一度買ったらやめられないSUVの魔力とは? SUVの買取価格はやっぱり高い?


 2021年4月23日に発売したばかりのコンパクトSUV、新型ホンダヴェゼルは約1カ月で累計受注台数は3万2000台となり、月間販売台数の6倍以上という好調な滑り出しとなった。

 また、2020年8月に登場したトヨタヤリスクロスもセールスが好調で、販売会社のホームページで納車時期を確認すると、ガソリン車、ハイブリッドともに2020年12月以降(予定)と表示されている。半導体不足など様々な要因があるとはいえ、人気の高いSUVの納車時期は長くなっているのが現状だ。

 まさにSUVを出せば売れるという感じだが、なぜSUVは我々を虜にするのだろうか? SUVを一度買ったらやめられないとよく聞くが、なぜそれほどまでに人気なのか?

 その理由を探るとともにベースとなったハッチバックと、SUVモデルの査定買取価格を徹底比較。買取価格もSUVのほうが高いのか、モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/トヨタ ホンダ スバル

【画像ギャラリー】SUVは売る時お得! 迫力も実用性もベース車を圧倒!!


なぜこれほどSUVが人気となったのか、売れる理由を分析する

左のヤリスと右のヤリスクロスと比べると豪華に見えるし、ホイールアーチも大きく、ボディサイズのデザインも、やはりSUVのヤリスクロスのほうがカッコいい
クーペSUVの特徴をよく表しているハリアー

 筆者もSUVブームに乗っかったというわけではないが、SUVを3台乗り継いでいる。スバルレガシィアウトバック、XVハイブリッドをそれぞれ5年乗り、現在はプジョー2008を所有している。SUVを選んだ理由は多くのユーザーと同様に、所有するクルマは自分の希望を最大限叶えてくれるオールインワンのクルマだからだ。

 仕事柄、たくさんの撮影機材をラゲッジスペースに積み、遠方へ日帰り取材を行うことが多い。本来は広いラゲッジスペースと低重心を活かしたステーションワゴンがマッチしていると思っている。

 しかし、レガシィアウトバックを選んだのは、2.5Lターボエンジンを搭載した特別仕様車が登場したタイミングだったこと。

 そして、最低地上高を高めたことにより、タフな路面状況でも走行可能だろうという+αの魅力に惹かれた。

 XVハイブリッドはベース車のインプレッサスポーツに加えて、最低地上高を大幅に高めたことで、ドライバーのアイポイントが高くなり、良好な視界が獲得できたこと。全高を高めたことで荷室も広くなるなど、ステーションワゴンには及ばないが、自分のニーズに応えてくれたのである。

 現在のプジョー2008はXVハイブリッドで馴染んだ視界の良さそしてクラストップの荷室。そしてボディサイズに制限のある立体駐車場にマッチしたモデルだったからだ。

 恥ずかしながらSUVを3台乗り継ぎ、前の2台は4WDだったにも関わらず、スタッドレスタイヤを装着したことも、購入したこともない。

 さらにキャンプなどアウトドアに行くこともない完全な“街乗りSUV派”だ。したがって、スキーやスノボに行く人たちから「なんで4WD買ったの?」、「なんでSUVなの?」と散々言われたものだ。

 しかし、前述したように、自分にとって4WDは雪道を走るためでなく、突然の大雨などによりスリッピーな路面になっても運転の負担を軽減するために選んだもの。FFのプジョー2008を選んだのは、予算そして立体駐車場というボディサイズに制約のあるなかで、ベストチョイスをした結果だ。

 そしてSUVを乗り継いでわかったことは、XVハイブリッドを手放す時の査定価格が高かったということだ。SUVの人気モデルは期待以上の働きをしてくれて、手放すときにも期待以上のバリューがあるのだ。

 自分が所有したSUVは3車種ともトヨタハリアーやランドクルーザーのようなピュアSUVではなく、ステーションワゴンや5ドアハッチバックをベースとしたSUVモデルという共通項がある。そこで、今回は人気のSUVとベース車との買取価格を比較して、本当にSUVはリセールバリューを調べてみた。

インプレッサとXVの買取価格の違い

現行のインプレッサスポーツ。2016年10月の登場以降、マイルドハイブリッド搭載車やスポーツグレード「STI Sport」などラインナップを拡大してきた


■買取査定価格:2019年式のインプレッサスポーツ2.0i-Lアイサイト4WD/127万円 残価率51.5%

最低地上高200mmと十分なクリアランスを確保し、悪路走破性を重視したスバルXV。パワートレインは1.6Lガソリンと2Lガソリン+モーターのハイブリッド


■買取査定価格:2019年式XV2.0i-Lアイサイト4WD/156万円 残価率62.2%

 まずは、現行型スバルインプレッサスポーツとスバルXVだ。年間の新車販売台数を比較すると、XVのほうがインプレッサスポーツの約1.5倍となっている。

 現行型インプレッサスポーツは2016年10月に登場。新世代プラットフォームである、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)を採用した最初のモデルとして登場。搭載するエンジンは1.6L&2L水平対向4気筒DOHCとe-BOXERと呼ばれる2Lエンジンのマイルドハイブリッドシステムの3種類。駆動方式は2WD(FF)と4WDを用意する。

 2020年10月には、ワークスブランドのSTIがチューニングを施したSTIスポーツを追加している。一方のXVは2017年5月に現行モデルが登場。

 最低地上高200mmを確保しながら、全高1550mmをキープし、都市部に多く存在する立体駐車場に対応した優れたパッケージングが魅力だ。デビュー当初はインプレッサスポーツと同じパワートレインを搭載していたが、2019年のマイナーチェンジで、2Lガソリンエンジンが廃止され、1.6Lエンジンとマイルドハイブリッドのe-BOXERのみとなっている。

 駆動方式は全車4WDで、四輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールする「X-モード」を搭載し、タフな路面での走行性能を向上させている。

 査定価格を調べたのは2019年式のインプレッサスポーツ2.0i-Lアイサイト4WDとXV2.0i-Lアイサイト4WD。

 インプレッサスポーツの査定価格は127万円で、残価率は51.5%に対してXVは156万円で残価率は62.2%と10%以上の差が付いている。新車時価格の差が約5万円なので、XVの方がリセールバリューは高い。

次ページは : 旧型フィットと旧型ヴェゼルの買取価格