初代シルビアが!! AMGカラーのスイスポが!!! ディーラー中古車販売が尖ってきたホントの理由

 いわゆるメーカー系のディーラーが販売する中古車と言えば、ミニバンや売れ筋モデルをまんべんなく取り揃えているイメージだが、近ごろはだいぶ状況が変わっているようだ。

 先日、ネットで中古車を検索していたところ、奈良県のディーラーで驚きの高額車2台を発見した。

 1台目は奈良日産自動車 中古車登美ヶ丘が販売している昭和40年式の初代シルビア(車両本体価格788万8000円)で、2台目はスズキアリーナ中和幹線橿原が販売しているスイフトスポーツ(同450万8000円)。どちらも一般的なディーラーではおよそ扱うことのない激レア&超高額車だ。

 筆者はディーラーがなぜこのような尖がった車両を販売しているのか、無性に聞いてみたくなり、奈良へ向かった。取材を行ってわかったのは、中古車の世界でも進化を続けるディーラーの姿だった。

【画像ギャラリー】ここはカーマニアの楽園か!? 超極上の個性派中古車たちを見よ

文、写真/奥野大志
※記事内価格などは取材当日のものです


■奈良日産がすすめる歴代GT-Rと日産クラシックカー販売

 奈良日産自動車 中古車登美ヶ丘は美しい街並みが目を引く閑静な住宅街の中にある。全世代GT-Rの中古車を扱う店舗として2019年1月にオープン。日産のクラシックカー販売にも力を入れており、冒頭の初代シルビアはこれに該当する。

販売中の初代シルビア。取材時は郡山店で展示。コンディションも含めて極上の1台

 ハコスカGT-RやR31スカイラインを販売した実績もあり、ハコスカGT-Rの販売価格はなんと1980万円とか。ショールーム内の中古車をチェックしても、749万8000円のR33GT-Rや1588万のR35GT-Rなど、超高額車がずらりと並ぶ。

「全国にある数多くの販売会社の中から選んでいただくためには他社との差別化を図る必要があり、付加価値を提供できるクルマをイメージした結果、たどり着いたクルマがGT-Rでした。

中でもR35GT-Rは新車の価格が高く、中古車であれば予算内で希望以上のグレードや仕様が見つかるとネットを通じて全国のお客様よりお問い合わせを頂いている状況です。」(神田取締役)。

取材当日、同店で最も高額だったR35 GT-Rの販売車両。その額、1588万円!

 クラシックカーの販売と言えば、専門店の独壇場と言っても過言ではないマーケットだが、逆に言えば、ディーラーがそれを行えば「安心」という付加価値を生む。

 奈良日産はそこに着目し、第三者の目も含めて、無事故車と証明できる車両のみ仕入れている。

「インターネットがこれだけ普及すると価格では勝負できません。ディーラーならではの安心をお届けできるのも付加価値のひとつだと考えています。仕入れはほぼ第三者査定がついたオークションですが、専門店との競合もありますし、良質なクルマを集めるのに苦労しています」(同)。

 気になる購入後のアフターサービスだが、同店から約500メートルほど離れたところに奈良日産自動車 登美ヶ丘店(日産ハイパフォーマンスセンター)があり、GT-Rなどの整備はそこと連携している。

 また、R35GT-Rはもちろん、第二世代GT-Rは保証付きで販売しているので、全国の日産ディーラーで整備を受けることができる。冷静に考えると、生産後30年を経過したR32GT-Rに保証がついていること自体がすごい。ディーラーならではの付加価値のひとつだろう。

598万円のR32 GT-R。しかもディーラーならではの保証付きなのが嬉しい

「オープンしてまだ2年弱ですが、想像以上に反響は大きいと感じております。奈良日産に行けば希望のGT-Rが見つかると期待を持ってご来店いただいております」(同)。

 あくまで一般論だが、ディーラーの中古車は数を売ってなんぼのイメージが強い。そのため、こういった激レア&超高額車の販売はディーラーのビジネスとしては成立しにくいと考えがちだが、それもやり方次第のようである。

「もちろん販売台数を重ねることでお客様を増やす事も重要だと考えておりますが、特にGT-Rは価値が下がりにくい車種の一つでもありますので、車両の品質や仕様など、付加価値を最優先させた結果がたくさんのお客様にご利用頂けている要因だと感じております」(同)。

走行距離3.5万kmで約750万円のR33。BBSを装着した姿は定番カスタムだが、ボディなどもキリっとしており、くたびれた印象はない

 実際、奈良日産自動車 中古車登美ヶ丘はオープン1年目でR35GT-Rを35台販売。日産ディーラーのGT-RのUカー販売では全国1位で、今年はそれを上回る見込みとのこと。数もついてきているのだから、新たなディーラーのUカービジネスとして、定着したと言える。

 奈良日産自動車 中古車登美ヶ丘は全世代GT-Rやクラシックカーに絞ることで、独自色を打ち出すことに成功した。GT-Rの色あせない価値とともに、お店の魅力にも磨きをかけていくのだろう。

■AMG純正色を纏ったチューンドスイスポがディーラーで買える!?

AMG純正色のスイフトスポーツ。強烈な印象だが非常にまとまっているのがカスタムの妙。450万8000円のプライスをつけて販売中のナラスズキスペシャル

 スズキアリーナ中和幹線橿原は橿原市内を東西に走る中和幹線沿いにある。運営母体の奈良スズキ販売はいわゆる地場資本のディーラーで、約5年前に同店をオープン。

 メーカー直営ではない代理店の身軽さを活かして、オンリーワンの店作りに力を入れている。

 その一環として製作、販売しているのが冒頭のスイフトスポーツの中古車(ナラスズキスペシャル)。

 スイフトスポーツが2台買える驚きの販売価格もさることながら、マット系のグリーンに塗られたボディやド派手なエアロパーツなど、およそディーラーが販売している中古車とは思えない。

車高も落ちて見た目も抜群。マフラーも交換済みだ

写真で見るよりも、グリーンヘルマグノのボディカラーが似合っていた

「実はこのスイフトスポーツ、他がやっていないことをとにかくやって、どこよりも目立とうということで作ったクルマなのです。どちらかというとうちを知ってもらうための宣伝な意味合いで中古車サイトにアップしたのですが、すごい反応で。アクセス数がドーンとアップしました」(河野店長)。

 グリーンのボディカラーはメルセデスAMG GTの「グリーンヘルマグノ」、チューニングパーツは主にスイフトスポーツオーナーから熱い支持を集める「トラスト」のパーツを使用している。

 このボディカラーは河野店長のこだわりで、スイフトスポーツの特徴であるAピラー(通常モデルはブラックに塗装されている)までペイントされている。

「AMG GTのフロントのフェンダーラインがスイフトスポーツに似ていて、キレイにはまると思いまして。純正のスーパーブラックパールを活かした2トーンカラーもこだわりです」(同)。

エアクリーナーなども交換済み。トラストパーツの存在感が目立つ

 河野店長によると、実はこのスイフトスポーツには伏線があり、この車両を製作する以前にピュアホワイトパールのブラックルーフ仕様を製作。この組み合わせは今も昔もメーカーに設定がないため、非常に好評で10台ほど販売したという。

 その流れを受けてナラスズキスペシャルとなったわけだが、一体このモチベーションの源はどこにあるのだろうか?

「自分たちの強さを打ち出さないと生き残れないと思っているからです。同じグループのトラスト社さんのご協力もあり、日によってはまるでオフ会のようにたくさんのスイフトスポーツが並ぶようになりました。

関西のスイフトスポーツでは誰にも負けないようになりたいと思っています。また、納車セレモニー用のスペースを敷地内に設けたり、受付を置くなど、直営店にないお店づくりにも力を入れています」(同)。

チューニングショップのような店舗の一角。カスタムまでできることでクルマの楽しみも増える

 かつて、メーカーの看板を掲げているディーラーは、全国どこでも同じレベルのサービスを提供できることが信頼の証になると聞いたことがある。今は必要な部分ではそれを踏襲しつつも、違いをアピールしないと生き残れない時代。

 つまり、同じでは選ばれなくなったということ。そのための施策のひとつとして、スズキアリーナ中和幹線橿原はコンプリートカーを作ったというのだから、隔世の感を禁じ得ない。

 インターネットやSNSをはじめとするツールの進化により、全国どこにいても、希少車を買いたい側と売りたい側のコミュニケーションが瞬時に成立するようになった。

 二社が行っているのはまさにそれを上手に利用したビジネスと言えるが、ユーザーの選択肢が増えるのは大歓迎。「ディーラーが販売している車両なら」と食指が動く人もいるはずだ。“進化系ディーラー”は今後も多くのクルマ好きに支持され、メーカーとユーザーをつなぐ重要な接点になっていくだろう。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ