新型シビックタイプR 2022年発売&HV化? 現行モデルは最後の純エンジン車で高騰必至!?

2022年に出る新型タイプRはHV化? FK8型シビックタイプRは最後の純エンジン車で高騰必至!?

 2021年8月発表・発売予定の新型シビックが6月にワールドプレミアされた際に、従来の1.5Lターボエンジンに加えて、ホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)を搭載したHVモデルの追加。そして2022年にシビックタイプRを発売することが伝えられている。

 さて、その新型シビックタイプRのパワートレインはどうなるのか? これがほんとに最後の純ガソリンターボになるのか、それともターボ+HVになるのか?

 さらにFK8型シビックタイプRの中古車、2017年9月に発売された前期型、2021年1月~2021年7月まで発売された後期型、限定200台のリミテッドエディションが今中古車市場でどうなっているのか、モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/ホンダ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】FK8型シビックタイプRの魅力をギャラリーでチェック!!


■新型シビックタイプRは2022年のデビュー確定 最後の純ガソリンエンジン車なのか!?

2021年6月に公開された新型シビックハッチバック。1.5Lガソリンターボ仕様は2021年8月、ハイブリッド車およびタイプRは2022年に登場予定

 新型シビックも気になるところだが、注目はシビックタイプRがどんなクルマになるのかだ。2021年7月に生産終了したFK8型シビックタイプRが最後のモデルと思っていただけに期待値は高い。

 新型シビックタイプRに関してすでにベストカーwebでも報じているが、FK8型シビックタイプRはイギリスの工場で生産され、輸入されていたがすでにこの工場は閉鎖されている。

 新型シビックは寄居工場で生産されることを考えると、同じ工場で作られると思うが詳細は未定だ。そして、生産工場以上に気になるのは、搭載されるパワートレインだ。

 すでにホンダは「2040年にグローバルでEV、FCVの販売割合で100%を目指す」と発表しているだけに、新たなエンジンを開発するとは考えにくい。したがって、FK8型シビックタイプRに搭載されていたK20C型2L直列4気筒DOHC VTECターボ+6速MTに磨きをかけて搭載するというのが妥当な線であろう。

 しかし、可能性として2Lターボ+ハイブリッドという可能性も残されている。前輪をエンジン、後輪を左右独立したモーターで駆動させるというシステムだが、気になるのは2WD(FF)車ではなくなること。

 そして、車両重量の増加だ。シャシーの軽量化などで、できる限り車両重量の増加を抑えられるかもしれないが、車両本体価格はFK8型シビックタイプRの475万2000円から大きく値上がりし、リミテッドエディションの550万円あたりになる可能性が高いだろう。

■FK8シビックタイプRの前期型、後期型、リミテッドエディションはどんなクルマ?

シビックタイプR前期型(2017年9月~2020年10月)
FK8型シビックタイプRはFF最速を勝ち取るという使命を果たすべく世に送り出された。2017年4月にニュルブルクリンクで7分43秒80を記録。FF車最速の称号をつかんだ

 それほど新型シビックタイプRの仕様への興味は尽きない。ニューモデルが2022年に登場するということで、「最後のシビックタイプR」になりそこねたFK8型シビックタイプR。ファイナルバージョンという称号はなくなったが、現在の中古車相場はどのような状況となっているのか調べてみた。

 2021年7月に生産終了したFK8型シビックタイプRは2017年7月に登場。これまでのシビックタイプRはベースとなるシビックの走行性能に磨きを掛けたエボリューションモデルだった。

 しかし、FK8型シビックタイプRは開発当初よりタイプRを見据えて、プラットフォームを新開発。ねじり剛性の向上をはじめ、ボディの軽量化、低重心化、トレッドの拡大など優れた走行安定性が追求されている。

 さらに、圧倒的なスタビリティを実現するためリアにマルチリンク式サスペンションを採用。さらに、アダプティブダンパーシステムなどの制御進化によって運動性能を大幅に向上させているのが特徴。

 搭載するパワートレインは、限定発売された先代タイプRからさらに進化したシビックタイプR専用のK20C型2L直列4気筒VTECターボエンジン。最高出力320ps、最大トルク400Nmを発生する。

 組み合わされるトランスミッションは、減速操作に合わせてエンジン回転素が自動で調整されるレブマチックシステムを搭載した6速MTで、駆動方式は2WD(FF)だ。

タイプR後期型(2020年10月~2021年7月)
従来型のエンジンは評価が高かったため、手を入れる必要はないと判断されたのか、320ps/40.8kgmのスペックに変更はない
フロントグリル開口部拡大とラジエター細部の改良によってエンジン冷却性能が向上。また、フロントアンダースポイラーの形状を工夫することで、ドラッグを増加させることなくダウンフォースの低下を抑え込んでいる
シフトノブを丸型からティアドロップ形状に変更したことによりノブの傾きが認識しやすくなった。内部に90gのカウンターウェイトを埋め込むことでトランスミッション側の操作荷重とノブ側の慣性重量バランスを最適化した

 そして2020年10月にマイナーチェンジを実施。サーキット性能の進化、ダイレクト感の進化、ドライビング空間の進化という3つのポイントを中心に改良が行われた。

 まずサーキットの進化として、フロントグリルの開口面積を従来のモデルから拡大。冷却性能の向上と、フロントバンパーエアスポイラーの形状変更などによりダウンフォースレベルを向上させている。

 さらに、2ピースフローティングディスクブレーキを採用することで、サーキット走行時のブレーキフィールを向上。これにより、安定したブレーキフィールを実現するとともに、バネ下の重量低減を実現した。

 ダイレクト感の進化では、アダプティブダンパーシステム制御や、サスペンションブッシュ・ボールジョイントなどのきめ細やかなサスペンションのアップデートを行い、ドライビング空間の進化では、ステアリングの表皮にアルカンターラを採用し、握りの質感とフィット感を向上させ、車両の挙動をよりダイレクトに感じられるように変更されている。

 また200台限定でシビックタイプRリミテッドエディションを設定。専用ボディカラーのサンライトイエローIIをはじめ、BBS社製鍛造アルミホイールを採用し、バネ下重量の軽量化を施した。

 同時にハイグリップタイヤのミシュランパイロットスポーツCup2を装着し、アダプティブダンパーシステムとEPS(電動パワーステアリング)を専用セッティングとしている。

2020年11月30日に限定200台の販売が開始されたリミテッドエディション。写真は専用色サンライトイエローを身にまとった試乗車
1本あたり2.5kg軽量化された20インチの専用BBS鍛造アルミホイールにミシュランパイロットスポーツカップ2を組み合わせている(標準仕様はコンチネンタルスポーツコンタクト6)

次ページは : ■中古車平均価格は前期型が約500万円、後期型が約670万円