次期レクサスNXが今秋登場! レクサス勢が続々登場して中堅SUV界が戦国時代に!!


 トヨタのプレミアムブランドSUV「レクサスNX」が今年秋、10月頃に世代交代する。NXの現行モデルが登場したのは2014年7月29日であるから、約7年ぶりの世代交代となる。

 また、レクサスは「2025年には全車種に電動車(HV、PHV、EVのいずれか)を設定し、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回る」と発表しており、それに合わせてこの先、順次ラインアップを刷新していくことになる。

 本稿では、新型NXの情報を筆頭に、近年人気を集めているレクサスのSUV陣の新型スケジュールについて、わかっている範囲のすべての情報をお届けします。

文/遠藤徹 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】ラグジュアリーでエレガンスな外観と遠目でもわかる力強さのレクサスブランド車の写真を見る


■基本はキープコンセプトながらより洗練されたボディシェル採用

 レクサスのSUVは、現状、小さいモデルから順にUX、NX、RX、LXと4車種が用意されている。

 なかでもNXはその中核モデルとしてともに高い人気を誇っており、プラットフォームは先代ハリアーと共通。そのハリアーが2020年5月にフルモデルチェンジしており、「それならNXもそろそろ…」と噂されていた。

 NX現行モデルのパワーユニットは、2Lターボ&2.5Lハイブリッド。2列シート5人乗りのみ用意されている。

次期レクサスNXが今秋登場! レクサス勢が続々登場して中堅SUV界が戦国時代に!!
レクサスNX(2019年4月に一部改良)
次期レクサスNXが今秋登場! レクサス勢が続々登場して中堅SUV界が戦国時代に!!
レクサスNX内装(シート/ブラック・特別仕様車専用ブロンズステッチ)
次期レクサスNXが今秋登場! レクサス勢が続々登場して中堅SUV界が戦国時代に!!
レクサスNXリアデザイン

 新型はレクサスのクルマづくりの新しい考え方である「LNGA」を採用し、プラットフォームは現行型ハリアーと共通となるだろう。次期型は基本的にはキープコンセプトだが、独自マスクのスピンドルグリル、全体的な外観はより洗練されたボディシェルを採用する。

 ボディサイズは全長4650mm、全幅1855mm、全高1645mm程度で、現行モデルに比べると、全長&全幅が10mmほど延長、拡大し、全高はほぼ同じサイズを採用する。ホイールベースは約50mm延長することで、走りのポテンシャルアップや室内の居住空間の拡大を図っている。よりハイクオリティな仕立てとなる。

 パワーユニットは従来の2Lターボ&2.5Lハイブリッドの改良バージョンに2WD、4WDを設定。ターボは6AT、ハイブリッドはCVTの各トランスミッションとの組み合わせとなる。

■今後はハイブリッド&PHV中心のラインナップになるか⁉

 取材を進めていて、新たな情報が入ってきた。今回新たにプラグインハイブリッド(PHV)を設定する方向で開発を進めているとのこと。こちらは数ヶ月程度遅れて追加される可能性がある。基本的には現行RAV4 PHVと同ユニットを移植する形となる。

 今後の電動化加速の流れに合わせて、モデルの大半をハイブリッド&PHVで占めるような生産販売計画を策定する方針になりそう。このため2Lターボ車はFスポーツのみとグレード構成を絞り、ハイブリッド&PHV中心のラインアップになるかもしれない。

次期レクサスNXが今秋登場! レクサス勢が続々登場して中堅SUV界が戦国時代に!!
RAV4 PHV

 PHVの充電後の航続距離は100km以上に延長される見通しである。

 安心・安全パッケージの「レクサス・セーフティセンスプラス」は最新の進化バージョンを標準装備する。

 NXの現行モデルはこの4月上旬現在、引き続き全ラインアップが継続生産されており、契約すると6月あたりの納車となる。7~8月頃にオーダーストップとなり、次期型の先行予約の受付を開始する見込みである。

 10月デビューとなると、ちょうどその頃に東京モーターショーが開催されるが、出展関連の情報はまだ販売店には届いていない。

次ページは : ■ハイブリッドのグレードが無いLXは近い将来次期型が登場