新型Zにも大きく影響!? 中古MTスポーツ人気急騰! AT車より高い訳


 2020年9月に発表された新型フェアレディZプロトタイプは、今どき珍しくMTを搭載していた。新型フェアレディZプロトタイプのオンライン発表会の席上、日産の社長兼CEOの内田誠氏は「V6ツインターボエンジンと6速マニュアルトランスミッションでクルマと一体になって走りたい。そんなみなさんのために用意しました」とコメント。

 やっぱりスポーツカーはMTでしょ! という昭和のクルマ好きは「同感」と頷いているかもしれない。

 なぜそこまでMT車にこだわったのか、その裏には中古スポーツカー市場において、MT車が高騰しているのが原因ではないだろうか? そこで、中古車市場でMTとATの価格差を調べ、いかにMT車が高いのか考察してみた。

文/伊達軍曹
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 トヨタ 日産 ホンダ ポルシェ フェラーリ

【画像ギャラリー】価格高騰中!MTの中古スポーツカーを見る


■中古スポーツカーのMT車の価格が高騰している

2020年9月にお披露目された、新型フェアレディZプロトタイプ
新型フェアレディZプロトタイプは6速MTを搭載

 最近では「今どきMTにこだわるのは、石器時代の原始人並みに古くさくてナンセンス。」との意見もあるようだが、筆者はそうは思わない。

 もちろん「AT車やDCT車よりMT車のほうが速い!」との認識は、近年では明らかに事実誤認であり、「MT車以外は車じゃない! ワシはATなんぞ一生認めんぞ!」と叫ぶ人も、視野が狭すぎて痛々しい。

 だが、もしもクルマの運転ないしは所有というものを「人生における娯楽のひとつ」と考えるのであれば、トランスミッションの方式なんてものは「各自、好きなものを選べばいい」というのが正解となるのだ。

 最新のDCTや多段ATより実はMT車のほうが微妙に遅かったとしても、我々はプロのレーサーではないのだから、そんなことは本当にどうでもいい。

 「オレは自分の手と足と頭を使いながら、自分の意思で変速させるのが好きなんじゃああああ!」と思うのであれば、手足を動かすという余計な労力も、コンマ数秒の遅れについても、他人からとやかく言われる筋合いはない。堂々とMT車を買い、楽しみながら操作すればいいのだ。

 だが問題は、「オレは自分の手と足と頭を使いながら、自分の意思で変速させるのが好きなんじゃああああ!」といま一度考えはじめた人が最近は多いようで、スポーティモデルにおいては「MT車の中古車相場」がかなり上がってしまったということだ。

■80スープラのMT車は700万~1000万円

先代の80スープラ。MTのタマ数は多いものの、AT車と比べると約200万円以上高い

80スープラの中古車情報はこちら

 例えば先代80トヨタスープラ。大手中古車情報サイトに掲載されている80スープラの台数は2020年12月上旬現在、全国で32台。そのうちMT車が22台でAT車が10台なので、MT比率は約7割。探しやすいといえば探しやすいのだが、相場はMT車のほうが圧倒的に高い。

 具体的には、ATであれば後期RZ-Sの低走行フルノーマル車も車両500万円前後で探せるのに対し、MTの類似条件車は700万~1000万円といったところ。走行10万km超の一般的な80スープラ同士で比べても、ATのSZはおおむね250万円前後だが、MTの類似条件車は350万円前後というのが相場だ。おおむねATよりもMTのほうが200万円以上も高いのだ。

 専門店によれば「もはやMTじゃなくてATでもいい。それが80スープラのカタチでさえあれば!」と考える中高年ユーザーも最近は多いとのことだが、それでもやはり80スープラは「MTでガチャガチャやりたいクルマ」なのだろう。わかる。

次ページは : ■R34スカイラインはATよりもMTのほうが100万円以上高い

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ