スバルの名機が欲しいなら待ったなし!! 最後のEJ20搭載車「WRX STI」が高騰!

 平成の30年間スバルを支えたエンジンといえば、EJ20型 2L水平対向4気筒ターボエンジンだ。2019年末をもってEJ20型エンジンを搭載していた「WRX STI」が生産終了となり、輝かしい歴史に幕を閉じた。

 その生産終了直後の2020年1月にWRX STIの中古車事情を執筆したが、WRX STIの中古車の流通台数は約84台で、特別仕様車はおおむね1〜2台流通していた。

 2017年5月に行われたマイナーチェンジで前後期を分けると、2020年1月の時点では前期型が約73.9%、後期型は約26.1%と圧倒的に前期型の中古車が多かった。

 平均価格は全体的には値上がり傾向であったものの、2015〜2016年式の初期モデルは値落ちしていたのだ。また、限定車も「S207」が約476万〜約486万円、「NBRパッケージ」が約578万円。そして「S208」は約639万円そして、「NBRパッケージ」が約700万〜約857万円だった。

 それから約9カ月が経過した現在、絶版車となったWRX STIの中古車事情はいったいどうなっているのだろうか。1月の時点予想したとおり値上がり傾向となっているのであろうか。

文/萩原文博
写真/編集部、SUBARU

【画像ギャラリー】2019年12月をもって受注生産の注文受付を終了した「WRX STI」 その詳細をチェック!!


■減少する流通数 後期型の最終モデルが最多に

 現在、WRX STIの中古車の流通台数は約64台と2020年1月の約76%に減少している。

 年式では2014〜2017年までの前期型が約22台、後期型が約42台となり、比率も前期型が約34.3%、後期型が約65.6%となりわずか9カ月で大きく様変わりしている。

2014年に登場した「WRX STI(前期型)」。かつては、インプレッサの「 WRX STI」というグレードだったが、フルモデルチェンジを受けてひとつの車名として独立した
WRX STI(後期型)。それまで機械式LSDを組み込んでいたDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)を、電磁式LSDのみのフル電子制御に変更するなど、見た目でなく走りに直結する部分も変更された

 年式別でも2014年式が10台、2015年式が9台、2016年式が3台、2017年式が17台、2018年式が4台そして2019年式が21台となっている。特に注目なのは2019年の最終モデルで、1月時点ではほとんど流通していなかったが、現在は最も多い年式となっているのだ。

 続いて、WRX STIの中古車のグレード構成を見てみる。最も多いのは約54.6%の「STI タイプS」。続いては、STIの「標準車」で約34.3%。そのほかは特別仕様車で「S207」が1台、「S208」が5台、「タイプRA-R」が1台となっており、9カ月経過しても「EJ20ファイナルエディション」は出回っていない。

2019年末に555台限定で販売された「EJ20ファイナルエディション」。9カ月経過した現在でも出回っていない

■プレミア価格の中古車も! 値上がり傾向で購入なら待ったなし

 それでは、各モデルの価格帯を見てみよう。まずは中古車の流通台数が最も多い「STIタイプS」だ。中古車の価格帯は約237万〜約638万円で、新車時価格の414万8000円を上回るプレミアム価格の中古車が14台も出回っている。なかには走行距離30kmという未使用車もある。ボディカラーは人気のWRブルーを中心に、黒、白、そしてシルバーの順となっている。

 続いては、STIの「標準車」だ。中古車の価格帯は約245万〜約650万円でこちらも新車時価格を上回る中古車が10台以上もある。ボディカラーはWRブルーが中心だが、タイプSでは見られなかった赤のボディカラーも数は少ないものの見つけることができる。

 さらにWRX STIの特別仕様車を見てみる。まずは2015年10月に400台限定で販売された「S207」。2020年1月の時点では数台流通していたが、現在はわずか1台だけで、価格は約436万円で値落ち傾向となっている。

WRX STIベースの特別限定車第1弾が「S207」だった。NBR チャンレジパッケージ(写真右)は最大数100台があっという間に完売した

 2017年10月に限定450台で販売された「S208」。S208の標準車は2台流通しているが、価格は1台が約670万円で、もう1台は応談。走行距離がわずか2000kmなので800万円近いと考えられる。WRX STIの特別仕様車で最も多いのが、4台流通している「S208 NBR チャンレジパッケージ カーボンリアウィング」。価格帯は約800万〜約850万円で値上がり傾向となっている。

インプレッサ&WRX STIベースのS200シリーズの日本での最後のモデルが「S208」。写真はニュルブルクリンクチャレンジパッケージのクールグレーカーキ

 そして1台だけだが、2018年7月にSTI創立30周年を記念して発売された「タイプRA-R」も流通している。価格は約700万円で1月の時点より大幅な値上がりを示した。流通台数が減少したS207は値落ちしているが、そのほかの特別仕様車は値上がり傾向や高値キープといった状況だ。

2018年7月、STI創立30周年記念モデルとして500台限定で発売された「タイプRA-R」

 最後にWRX STIの年式ごとの平均価格の推移を見てみる。2014年式は3カ月前の約300万円から現在は308万円へと値上がり。2015年式は約328万円から約347万円へと値上がり。2016年式は約302万円から約307万円へと値上がり。2017年式は約371万円から約404万円へと値上がり。2018年式は約394万円から約451万円へと値上がり。そして2019年式は約550万円から約595万円へと各年式とも揃って値上がり傾向となっている。特別仕様車で複数台流通している「S208 NBR チャンレジパッケージ カーボンリアウィング」は約830万円付近で横ばいとなっている。

●ベストカー厳選!! これ以上値上がりする前に手に入れたい「WRX STI」最新中古車情報はコチラ!

 2020年1月の時点ではまだ値落ちしている年式もあったのだが、現在は全年式で値上がり傾向となっており、もう今後値落ちするケースは考えにくくなった。これからは高値安定もしくはさらに値上がりという二者択一になると考えられる。欲しいと考えている人はもう待ったなしとなった。

【画像ギャラリー】2019年12月をもって受注生産の注文受付を終了した「WRX STI」 その詳細をチェック!!