ホンダの至宝 S2000がいまや600万円! 専門店に聞くリアルな生証言と中古車相場


約20年経っても9000rpmまで鋭く吹け上がる?

――S2000というと「9000回転まで鋭く吹け上がるVTECエンジン!」が魅力なわけですが、あの回転感覚は、約20年落ちの中古車になっても健在なのでしょうか? 例えば10万kmを超えるとイマイチ回らなくなったりするのでしょうか?

邑松さん 吹けが悪くなってしまったF20Cエンジンというのは確かにありますが、それは「走行距離」とは関係ないですね。

――そうなんですか?

邑松さん はい。例えば弊社のデモカーは走行10万kmを超えていて、エンジンオーバーホールはまだ一度もやってないのですが、サーキットでレブリミットまでガンガンに回ってますよ。

 逆に先日、新車から乗ってらっしゃる「ワンオーナーの7万km車」が整備のため弊社に入庫したのですが、それはエンジンオイルの消費がひどく、オーバーホールをしない限りは直せないという状況でした。

――たかが7万kmでそんな状態になってしまった個体と、10万km以上走ってもオーバーホールの必要がないエンジンの違いって、いったい何なんですかね?

邑松さん 10万kmどころか、ウチのスタッフが個人的に所有しているS2000は走行25万kmを超えてますが、まだ一度もエンジンオーバーホールはしていませんよ。それでも普通に気持ちよく9000回転まで回ってます。

――25万kmもオーバーホールなしで?

邑松さん はい。さすがに最近はオイルの消費量が増えてしまったようですが、しかしそれぐらい、ちゃんとケアしてあげればS2000のF20Cエンジンは長く使えるものなんですよ。

具体的に長持ちさせるにはどうすればいい?

――具体的にはどんなことを心がければ長持ちするのでしょうか?

邑松さん まずエンジンオイルは、理想をいえば3000km走るごとに代えてあげたいですね。

 そのうえで、短時間のちょい乗りではなくしっかりと長時間走らせ、エンジンを高回転域まできっちり回してあげれば、10万km程度で壊れるエンジンではありません。

実車のS2000を使ってウィークポイントを教えてもらった
エンジンヘッドカバーがゴールドに塗られている、排気量が2000ccから2200ccにアップされたF22Cエンジン

――先ほどお聞きした「走行7万kmのワンオーナー車」は何がまずかったんですかね?

邑松さん オーナー様にお聞きしましたところ、「片道2kmぐらいの超短距離移動」を新車時から約20年にわたって繰り返されていたそうです。

 そうなりますと、油温も水温も十分に上がっていない状態のまま走り続けたということになりますので、7万kmのワンオーナー車ですから内外装はキレイなのですが、エンジンは要オーバーホール状態でしたね……。

――ううむ。となると、まぁS2000に限った話ではないかもしれませんが、「走行距離」だけで判断するのはナンセンスなんですね……。

邑松さん まぁ低走行な個体は「内外装、特に内装が非常にキレイな場合が多い」というメリットはありますので、そこを重視したい人には良い選択かと思います。ただ、「低走行車だからメンテナンスなしで乗れる」と考えるべきではないでしょう。

次ページは : 程度のいいエンジンを見分ける方法

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ