スイスポ ヴィッツ 先代フィット…100万円以内で中古買えるスポーツコンパクト10選


■ハイブリッドのコンパクトスポーツ、CR-Zは50万円以下も多い

2010年2月に登場したホンダ CR-Z。ハイブリッド車ながら6速MTを設定。往年のCR-Xを彷彿とさせるスタイルで話題を呼んだ

CR-Zの中古車情報はこちら!

 ホンダからコンパクトスポーツとしてもう1台ピックアップしたのはCR-Z。CR-Zは2007年2月に登場したハイブリッドコンパクトスポーツカーだ。全長約4.1mのワイド&ローのボディに2+2のインテリアを採用。

 コンセプトはホンダのスポーツコンパクト、CR-Xをルーツとしているようにみえる。搭載されるパワートレインは1.5L直列4気筒SOHCエンジンにモーターを組み合わせたIMAと呼ばれるハイブリッドシステムで、2012年のマイナーチェンジで、ニッケル水素バッテリーからリチウムイオンバッテリーへ変更し、出力を向上している。

 CR-Zは登場した2010年当時スポーツモデル、特に一グレードではなく専用ボディのモデルが絶滅寸前だった時代に登場したというインパクトがあった。

 それに加え、スポーツモデルながらエコカー減税の対象になったことによるお買い得感の高さ(価格は上級グレードのαで6速MT、CVTともに249万8000円)により、2010年は月平均約2000台となる2万2372台という好調な販売を記録した。

 しかし2011年以降は、この種のクルマは登場時に販売が集中するという傾向はあるにせよ2011年/6794台、2012年/5060台、2013年/3007台、2014年/1315台、2015年/732台、2016年/1059台と販売は一気に落ち込み、一代限りの絶版もやむを得ない状況だった。そして2017年1月にひっそりと消滅した……。

 現在、CR-Zは約600台の中古車が流通しているが、そのうちMT車は約175台。100万円以下が約136台で、さらに50万円以下が約35台流通している。ハイブリッドスポーツのMT車というレアな存在だが、中古車はかなりリーズナブルとなっている。

■デミオ15MBと先代デミオスポルト

現在はマツダ2に改名されたデミオ最終型の競技向け車両、15MB。1.5Lエンジンに6速MTを組み合わせる

デミオ15MBの中古車情報はこちら!

3代目デミオは従来のハイトールボディを捨てて本格的なハッチバックとして生まれ変わった。写真は7速スポーツモード付CVTに加えて5速MT仕様も用意するデミオスポルト

3代目デミオスポルトの中古車情報はこちら!

 続いては国産自動車メーカーの中でMT車を多く設定しているマツダだ。現在はマツダ2というネーミングになっているデミオをピックアップした。現行型のマツダ2、最終型のデミオには15MBというレース参戦用モデルがラインアップされていて、走りの楽しさはお墨付きだ。

 まずは2014年9月に登場した最終型のデミオから。先代モデルと比べて、ボディサイズは拡大されたが、5ナンバーをキープした。スカイアクティブテクノロジーをフル搭載し、高い実用性と走行性能を両立している。

 搭載されているエンジンはデビュー当初は1.3L直列4気筒ガソリンエンジンと1.5L直列4気筒ディーゼルターボの2種類だったが、2018年8月に行われた商品改良で1.3Lエンジンは1.5Lエンジンへと変更された。

 モータースポーツ参戦車両の15MBは2015年に登場し、ハイオク仕様の1.5Lガソリンエンジンとギヤ比を6速MTが組み合わされており、ほかのモデルとは仕様が異なっている。

 先代デミオは2007年に登場。これまでのハイトワゴンスタイルを捨て、コンパクトハッチバックへと路線変更した。スポーツグレードとして「SPORT(スポルト)」が設定されており、1.5Lガソリンエンジン+5速MT/7速スポーツモード付CVTというパワートレイン搭載。

 ボディ補強をはじめ、専用チューンの施されたサスペンション、フロント14インチの大径ブレーキ、専用16インチアルミホイール&タイヤを装着。さらに、専用の外観デザインを採用し、ほかのモデルとは差別化が図られている。

 現在、最終型デミオの中古車は約2000台流通していて、そのうちMT車は105台。そのうち62台が100万円以下となっている。

 その半数を占めるのが1.5Lディーゼルエンジン搭載車で、低回転域からビッグトルクを発生するディーゼルエンジン+MTの組み合わせはこのデミオでしか味わえない。1.5Lの15MBの流通台数は12台だが100万円以下は3台しかないが、120万円以下のモデルも多いので検討の対象に入るだろう。

 そして、旧型デミオの中古車のなかでMT車は59台。そのうち56台は50万円以下で購入可能となっている。スポーティグレードのスポルトは100万円以下で17台。50万円以下だと約15台購入可能だ。最上級グレードらしく、キーレスエントリーやHIDヘッドライトなど快適装備が充実しているのも魅力。

次ページは : ■ヴィッツのスポーツグレード、1.5RSやG’sが100万円以下で手に入る