新型レヴォーグ先行予約開始!! 発表は10/15 全情報を徹底紹介


 2020年8月20日、全国のスバルディーラーで新型レヴォーグの先行予約が開始された。このタイミングで各販売店では新型の資料配布を開始。スバル公式サイトでも新型の紹介サイトがオープンしている。

 レヴォーグといえば、大ヒット車であり日本におけるワゴンブームの牽引役であったレガシィの実質的な後継車として2014年4月に発表(発売は6月)。それから約6年半で、2代目となる新型の登場となる(新型レヴォーグの正式発表は2020年10月15日、発売は11月予定)。

 思い起こせば初代(現行型)レヴォーグ(現在はオーダーストップで在庫販売のみ)が登場してから約6年半、日本の新車市場も大きく状況が変わっている。ワゴン車のライバルも変わった。それでもレヴォーグは多くのファンに愛され続けてきたわけだが、ではそのバトンを引き継ぐ新型の「でき」はどうか。さらなるヒットは望めるのか。

 スバル渾身のフルモデルチェンジの成果やいかに。

 辛口批評で名高いモータージャーナリストの渡辺陽一郎氏に、新型レヴォーグを徹底的にチェックしていただいた。
文:渡辺陽一郎 写真:池之平昌信、SUBARU

【画像ギャラリー】新型レヴォーグ正式発表前に全部見せ!! 質実剛健の塊だった…

■かつて大ブームを巻き起こした「ワゴン」

 近年の車種構成を振り返ると、ワゴン(ステーションワゴン)は車種数を大幅に減らした。以前はトヨタならマークIIクオリス&ブリット/アベンシス/カルディナ、日産はステージア/アベニール/ウイングロード、ホンダはアコードツアラー、三菱ランサーワゴンなどが用意されたが、今ではすべて廃止された。ワゴンの需要は、日本では車内を大幅に広げたミニバンに押され、北米などの海外ではSUVに奪われている。その結果、各メーカーは「ワゴン」カテゴリーの車種数を激減させている。

 しかしワゴンというカテゴリーの魅力は健在だ。

新型(2代目)レヴォーグ(プロトタイプ)。初代(現行型)が登場した2014年からずっと、日本のワゴン市場を牽引してきた

 基本形状はセダンのルーフを後方まで伸ばしたものだから、荷室高が低く背の高い荷物は積みにくい。その代わり重心は低く、セダンに近い走行安定性を発揮する。高重心のミニバンやSUVに比べると、危険を避ける性能も高い。低重心だから左右に振られにくく、乗り心地も向上させやすい。

 つまりセダンの「安心と快適」に、便利な荷室の機能とアクティブな外観を加えたのがワゴンだ。そのために日常的に長距離の高速走行が多い欧州では、今でもワゴンの人気が高い。欧州車にもワゴンが豊富に用意される。

 このワゴンの性格は、走行安定性を含めた安全性と、運転の楽しさを重視するスバルの考え方に合う。そこでスバルは古くからワゴンに力を入れ、1989年以降はレガシィツーリングワゴンが定番商品になった。2014年には後継車種の従来型レヴォーグを発売した。

 従来型レヴォーグは、全長が4690mm、全幅は1780mmに収まってマツダ6ワゴンよりも小さい。走行安定性、狭い道の取りまわし性、室内空間の広さをバランス良く両立させた。

新型レヴォーグのリアショット。先代と比べるとひと回り大きくなっているが、取り回しの感覚や見た目は「大きくなったな」というイメージはない

 外観もワゴンらしく伸びやかで内装は上質だ。スバル独自の水平対向4気筒エンジンと4WDによって走行性能も優れ、ワゴンの車種数が減ったこともあり、レヴォーグに需要が集まった。レガシィツーリングワゴンからの乗り替えもあり、先代型は2015年には、1か月平均で約2500台を登録している。モデル末期の2019年も1か月平均で1000台以上が登録され、ワゴン需要を支えた。

 そして2020年8月20日に、新型レヴォーグの先行予約が開始されたのでプロトタイプを試乗した。以下、新型レヴォーグ(プロトタイプ)の特徴を紹介しつつ、従来型(先代)からの進化のポイントや、他のワゴン車との比較、スバルのクルマ造りの変化についてお知らせしたい。

【画像ギャラリー】新型レヴォーグ正式発表前に全部見せ!! 質実剛健の塊だった…

■全長が65mm、全幅が15mm拡大したが最小回転半径は変わらず

 新型の性格は基本的に従来型を踏襲している。ボディサイズは全長が4755mm、全幅は1795mmだ。全長は65mm伸びたが、ボディが大きくなった印象はさほどない。

 外観に躍動感を演出するため、サイドウインドウの下端は後ろに向けて大きめに持ち上げた。従って斜め後方の視界は従来型よりも悪い。最小回転半径は従来型と同じだが5.5mで少し大回りだから、購入時には車庫入れや縦列駐車を確かめたい。それでも新型レヴォーグは、ワゴンの中では運転しやすい部類に入る。

操縦安定性や(走行中の)室内の快適性は各段に向上。あらゆるレベルの運転者が、先代から乗り換えると「おお、進化したな…」とすぐ気づくレベル

 車内はミドルサイズワゴンでは十分に広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ半だ。4名乗車にも適する。シートの座り心地も向上した。少し硬めだがボリューム感を伴う。前席は背中から大腿部を確実に支えるため、峠道などを走っても着座姿勢が乱れにくい。

 エンジンは新開発された直列4気筒1.8Lターボのみを搭載する。従来型の1.6Lターボは、自然吸気のノーマルエンジンに換算すると、2.5L相当の性能だった。実用的には十分だが、レヴォーグのスポーティな性格を考えると少しパワー不足だった。その点で新型の1.8Lターボは、最高出力が177馬力(5200~5600回転)、最大トルクは30.6kg-m(1600~3600回転)で3Lに相当する。

エンジンは(現時点で発表されている限りでは)新開発1.8Lターボの一種類のみ。従来の1.6Lターボエンジンより排気量も馬力もトルクもアップしていて、さらに燃費(WLTCモード)が向上している

 ただし加速感は好みが分かれる。最大トルクの発生領域では、余裕のある加速を行えるが、ターボの特性も相応に強い。アクセルペダルを25%程度一定に踏みながら加速すると、ドライバーが意図した以上に速度を高めようとする。開発者に尋ねると「ターボらしさを意図的に演出した面もある」と返答された。

 従来型には2Lターボもあり、3.8L並みの性能を得ていた。かなりパワフルだったので、2Lターボのユーザーが1.8Lターボの新型に乗り替えると、物足りない気分になるかも知れない。エンジンノイズは従来型に比べると洗練された。音質も改善され、回転感覚が滑らかだ。

次ページは : ■新型プラットフォームがさらに進化

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ