25年ルール入りで注目!! R33型GT-Rも中古価格が爆上がり中!?


 「25年ルール」。それは、製造から25年が経過した車両はFMVSS(アメリカの連邦自動車安全基準)の縛りを受けることなく、アメリカに中古車として自由に輸入できるようになるという、アメリカ国内のルールだ。

 2014年にその25年ルールがR32日産 スカイラインGT-Rに適用されたことで、R32GT-Rの中古車相場が爆上がりしてしまったのは記憶に新しいところだろう。

 そして2020年にはR33世代のスカイラインGT-R(BCNR33)の初期年式にも25年ルールが適用され、アメリカ側から見て自由に輸入し、そして登録できるようになってしまった。

 これによりR33GT-Rの国内相場も、R32GT-Rの時のように爆騰しているのだろうか? さまざまな角度からチェックしてみたい。

文/伊達軍曹  写真/NISSAN、 ベストカー編集部

【画像ギャラリー】名車? それとも…?? R33型スカイラインGT-Rをみる


■R33型スカイラインGT-Rは1995年に登場!

R33型GT-R(1995年~1998年)。キャッチコピーに「マイナス21秒ロマン」を掲げ、文字どおりニュルブルクリンク北コースのラップタイムをR32型から21秒短縮した
グレードは標準仕様、Vスペック、Vスペック N1の3種類展開

 だがその前に、日産のR33スカイラインGT-Rというクルマについての簡単なおさらいもしておこう。

 第2世代GT-Rとしては2代目にあたるBCNR33が発売されたのは、1995年1月のこと。ボディサイズはR32GT-Rより130mm長く、全幅は25mmワイドになったが、この大型化したボディでより速く走るため、R32GT-Rの時以上にニュルブルクリンクでのテストドライブが重視された。

 搭載エンジンはR32GT-Rと同じRB26DETTだが、ボディの大型化と補強により30kg増加した車両重量に対応させるため、ECUの16ビット化や過給圧の上昇、バルブタイミングや吸排気系、圧縮比、フリクションロスの見直しなどを実施。

 最高出力こそ自主規制値いっぱいの280psだが、最大トルクはR32世代より1.5kgm増しの37.5kgmとなった。

搭載するRB26DETT型2.6L、直6ツインターボエンジンは280ps/37.5kgmを発揮。先代型よりプラス1.5kgmトルクがアップした

 定番として用意されたグレードは「標準車」と「Vスペック」「Vスペック N1」の3種類。標準車でもブレンボの大径ブレーキを標準装備したが、Vスペックはそれに加えてリアにアクティブLSDを組み込み、専用セッティングのATTESA E-TS PROも採用。 Vスペック N1は、N1耐久レース参戦用のベースモデルだ。

 1996年2月には、それまで運転席のみの標準装備だったエアバッグが助手席にも標準装備され、「マーチと同じデザインじゃないか!」ということで不評だったステアリングホイールのデザインも変更。同時にインパネのデザインと材質も変更されている。

 同年5月にはル・マン24時間レース参戦記念車の「LMリミテッド」が期間限定で発売され、翌1997年2月にはマイナーチェンジを実施。ヘッドライトをプロジェクタータイプのキセノン方式にすると同時にフロントスポイラーを大型化し、下端を20mm延長。

 また全車のフロントバンパーがN1ベース仕様と同じデザインに変更された。

■中古車相場は約380万~1700万円 で、R34型よりもずいぶん安い

R33型GT-Rの中古車相場は約380万~1700万円。R34型の相場、約1300万~3600万円と比較すると割安といえる

 で、本題であるR33GT-Rの中古車相場についてだが、2021年5月半ば現在の中古車流通量は全国で約40台。これは、前身であるR32GT-Rや後継のR34GT-Rより若干少ないが、「だいたい同じぐらい」とはいえる数だ。

 そしてR33GT-Rのモデル全体の中古車相場は約380万~約1700万円で、平均価格は約560万円。この数字はR32GT-Rのそれとはおおむね同様だが、R34GT-Rと比べると「ずいぶん安い」ということになる。

 ちなみにR34GT-Rの前述日時点での中古車相場は約1300万~約3600万円で、平均価格は約1800万円だ。高い……。

 で、最初期の1995年式R33GT-Rに対しては2020年から「25年ルール」が適用され、1996年式についても今年から同ルールが適用されはじめたことで、R33GT-Rの国内相場は果たして爆上がりしてしまったのだろうか?

 ……結論から申し上げると、「そうでもない」ということになる。

 下記が――あくまでもおおむねの数字ではあるが――過去3年間のR33GT-Rの中古車相場だ。

●2019年5月|約250万~約550万円
●2020年5月|約250万~約800万円
●2021年5月|約380万~約1700万円

 この数字だけを見ると、2020年から今年(2021年)にかけて相場の下限も上限も大幅に上がっているということになるわけで、確かにそれはそのとおりである。

 だが、走行距離が極端に短い「ごく少数のお宝物件」を除外したうえで、あらためて直近2021年5月の相場を見ると、実際は下記のとおりとなる。

●2021年5月|約380万~約800万円

 つまり、2020年の同月と比べて下限価格は確かに上がっているが、上限付近の価格はあまり変わっていない――とも言えるのだ。

次ページは : ■良質な個体は25年ルール適用前にすでに囲い込まれていた可能性も