HVの代名詞だったプリウス 競合車乱立で中古車価格に異変あり!!


 ハイブリッド車のパイオニアであるトヨタ『プリウス』。4代目となる現行モデルは2015年12月に登場した。

 プリウスやアクアのような専用モデルだけでなく、さまざまなモデルでハイブリッド車が設定されていても、2016年の年間新車販売台数(軽自動車を除く)では24万8258台でNo.1に輝いた。

 続く2017年も16万912台で第1位をキープしたものの、2018年は11万5462台で第3位に甘んじた。しかし、2018年12月のマイナーチェンジが功を奏し、2019年には12万5587台で1位に返り咲いたのだ。

 しかし、2020年には対前年比53.6%の6万7297台で12位とベスト10圏外へと落ちてしまった。新車販売においてはやや陰りが見え始めている現行型プリウスだが、中古車事情はどうなっているのだろうか。その最新事情をレポートする。

文/萩原文博
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】4代目プリウスの前期、後期を写真で見くらべてみよう!!


最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ