英国のオークションで1520万円!! ランエボVI トミ・マキネンエディションの中古車は今いくら?


 三菱自動車の英国部門がGTOやスタリオンなど1980年~1990年代の名車をオークションに出品。そのなかの一台、ランサーエボリューションVI トミ・マキネンエディションがなんと1520万円で落札された。

 海外オークションで驚くほどの高値がついたランエボVI トミ・マキネンエディション。今、日本で中古車はいくらで買うことができるのか?

文/萩原文博  写真/MITSUBISHI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】WRCの快挙を記念して登場した特別仕様車「トミ・マキネンエディション」とは?


■1980~1990年代の日本車はスポーツカー以外も値上がり中!

国産スポーツカーのうち、特に1980年~1990年代に登場した個体が暴騰しており、海外流出も止まらない

 1980~1990年代の国産中古車の価格が高騰している。これまでは日産R32型スカイラインGT-Rをはじめとしたスポーツカーが中心だったが、先日調べてみたら初代トヨタスプリンターカリブの中古車がなんと198万円! JDM(Japanese domestic market)ブームの影響で国産車はスポーツカーだけでなく、実用車も値上がりしているのだ。

 そんな日本車ブームのなか、三菱自動車の英国法人が保有する14台の旧車をオートオークションに出品した。その14台のなかに、“カルトカー”と呼ばれて、スバルインプレッサWRXとともに人気を博した三菱ランサーエボリューションが3台含まれている。

 その3台のランエボの一台、トミ・マキネンエディションは10万0100ポンド、日本円で約1520万円の値を付けていた。コンディションがいい個体とはいえ、ランサーエボリューションも1000万円を超える時代がやってきたのだ。

 そこで、今回は1992年~2016年まで販売されたランサーエボリューションシリーズの現在の中古車相場をチェックしつつ、そのシリーズのなかでも人気の高いエボリューションVI トミ・マキネンエディションについて詳しく紹介する。

■ランサーエボリューションの中古車事情を調査

ランサーエボリューションX GSRの5速MT車をベースに特別仕様を施したファイナルエディション

 現在、三菱ランサーエボリューションの中古車は約320台流通していて、平均価格は約280万円。価格帯は約110万~約715万円となっている。平均価格の推移を見ると、多少の上げ下げはあるものの、直近3カ月は概ね横這いとなっている。

 ランサーエボリューションは大きく4つの世代に分けることができる。

 1992年~1996年までのエボI~エボIIIまでが第1世代。1996年~2001年までのエボIV~エボVIまでが第2世代。そして2001年~2006年までのエボVII~IXまでが第3世代。2007年~2016年までのエボXが第4世代となる。

 WRCのグループA規定で参戦したのはエボI~エボVIまでで、特に1996年~1999年はランサーエボリューションを駆るトミ・マキネンは4年連続のドライバーズタイトルを獲得。1998年にはマニュファクチャラーズタイトルも獲得し、ランサーエボリューションの黄金期だった。

 当時WRC史上初の4年連続ドライバーズタイトルを獲得したトミ・マキネンの偉業を記念して、1999年12月に発表され、1月から販売されたのがランサーエボリューションVI“トミ・マキネンエディション”だったのだ。

次ページは : ■2021年5月現在で約320台が流通