Gクラスも2025年にEVに! その前に買っておきたい中古車事情

ついにGクラスも2025年にEVに! その前に買っておきたい世界中の金持ちが狙うGクラスの中古車事情

 2020年代の終わりまでに全モデルを電動化するとしているメルセデス・ベンツは2021年9月5日、ミュンヘンで開催されたIAAモビリティ2021にて「コンセプトEQG」を初公開した。

 これは要するに「GクラスのEV化」を強く示唆したコンセプトモデルで、2025年にはさっそく市販されると言われている。

 となれば、ガソリンおよびディーゼルエンジンを搭載するGクラスはいよいよ販売終了か? と心がざわついている人も多いのではないだろうか。

 2025年以降にはGクラスもEVだけになり、もうガソリンやディーゼルの純エンジン車の新車が買えなくなる日もそう遠くはない時代に来てしまうのだ。

 それならば、新車があるうちに買っておきたい……と思うお金持ちはいるに違いないが、新車なんか高くて買えない……と思っている人が大部分ではなかろうか。そうなると心配なのは、EVが登場する未来が見えたことで、内燃機関のGクラスの中古車相場が値上がってしまうのでは……ということ。

 中古車にしたってGクラスの場合はかなり高額で、世界中の金持ちが中古のGクラスを狙っているわけだが、一応「自分でも買える可能性はある!」ということで、現行型および旧型Gクラスの中古車相場が今どうなっているのか、調査してみた。

文/伊達軍曹
写真/メルセデス・ベンツ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】EVコンセプト「EQG」登場で注目!! ベンツGクラスをギャラリーでチェック!!


■現行型Gクラスの中古は1300万円オーバーとやっぱり高かった

2021年9月5日に発表されたメルセデス・ベンツGクラスのピュアEV、コンセプトEQG。ついにGクラスのEVまで登場することになる。スタイルはグリルこそ違うが全体的なフォルム(ドアノブ含め)はほぼ同じか
2018年6月、日本で発表されたGクラス。ボディサイズは全長4817×全幅1931×全高1969mm。最低地上高は245mm。写真のG550の新車価格は1685万円。搭載されるエンジンは422psを発生する4L、V8ツインターボ
2021年5月に追加されたG400d。G350dと同じ3L、直6エンジンを搭載しながらもソフトウエアのアップデートなどにより44ps/100Nmアップの330ps/700Nmを発生。G350dより38万円高い1289万円

 まずは2018年6月に発売となった現行型メルセデス・ベンツ Gクラスの中古車について。

 中古車情報サイト『カーセンサーnet』に掲載されている現行型Gクラスの数は、2021年9月半ば時点で約100台。モデル全体の価格は約1300万~約2400万円で、平均価格は1746.2万円となっている。……やっぱり高いわけだが、年式別やグレード別に分けて考えた場合の状況はおおむね下記のとおりである。

【年式別の流通量と価格】
●2018年式/10台/1495万~1790万円
●2019年式/24台/1299万~1815万円
●2020年式/36台/1358万~2250万円
●2021年式/28台/1298万~2378万円

ベンツGクラス 現行モデルの中古車情報はこちら!

 2021年式の流通台数が思いのほか多く、なおかつ28台中11台は走行100km以下の「ほぼ新車」といえる個体。現在、新車は在庫僅少のため購入がかなり難しくなっているため、現行Gクラスの“即納”を狙う場合は、2021年式の中古車に注目してみるのが良さそうだ。

インパネは新設計され、EクラスやSクラスに採用された2つの12.3インチディスプレイを装備、伝統の意匠を生かしながらモダンなものに。無骨な外観からは想像できないほどデジタル化されている
現行モデル、G550。無骨さとモダンさの両方を持ち合わせるデザイン

 次にグレード別で見てみよう。

【グレード別の流通量と価格】
●G350d AMGライン/35台/1298万~2100万円
●G350d マヌファクトゥーア エディション/10台/1748万~1878万円
●G400d(AMGライン含む)/14台/1868万~2080万円
●G550(AMGライン含む)/25台/1458万~1968万円

ベンツGクラス 現行モデルの中古車情報はこちら!

 ガソリン4L、V8ツインターボのG550もそれなりに流通しているが、やはり中心はディーゼルターボである模様。「前期型である350dを狙う場合で1500万円前後、後期型の400dが欲しい場合は2000万円前後」というのが、車両価格の目安となるだろう。

 なお、ここまでは「メルセデス・ベンツ」の現行Gクラスについて記してきたが、「メルセデスAMG」のG63が欲しい場合は、下記の相場状況をご覧いただきたい。

トップモデルのG63AMGは4L、V8ツインターボ(585ps/86.7㎏m)を搭載し、重量級SUVながら圧倒的な動力性能を誇る

メルセデスAMG G63の中古車情報はこちら!


【メルセデスAMG G63(各種エディションを含む)】
●流通量/112台
●車両価格/1970万~3263万円
●平均価格/2413.4万円

 「おおむね2100万円前後のゾーンで走行1万km台のG63が狙える」というのが、メルセデスAMGのほうの現状であるようだ。

■現行型に近い2016年11月以降の先代最終型は?

2012年のマイナーチェンジではオーディオやナビを操作するコマンドシステムを採用するなどインテリアを大幅に改良。2013年にはクリーンディーゼルのG350dの販売を開始。Gクラスでは日本で23年ぶりのディーゼルエンジン搭載車となり人気も上々

先代Gクラス最終型(2016~2018年)の中古車情報はこちら!

2012年のマイナーチェンジでインテリアデザインも変更。オーディオやナビを操作するコマンドシステムを採用した

 では「先代」のほうのメルセデス・ベンツ Gクラスはどうなっているのか? 先代Gクラスのなかでも現行型と遜色ないオーラを発しているのは、2016年11月以降の超最終世代だ。

 この世代は先代最後のインフォテインメントシステム改良と内外装ブラッシュアップが行われ、インフォテインメントシステム「COMANDシステム」は8インチのディスプレイを備え、パーキングアシストリアビューカメラは後退時にガイドラインが表示されるように。

 またApple CarPlayとAndroid Autoにも対応し、エクステリアではG350d以外に「ブラックホイール」が採用された。

2018年4月に発売された日本限定のG350dヘリテージエディション。当時の新車価格は1190万円

 この超最終世代の通常モデルと、2018年4月に発売された特別仕様車「G350d ヘリテージエディション」、それにメルセデスAMGのG63といったあたりが、世の富裕層に注目されている先代Gクラスだ。

 そしてそれらの相場は今、おおむね下記のとおりとなっている。

【年式別の流通量と価格】
●2017~18年式G350d/830万~1250万円
●2018年式G350d ヘリテージエディション/1030万~1400万円
●2017~18年式G550/960万~1200万円
●2017~18年式G63/1100万~1600万円
●2017~18年式G63 50thアニバーサリーエディション/1400万~1500万円

 G63系の流通量はそれなりに豊富だがG550は希少で、このカテゴリーの中心となっているのはディーゼルターボのG350d。それを1000万~1200万円ほどの車両価格で探すというのが、先代の超最終世代を狙う際の予算感となるだろう。

ヘリテージエディションのインテリア。本革シート(前席・後席シートヒーター付)やセンターコンソールにHeritage Editionプレートが装着される

次ページは : ■700万~800万円の予算で狙える先代Gクラスは?