのLED化をはじめ、上級グレードにはスライドドアに近づくだけで、自動的に開くウェルカムパワースライドドア機能を追加するなど利便性が向上した。

■ハイブリッドは割高感 1.5Lガソリンモデルが狙い目

 それでは、現行型シエンタの中古車事情を見てみよう。

 現行型シエンタの中古車の流通台数は、2020年6月時点で約3230台。需要期の3月の時点約2950台で、ゴールデンウィークまで増加し、ピーク時には約3400台に達した。その後も3000台をキープしており、非常に豊富となっている。

2020年6月に一部改良された現行型。ヘッドライトのLED化、スマートエントリー&プッシュスタートシステムの機能に、ウェルカムパワースライドドア機能が追加された

 中古車の平均走行距離を見てみると、3カ月前の時点では約2.2万kmで、現在は約2.5万kmまで延びている。そして中古車の平均価格の推移見てみると、3カ月前が約170万円だったのだが、6月は約162万円と8万円の値落ち。特に3月~4月の外出自粛のタイミングでは1カ月で約5万円と大きく値落ちしているのだ。

 2019~2020年式で走行距離500km以下という未使用中古車が約370台も流通しているにも関わらず、値落ち傾向を示したというのは現行型シエンタが登場してちょうど5年。2回目の車検を迎えたクルマが、中古車として市場に流れていると考えられる。

 マイナーチェンジを行った2018~2019年式でも約4万円の値落ちを記録しており、流通台数の豊富な前期型を含めてシエンタは値落ちムードとなっている。

●こちらをクリックすると「現行型シエンタ」の中古車情報が見られます

 現在、現行型シエンタの価格帯は約59万~約300万円と幅広く。100万円以下に絞ると、まだ約100台しか流通していないのは人気モデル故の高値安定傾向が続いていた影響だ。約3200台の現行型シエンタの中古車のうち、ハイブリッド車は約1200台、ガソリン車が約2000台と圧倒的にガソリン車の方が多い。人気車であるシエンタなので、中古車となってもハイブリッド車は割高感があるので、狙い目は1.5Lのガソリンだ。

 中古車のグレード構成を見てみると、装備の充実した「G」がガソリンもハイブリッドも中心で、ガソリン車の「1.5G」が約980台、ハイブリッド車の「ハイブリッドG」が約900台とこの2グレードが中心だ。

 エントリーグレードの「X」も台数は豊富だが、快適装備面で物足りなさもあるので、価格が安いと言ってもオススメはしづらい。合成皮革とファブリックのコンビシートやインテリジェントクリアランスソーナーなど装備が充実した「Gクエロ」もガソリン車が約240台、「ハイブリッドGクエロ」も約160台もあるので、小さなお子さんのいる家族はこちらを積極的に狙ってもらいたい。

 その理由は、インテリジェントクリアランスソーナーがあれば、ペダルの踏み間違いをしても誤発進を抑えてくれるし、コンビシートはお手入れがラクチンだからだ。

 そのほかでは、2018年のマイナーチェンジに追加された5人乗りの「ファンベース」はガソリン車が約55台、ハイブリッド車は約30台と少なめ。そして、ガソリン車に設定された特別仕様車の「グランパー」は約10台、「セーフティエディション」は約12台とかなり少なめ。こうしたモデルを探すのであれば、装備の充実し、流通台数が多い「G」グレードを探したほうが、条件にピッタリのクルマは見つけやすい。

【画像ギャラリー】歴代シエンタと大人気となっている現行型シエンタの詳細をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ