ホンダの至宝 S2000がいまや600万円! 専門店に聞くリアルな生証言と中古車相場


程度のいいエンジンを見分ける方法

エンジンオイルの減る量によってコンディションの良し悪しがわかるという

――そういった「要オーバーホールのVTECエンジン」と「まだまだ大丈夫なVTECエンジン」とは、どうやって見分ければいいのでしょうか?

邑松さん 一番いいのは1000kmか3000km走って「エンジンオイルが減る量」を見ることですね。

 S2000の場合、エンジンオイルのレベルゲージのMAXまでオイルを入れたとして、約3000kmでミニマムのラインまで消費してしまうのは、ストリートユースにおいては正常です。

 もちろん、サーキット走行などのスポーツユースでは条件が変わってきます。しかし、ストリートユースにおいて1000kmぐらいでミニマムのラインまで減ってしまうエンジンは、エンジンオイルがかなり燃焼してしまっていますので、早晩オーバーホールが必要となるでしょう。

――なるほど。でも、中古車販売店の店頭にある売り物のS2000を「コレ、1000kmぐらい試乗させて!」ってわけにもいかないですよね?

邑松さん そのとおりですね(笑)。それゆえ一般の方が店頭で「見極める」のは、なかなか難しいと思います。

 本当は「S2000に関する知識と経験が豊富な信頼できるショップを探し出し、そのショップがお薦めする個体を買う」というのが一番なのですが……、それもやや難しいとしたら、「マフラーエンドの煤(すす)」でしょうか。

マフラーエンドの煤を見て、その煤が乾いていればあまり気にする必要はないという

――マフラーエンドの煤?

邑松さん はい。マフラーエンドにある程度の量の黒い煤が付着しているのは普通のことですし、その煤が乾いた感じのものであれば、気にする必要はありません。しかしその煤が「しっとりしてる感じ」である場合は、やめておいたほうがいいでしょう。

――まぁそれすらも「洗っちゃえばわからなくなる」のかもしれませんが、了解です。結論としてVTECエンジンのオーバーホールはどのタイミングでやればいいのでしょうか? また費用はいくらぐらいかかりますか?

邑松さん 「走行距離」で判断するのはナンセンスですし、例えば10万kmや15万kmを超えていたとしても、特に不調でないのであれば、無理にオーバーホールをする必要はありません。

 ただ、もちろん完全な不調状態になってしまえば要オーバーホールですし、「どのくらいの期間、どう乗りたいか?」にもよるでしょうね。

――と言いますと?

邑松さん やはり歴史的な名車ですから、「あと20年は乗りたい」「あと10万km以上、快調に走り続けたい」と考える方もいらっしゃるかと思います。

 そういった場合には、タイミングを見てエンジンオーバーホールをしておくのがよいかと存じます。その際の費用は、比較的安価にあげる場合で50万円以上、新品エンジンに載せ替える場合で約100万円といったところです。

足回りやブレーキのリフレッシュも重要

足回りのゴムブッシュがたいていひび割れているそうだ

――考え方と価値観次第ですが、それだけのお金と手間を投じる価値は確実にあるクルマですよね。エンジン以外のメンテナンスは?

邑松さん S2000というクルマの魅力の“軸”は、私は足回りだと思っています。で、初期モデルですと、未交換の場合はたいていゴムブッシュがひび割れてしまっていますし、サスペンションも、たとえ「オーリンズ」「ビルシュタイン」だったとしても、当時モノはもはや初期の性能を有していません。

 ですので、このあたりをしっかりリフレッシュさせて「本来のホンダ S2000の走り」を味わっていただきたいとは思いますね。

――確かにそうなんでしょうね……。

ブレーキキャリパーが固着しているクルマも多いのでしっかりメンテナンスを行いたい

邑松さん あと最近はブレーキキャリパーが固着してしまっているS2000も多いですね。

 そうなると、ただでさえ、ややピーキーなS2000の挙動がさらにピーキーになってしまい危険ですので、ブレーキキャリパーのオーバーホールはぜひ行いたいところです。

 そのほかではエンジンやトランスミッションなどのマウント類をリフレッシュさせ、もしもさらに余裕があれば、駆動系にも手を入れてやりたい。リアのハブベアリングですとか。

次ページは : 動かしているほうが良い状態が長く続く

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

水野和敏が斬る!!「ボルボXC40リチャージ&三菱エクリプスクロスPHEV」  大人気連載の『水野和敏が斬る!!』はボルボXC40リチャージと三菱エクリプスクロスPHEVの2台を試乗&チェックしています。  この2台に共通するのは、プラグイ…

カタログ