新型レヴォーグついに予約開始!! 全情報と進化版アイサイトXの実力

 遂に、2代目となる新型レヴォーグの全貌が明らかとなった! 8月20日午前0時より、全国のスバルディーラーで先行予約開始が開始され、正式発表は2020年10月15日、発売開始は11月となる予定だ。

 初代レヴォーグは、2014年4月にデビューした、主に日本国内向けのステーションワゴンだ。昨年開催された東京モーターショー2019で、次期型レヴォーグのコンセプトモデルが発表されていたことは、読者諸氏としても記憶に新しいところだろう。

 今回、プロトタイプカーではあるが、クローズドコースにおいて、試乗させていただくことができた。また、最新型となるアイサイトXも体感させていただくことができたので、試乗の感想と合わせて、ご紹介してく。

 なお、本記事の新型レヴォーグのスペックはすべて、プロトタイプカーの数値である。

文:吉川賢一/写真:SUBARU、ベストカーWEB編集部/撮影:池ノ平昌信

【画像ギャラリー】これは驚いた!! デザイン・走り・先進性ともに超絶進化を遂げた新型レヴォーグの全貌をギャラリーでチェック!!


やや大型化したが、視界性能は抜群に良い

 新型レヴォーグのコンセプトは「継承と超・革新」。レガシーツーリングワゴンの時代から続くグランドツーリング思想「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」を継承し、お客様がレヴォーグへ期待する「革新性」を超えて、更なる高みへ向かう。そのために、デザイン、走り、先進性、いずれの面でもポテンシャルアップを図る、というのが、2代目レヴォーグの使命だ。

フロントバンパーの造形が深くなり、厳つさも持ち合わせたスタイリッシュなデザインに進化。ボディカラーはラピスブルー・パール

 新型レヴォーグのボディサイズは、4755×1795×1500(全長×全幅×全高mm)、ホイールベース2670mm。初代レヴォーグ(4690×1780×1500、ホイールベース2650mm)に対し、全長が65mm伸び、幅が15mm広がり、ホイールベースが20mm伸びた。日本での使い勝手を考慮すれば、このサイズはギリギリだろう。

 新旧の後席の広さを比べると、たった20mmのホイールベースの差だが、後席の足元が随分と広くなったように感じる。荷室長は新旧で維持しており、全長の伸びはホイールベースの拡張と、前後バンパーの意匠チェンジに使われている。

 初代のすっきりしたデザインから、ややアグレッシブな印象を受ける造形へと進化し、新型レヴォーグは、ますます、低く構えたスタイリッシュなスタイルとなった。

比較用として用意されていた初代レヴォーグの1.6STI Sport EyeSight
2代目レヴォーグのGT EXのハンドリングは、欧州車に近いステアリングフィールだ

 サイドのウィンドウラインが低く、また大きなAピラー窓もあるため、低いスタイルながら、運転席からの視界は優れている。これらは、インプレッサスポーツやフォレスターといったスバル共通の良い点だ。

欧州車の香りがする、極上のステアフィール

 初代レヴォーグはハンドリング性能に定評があり、スポーツワゴンとして確固たる地位を築いてきた。しかし新型は、初代のレベルを完全に凌いでいる。

 具体的には、軽快なステアリングフィールと、小さなボディモーション、余計な振動の少なさ、そして低ロードノイズ、これらが初代のそれと比較して、大幅に進化しているのだ。これには驚かされた。

初代レヴォーグもハンドリング性能に定評があるのだが、乗り換えて比較すると、2代目レヴォーグの運転のしやすさは明確に分かる

 それを可能としたのは、車体構造と新たなシャシーアイテムだ。インプレッサから導入された、スバルグローバルプラットフォームを基軸に、フルインナーフレーム構造と、構造用接着剤の塗布長拡大、およびリアハッチゲート周囲への樹脂リンフォース追加など、車体剛性を上げた効果だ。ねじり剛性は初代比でなんと44%も増加している。

 車体設計エンジニアによると、スポット溶接の間隔が開いてしまうような部分へは接着剤を積極的に追加し、最終的には自分達が満足いくレベルまで、車体を鍛えていったという。

インプレッサスポーツに採用したスバルグローバルプラットフォームを基軸に、フルインナーフレーム構造と、構造用接着剤をさらに追加し、強固な車体を作り上げた

 そして、新採用の2ピニオン式電動パワーステアリングと、サスジオメトリ改良(マスオフセット低減)による、なめらかでダイレクトなフィールによって、新型レヴォーグは、初代とは走りの次元が違う。

 旋回中の補舵力も軽く、狙った走行ラインを通すため、修正操舵を入れるのもたやすく感じる。初代に比べ、新型レヴォーグのステアリングは軽めなのだが、芯をしっかりと感じられるこのダイレクト感は、まさに欧州車のそれに近い。

エンジン特性、ステアリング、ダンパーなどの「キャラ変」は面白い

 パワートレインには、1.8Lボクサー直噴ターボ(177ps/300Nm)と、新型リニアトロニックが採用された。初代の1.6L直噴ターボに比べ、+7ps/+50Nmのパワーアップを果たしており、加速はより強く、なめらかになった。

2代目レヴォーグを支えるパワートレインは、1.8L BOXER直噴ターボエンジンと新型リニアトロニックだ

 ひとたびアクセルペダルを踏めば、パワフルなエンジンサウンドも聞こえるが、クルマの静粛性が向上しているので、軽く踏んでいればエンジン音も極小さく、上質な雰囲気を感じられるまでになる。

 燃費はJC08モードで16.6km/L(18インチは16.5km/L)と、旧型(16.0km/L)よりは改善してはいるが、フルハイブリッド全盛の時代に、このエンジンのみだと心許ない。e-BOXERを超えるハイブリッドシステムの導入が期待されるところだ。

 また、最上級グレードとなるSTIスポーツには、エンジンレスポンスやステアリング特性、AWDシステム、そして新採用の可変ダンパーによる、「走りのキャラ変」を可能にする仕掛けがある。

最上級グレードのSTI Sportのリアには、輝かしいSTIエンブレムが装着されている

 スバルによると、「WRX STI並のスポーツ性から、高級車の乗り心地まで、幅の広い変化を楽しめる」というが、ベースグレードの走りでも十分に満足感が得られるため、正直なところ、走行モードを変えずとも、ずっと走っていたくなる感覚ではあった。

新型ステレオカメラ搭載によるアイサイトXはもはや無敵

 アイサイトも、最新型の「アイサイトX」に進化している。準天頂衛星やGPSの情報、3D高精度地図データを利用した、自動車専用道路での先進運転支援は「お見事」のひとことだ。

最高峰の先進運転支援のアイサイトXは、カーブ前速度制御や、料金所前速度制御、アクティブレーンチェンジアシストなども可能。さらには50km/h以下での渋滞時ハンズオフアシスト、渋滞時発進アシストも備わる

 コーナー前での自動減速や、アクティブレーンチェンジアシスト、50km/h以下での渋滞時ハンズオフアシスト、料金所前速度制御(25km/h程度まで自動減速)、そして渋滞時の自動再発進も備わる(待機時間は10分とのこと)。

 また、ドライバーを常時モニタリングする「ドライバー異常時対応システム」は、万が一、ドライバーが走行中に気を失ってしまった場合に、車内にアラームが鳴り、外部にはハザードとクラクションで危険を知らせ、そして最終的には、完全停止まで行ってくれる。

運転中に、万が一気を失ってしまっても、車内にはアラームが鳴り響き、周囲への危険表示のためにハザードとクラクションがなる、ドライバー異常時対応システム

 どの機能も体験させていただいたが、クルマに守られている感覚を強く感じ、安心して乗っていられる、と感じた。人の不注意で起きる事故は多々あるなかで、リスクをここまで技術でカバーしてもらえることには、大変頼もしく感じた。

 このアイサイトXでは、「レベル3に近い自動運転」が実現されており、おそらく、現時点での最高品質の先進安全装備だ。どのメーカーも、「レベル3以上の自動運転」に限りなく近づけるよう、先進安全技術の研究開発を進めているなかではあるが、このような先進装備を300万円台の量販車にもいち早く採用してきたのは、安全性を重視するスバルならではだ。

新型レヴォーグは「コスパが良い」の一言!間違いなく売れる!

 グレード構成は、17インチタイヤと標準的なアイサイトを装備したベーシックグレードの「GT」、18インチタイヤと助手席パワーシート、ハンズフリーオープンパワーリアゲート、アンビエント照明を備えた上級装備の「GT-H」、そして前後専用バンパーと専用アルミホイール、電制ダンパー、ドライブモードセレクトを装備した「STI Sport」だ。

 それぞれにアイサイトX(+35万円)を搭載したグレードは「STI Sport EX」、「GT-H EX」、「GT EX」となる。

アイサイトXが付くEXグレードの価格は317万円(GT)~371万円(STI Sport)。装備内容を考えると「コスパが良い」としか言いようがない

 正確な価格は発表がなかったが、おおよその価格のイメージは、282万円(GT)~336万円(STI Sport)、アイサイトXのEXは、317万円(GT)~371万円(STI Sport)というところだろう。

 装備内容を考えると、「コスパが良い」としか言いようがない。近しい装備を備えた欧州メーカーのワゴンだと、軽く500万円は超えてくる内容だし、アイサイトXクラスの先進安全装備を備えたクルマは、現時点はほぼない。

 SUVとも、ミニバンとも違う、走りの良さと安心感の高さを手に入れたい方にとっては、新型レヴォーグはうってつけだ。ぜひとも体感してほしい一台だ。

【画像ギャラリー】これは驚いた!! デザイン・走り・先進性ともに超絶進化を遂げた新型レヴォーグの全貌をギャラリーでチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ