スイスポ ヴィッツ 先代フィット…100万円以内で中古買えるスポーツコンパクト10選

100万円以内で買える安くて速くて楽しい中古のスポーツコンパクトを狙え!

 1980~1990年代のいわゆるネオクラシックの国産スポーツカーに続いて、2022年3月に生産終了となるS660の中古車が高騰、国産中古スポーツカーを取り巻く環境は厳しい状況となっている。

 もはや国産スポーツカーは高騰しすぎて手が届かなくなっている状況だ。しかし、そんななかにあって、かろうじて若者にも手が届く国産スポーツコンパクトがまだまだあるのだ。

 本企画では、予算100万円以下で手に入れられる、“安い、速い、楽しい”と三拍子揃った中古スポーツコンパクトを10台選んでみた。

文/萩原文博
写真/ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】中古なら学生でも買える!? サーキット走行にぴったりのホットハッチ10選


■2代目、3代目が狙える100万円以下のスイフトスポーツ

現行スイフトスポーツは1.4Lターボだが、先代スポーツはNAの1.6L。アクセルに敏感に反応する感覚や自然な回転フィールのNAのほうがいいという人も多い

3代目スイフトスポーツの中古車情報はこちら!

2005年9月にデビューした2代目スイフトスポーツがマーケットに与えたインパクトは大きかった。それ以来現在まで同じコンセプトで進化を続けている

2代目スイフトスポーツの中古車情報はこちら!

 MT車を設定し、若者から元若者まで幅広い層に支持されているのがスイフトスポーツだ。スイフトスポーツの中古車はAT(CVT)より圧倒的にMT車が多いのが特徴で、スポーツ走行を望む多くのユーザーに支持されている。

 予算100万円以下で狙えるスイフトスポーツは2005年に登場した2代目と2011年に登場した3代目だ。両モデルともに、1.6L直列4気筒エンジンを搭載しているが、3代目は、可変吸気システムをはじめ、吸気VVT制御の最適化、バルブリフト料の増加、冷却システムの改良などを行い、最高出力136psまで向上させている。さらに6速MTは2~5速をクロスレシオとすることで、加速性能を高めているのが特徴だ。

 現在、3代目スイフトスポーツの中古車は100万円以下で購入できるのは186台で、50万円以下でも約12台流通している。

 2代目モデルでは100万円以下は164台、そのうち50万円以下は約97台となっている。2代目を50万円以下で手に入れて、サーキット走行を楽しむということもできるし、100万円で3代目モデルを手に入れて、ドライブスキルを鍛えるという楽しみ方も可能。ユーザーの予算と使い方に合わせて可能性が広がるモデルだ。

■ラリーアート復活! コルトラリーアートバージョンR

WRCで数多くの功績を残してきた三菱のワークスチーム、ラリーアートが手がけたコルトラリーアート バージョンR。当時のクラス最強を誇る、最高出力163psを発生する1.5L、直4ターボエンジンを搭載

コルトラリーアートバージョンRの中古車情報はこちら!

 続いては、先日復活が発表された三菱のワークスブランド、ラリーアート。このラリーアートが手がけた三菱コルトバージョンRも100万円以下で狙えるスポーツコンパクトだ。

 コルトバージョンRは2006年5月に登場。最高出力154psを発生する1.5L直列4気筒MIVECターボを搭載し、組み合わされる5速MTはゲドラグ製というこだわり。

 さらに、ボディ各部には従来の約1.5倍にも及ぶスポット溶接の増し打ちを行い、特にDピラー周辺を補強して、ボディの捻り剛性を約30%向上させている。そして、リアシートは従来のシートバックに3名掛けから2名掛けに変更したクッションを採用し、4名乗りに変更されている。

 現在、コルトバージョンRのMT車の中古車は100万円以下で48台、50万円以下でも18台流通している。ラリーアートの復活によって注目が集まりつつあるので、購入するなら価格が安い今のうちだ。

次ページは : ■現行マーチのニスモS、先代マーチ12SR!