R34スカイライン、チェイサー… 名車の代名詞!! いつか乗りたい「直6FR」を中古で狙う!


 クルマ好きの間では、振動が少ないスムーズなエンジンフィールとエンジン音から最高のエンジンと評される直列6気筒エンジン。

 そして、フロントにエンジンを搭載し、リア2輪を駆動するFR車は、ドライバーの意のままに操れることからいまだにファンが多い。

 そう、直6+FR車こそが、クルマ好きにとって、”理想のクルマ”といわれているのだ。

 そこで、直6+FR車の名車のなかから、これぞ直6+FR車と思うクルマを選び、その魅力とともに今いくらで買えるのか、伊達軍曹が解説する。


文/伊達軍曹
写真/トヨタ 日産 BMW

【画像ギャラリー】最後のチャンス!? 絶滅寸前の直6FR車の秘蔵写真をチェック!


なぜ直6+FR車が崇められてるのか?

 「直列6気筒エンジン」そして「FR」。……クルマ好きにとってはなんとも甘美な字面的である。

 そのエンジン音は美しく、カウンターウェイトやバランスシャフトを用いずとも一次振動・二次振動および偶力振動を打ち消すことができるため、長時間運転しても疲れにくいという、素晴らしいエンジン方式だ。

 だが「エンジンの全長が長い=居住スペースやクラッシャブルゾーンが犠牲になる」、「FF化には向かない」、「クランクシャフトの設計が難しい」等々の理由により、その昔は高級車において全盛を極めた直列6気筒もV型6気筒にとって代わられた。

 まぁ最近ではメルセデスベンツやBMWの一部が直6に回帰、マツダも新規開発中だが、基本的には絶滅傾向にあるのが、FRレイアウトを採用する直列6気筒エンジン搭載車だ。

 だが世の中には「中古車」という便利なモノもある。新車では探すのがやや難しい「直6のFR車」も、中古車マーケットにおいてはいくらでも探すことができるのだ。

GT-Rではない2.5L、直6のR34型スカイライン

1998年5月~2001年5月に販売されたR34型スカイライン。「ボディは力だ。ドライビングボディ」というキャッチコピーで話題となった。ボディサイズは全長4705×全幅1720×全高1375mm

R34スカイラインクーペの中古車情報はこちら!

 例えば、身近なところでは日産スカイラン。もちろん“ハコスカ”のS20型直6エンジンを堪能しようとすれば1000万円を軽く超える予算が必要となる」わけだが、1998年から2001年まで販売されたR34型の、なおかつGT-Rではない「フツーのR34型スカイライン」であれば、かなり現実的な予算にて「直列6気筒エンジンがすぐそばにある日々」を始めることができる。

 「GT-RではないR34型スカイラインに搭載されたエンジンはすべて直列6気筒DOHCで、2LリーンバーンのRB20DE型と、2.5LのRB25DE型、そして2.5LターボであるRB25DET型の3種類。

 そのどれもが素晴らしい直6ユニットではあるが、2LのRB20DEは若干トルクが細いと感じる人もいるため、基本的には2.5L自然吸気または2.5Lターボ搭載グレードが狙い目となるだろう。

 滑らかで静かという直列6気筒エンジンならではの美点をコンディション良好な個体であればまだまだ存分に楽しめる一台である。

 ただ、先ほど2LのRB20DEを「若干トルクが細いと感じる人もいる」と記したが、街乗り中心であればほぼ問題はないはずだ。

 「GT-RではないR34型スカイライン」の直近の中古車相場は60万~350万円で、モデル全体としては非常に上下に幅広い。

 エンジンごとに見ると、2L自然吸気搭載車はおおむね60万~130万円で、2.5L自然吸気も70万~130万円といったところ。

 ただし2.5L自然吸気にターボ用の足回りを装着した「25GT-V」は150万~200万円ほどのプライスとなっている。

 2.5L、直6ターボエンジン搭載グレードは120万~290万円といったところだが、好条件な個体は300万円以上の値が付くことも珍しくない。

グレード構成は155psの2L、直6DOHCエンジンを搭載するGTをはじめ、200psの2.5L、直6DOHCエンジンを搭載する25GT/25GT-X、4WD車の25GT FOUR/25GT-X FOUR。そして280psを発生する2.5L、直6ターボエンジンを搭載する25GTターボ/25GT-Xターボの7グレードを用意

R34スカイラインセダンの中古車情報はこちら!

次ページは : 80スープラはやはりターボ付きか?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ