現行ベンツCクラス中古が180万から狙える? 間もなく新型登場でチャンス到来!?


 現行ベンツCクラスのデビューは2014年。6年が過ぎ、そろそろフルモデルチェンジの時期を迎え、次期モデルのデビューが噂される頃である。

 となると、現行ベンツCクラスの中古車の値がこなれてきて、お買い得感が増していくのではないだろうか? 

 そこで、現行ベンツCクラスの中古車はどのモデルが狙い目なのか? 年式、グレード、中古車相場を、中古車事情に詳しい伊達軍曹が徹底解説する。


文/伊達軍曹
写真/メルセデスベンツ ベストカー編集部

【画像ギャラリー】コスパに優れた中古のCクラスを写真でチェック!


次期ベンツCクラスはどうなる?

現行型のC180セダン。最も安いモデルで価格は489万円から

 現行ベンツCクラスの中古車事情を解説する前に、W206型次期ベンツCクラスについて、いまわかっている情報を先にお伝えしておこう。

 2014年にデビューしたW205型が現行モデルとして販売されているベンツCクラス。

 巷では「2020年中にはW206型次期ベンツCクラスが登場する?」と噂されており、実際、ドイツ本国ではカモフラージュのラッピングが施されたW206型ベンツCクラスのプロトタイプがおおっぴらに走行している。

 ダイムラーからの正式発表はまだ何もないため、あくまでプロトタイプのスクープ画像にもとづく話でしかないのだが、現時点で推測されている次期型ベンツCクラスのスペックはおおむね下記のとおりだ。


●プラットフォームはメルセデスの第2世代後輪駆動アーキテクチャ「MRA2」のアップデート版。現行W205のボディサイズを保ちつつ、居住空間の向上が図られる
●パワートレインは48Vマイルドハイブリッドの「EQブースト」をメインとし、1.5L、直4ガソリンターボ+マイルドハイブリッドと、2L、直4ディーゼルターボ+マイルドハイブリッドを用意
●そのほか、100kmのEV走行を実現すると噂されているプラグインハイブリッドもラインナップ
●ダッシュボードに最新のMBUXインフォテイメントシステムを備えるほか、センターコンソールに配置されるセカンドスクリーンでHVAC(暖房・換気・空調)システムを制御する
●正式発表は2020年度中? そして日本への導入は2021年の後半か、2022年の早いタイミング?

 こういった次期ベンツCクラスのモロモロも気になるが、次期型が上陸ところで、筆者のようなド庶民が簡単に買えるプライスになるとは考えにくい。

 ちなみに、現行W205型Cクラスの新車価格はC180アバンギャルドでも530万円。次期型は、たぶんだがそれよりも少々高くなるだろう。

現行W205型の中古車が狙い目な理由

 であるならば、真に考えるべきは「現行W205型ベンツCクラスの中古車」についてだ。

 2014年7月に日本へ上陸したW205型ベンツCクラスは、それまでのCクラスとは一線を画すというか、「ほとんどEクラス!」と思えるほどのクオリティとビジュアルを伴って登場した、非常に好ましいプレミアムサルーン。

 その魅力と機能はいまだ陳腐化していないため、状態のいいW205型の中古車をほどほどのお値段、具体的には「200ウン十万円ぐらい」で入手できるのであれば、それで十分以上にウルトラハッピーになれるはずなのだ。

 ではそのW205型ベンツCクラスの中古車は今、いくらで入手できるのか?

 結論から申し上げると「車両価格180万円から!」ということになるのだが、もちろんW205型の中古車とひと口に言っても、その内容はさまざまであるため、順を追ってモロモロご説明しよう。

現行Cクラス前期型の中古車情報はこちらをクリック!

次ページは : 2018年6月までのCクラス前期型中古車が狙い目か?