「買っておけばよかった」ではもう遅い! 今からでも間に合う高騰前の輸入中古車TOP5


 1980年代や1990年代のネオクラシック系国産スポーツカーは、「買っときゃよかった」というレベルを通り越し、呆然とするほかない相場状況になっている。

 具体的には、BNR34日産スカイラインGT-Rの低走行物件は1800万円オーバーが当たり前であり、そこまでいかずとも、FDこと最終型マツダRX-7も低走行な中古車は800万円以上となるのが最近の相場。

 普通に考えて、そう簡単に出せる金額ではない。というか、出せない! そういったネオクラシック系各車の相場高騰は、輸入車においても基本的には同様だ。しかし、まだ高騰していないクルマもあるはず。

 ということで、今回は輸入中古車のなかから、「今からでも間に合う高騰前のおススメ輸入車TOP5」を中古車事情に詳しい伊達軍曹が指南する。


文/伊達軍曹
写真/ポルシェ プジョー BMW MINI VW メルセデスベンツ

【画像ギャラリー】買うなら今だ! 高騰する前に今買うべき輸入中古車の写真をチェック!


高騰する前にゲットせよ!

空冷の964型911カレラ2のMTはいまや1000万円前後と高騰中。写真は天井知らずの964RS

 空冷エンジン時代のポルシェ911はティプトロニックATの素の964カレラでも800万円以上が中心で、低走行なMT車となれば1000万円は軽く超える。

 空冷911も10年前に買っておけば300万円か400万円ぐらいで済んだのに……、なんて嘆いていても意味はなく、泣いても笑っても時を戻すことはできない。我々はいつだって前を向き、来るべき未来を見据えなければならないのだ。

 つまり、「そのうち高騰するかもしれないが、今のところはまだ高騰していないモデル」に、我々は注目しなければならないのである。

 だが、そんな都合のいい輸入車はあるのだろうか? というか、主要どころは軒並み高騰済みのなか、まだ残っているのだろうか?

 結論から申し上げれば、ある!

 しかし、人間というのは誰もがだいたい同じようなことを考えるので、明らかに激しく高騰しそうなモデルは、すでに激しく高騰してしまっている。

 残っているのは将来の値上がり幅は地味目で、現在の空冷ポルシェ911やBNR34GT-Rほどのウルトラ高騰はしないだろう。

 だが多少なりとも値上がりするか、もしくは、しばらく乗った後でもトントンぐらいで売却できそうなクルマに乗るというのは、なかなか気分が良いものだ。そういった意味で「プチ高騰」が予想される輸入車5モデルを紹介しよう。

プジョー106:40万~120万円

ボディサイズは全長3690×全幅1620×全高1370mm。960kgという1トンを切った軽い車体に118ps/14.5kgmの1.6L、直4DOHCエンジンを搭載し、5速MTを組み合わせる

プジョー106の中古車相場はこちら!

 まずはフランスの「プジョー106」。日本では1995年から2003年まで販売された、当時のプジョーのもっともベーシックなコンパクトハッチバックである。

 本国ではさまざまなバリエーションが存在したプジョー106だが、日本には3ドアの上級グレードのみが正規輸入され、まずは「XSi」という1.6L、SOHC搭載車が上陸。ちなみに左ハンドル+5速MTのみという硬派な設定であった。

 1996年9月にはマイナーチェンジに伴ってXSiが廃番となり、同じ1.6LだがDOHCとなった「S16」が登場。これも左ハンドル+5MTのみで、2002年12月に「S16リミテッド」に変更されたうえで2003年6月まで販売された。

 このプジョー106というクルマは、いってみれば何の変哲もない小ぶりな3ドアハッチバック。電子制御の「での字」もない感じのクルマなのだが、とにかく気持ちよく走れるということで、(日本のごく一部で)かなりの人気を誇っているのだ。

 そういった「素うどんみたいなクルマ」は今後もう二度と新車としては出てこないということで、プジョー106の相場も高騰してもおかしくないのだが、実際はそれほどでもない。

 いや、10年ほど前までは二束三文(?)で買えることも多かったクルマなので、そう考えればすでに高騰しているともいえる。

 具体的には、底値は40万円前後だが、コンディション良好な低走行物件(といっても6万~9万kmぐらい)は80万~120万円ぐらいとなっている場合が多い。

 しかしこの相場も、「素うどんCAR」が順調に絶滅していく今後は、じわりじわりと上昇していくはず。

 売却益が出るほど値上がりすることは(たぶん)ないと思うが、丁寧に乗っていけば、数年後もそれなり以上の値段で買い手が付くだろう。

次ページは : 現行型MINIのMT:150万円前後

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ