激安! 激シブ!! 10年後10倍も夢じゃない!? 国産ネオクラ中古車事情

激安! 激シブ!! 10年後には10倍も夢じゃない!? 国産ネオクラシック 中古車事情

 32スカイラインGT-Rの中古車が2000万円オーバー、R34のGT-Rにいたっては3000万円を超えた。これはもはや宝飾品! いや、貴重な骨董品だろうか? たとえ手に入れたとしても、ふだん乗るにはもったいなさすぎてちょっとムリである。

 ならば、マニアのココロに密かに刺さりつつ、まだ値上がりしていない国産ネオクラシックカーを手に入れるべきだ!

 値段は安いし普段も心おきなく乗れて、「ひょっとしてそのうち値上がりするかも!」と思うことだってできる。まぁたぶん値上がりしないでしょうけど、マニアックであればあるほど、値上がりの可能性がある今日この頃。しれない……と思うだけで楽しいじゃないか!

 というわけで今回は、値上がりする可能性はけっして高くないけれどゼロとも言えない、マニアックな国産ネオクラシックカーを紹介させていただきます。

●ラインナップ
・日産 10代目 スカイライン
・トヨタ プログレ
・トヨタ 4代目 ソアラ
・ホンダ 5代目 プレリュード
・トヨタ セラ
・マツダ ランティス
・【番外コラム】ところで「ネオクラシック」って何?


※本稿は2021年8月のものです
文/清水草一 写真/ベストカー編集部 ほか 構成/フォッケウルフ
初出:『ベストカー』2021年9月26日号

【画像ギャラリー】ひょっとしてひょっとするかも?? マニアックな国産ネオクラシックカーをギャラリーでチェック!


■もしかすると高騰寸前!? 今すぐ手に入れたい本命ネオクラ 6選

 どれも一本筋が通っていながら新車で大ヒットとはならず! 中古車流通台数もそれほど多くないため、もしかしたら高騰する可能性もある?

■日産 10代目 スカイライン

 スカイラインと言えば、GT-Rを中心に、国産ネオクラシックカーブームの震源地!

 多くのモデルが高騰しているが、超絶人気のR34型でも、4ドアセダンのノンターボATモデル(GT)なら、全然まったくブームと無縁!

 100万円以下で手に入る! R34というだけで、マニアからは「おおっ!」という声が上がるけど、単なる古くてカッコ悪いセダンなのがシブイ!

日産 10代目 スカイライン。上記はGT-Rを除いたR34型全体の相場。ターボモデルを外せば、高くても200万円以下となる。ただし流通量は多くない

●中古車相場:70万~600万円

■トヨタ プログレ

・“小さな高級車”として誕生するも時代に合わず!

 1998年、ベンツCクラスのような小さな高級車を目指して、トヨタが開発したのがプログレであることは、ベストカーの記事をお読みの皆様なら、ご存知のことでしょう。

 このプログレ、現在でもマニア間では非常に評価が高い。直6エンジンを積んだ小型FRというだけで、クルマ好きのココロには深く刺さってしまうのです。

 ところがこのプログレ、全然値上がりしておりません! 今のところ、ただの不人気セダンとして流通しております! お値段は15万円から178万円までで、中心価格帯は40~50万円台! マニア人気はカケラも炸裂していないのです!

 というわけなので、今や超希少な直6自然吸気エンジンのフィーリングを、ゆったりと楽しみながら、ゆったり値上がりを待つのはいかがでしょう? その可能性はかなり低いでしょうけど。

トヨタ プログレ。2005年まで販売されていたとはいえ、さすがに15年以上前ということで、程度のいい物件を探すのが難しくなってきた頃である。良質な物件を見つけたら即決すべき!? 

●中古車相場:15万~75万円

■トヨタ 4代目ソアラ

 人気の初代や2代目は、500万円に迫る個体も少なくないが、最終の4代目ソアラなら、100万円以下から手に入る!

 中身はレクサスSCと同じだから、ゼイタクな電動(動けば)バリオルーフを満喫可能! エンジンもセルシオと同じV8の4.3Lと超ゼイタク!

 できれば、あまりいじられていない個体を安く手に入れて、金の成る木に育てよう。

トヨタ 4代目ソアラ。レクサスSCも兄弟車ということで、両方で探せば流通台数は約300台に増える。価格幅があるので、程度の見極めが重要だ

●中古車相場:40万~480万円

■ホンダ 5代目 プレリュード

 バブル期、元祖デートカーとして一世を風靡した、2代目・3代目プレリュード。それらは200万円を超えるタマも少なくないが、最終の5代目は人気がサッパリ! ヘタすりゃ20万円から手に入る。

 もはやスペシャルティクーペ人気がガタ落ちになった頃のモデルだけに、当時から注目度は低かった。よって今見るとレアで新鮮。注目を集めること間違いなし! 

ホンダ 5代目プレリュード。生産終了からすでに20年が経過して、流通台数がだいぶ少なくなってきた。相場も100万円前後に上昇し、高騰寸前かも

●中古車相場:20万~150万円

■トヨタ セラ

・乗員スペースが全方向ガラスで覆われた宇宙船?

 バブル絶頂期の1990年、トヨタは恐るべきクルマを発売した。その名はセラ! ごく普通の1.5Lエンジンを積んだFFコンパクトクーペなのに、ドアはほぼ全面ガラス、しかも上に開くバタフライタイプだった! そのさまは、まるでスーパーカーじゃんよー!

 バブル当時は「速さこそ正義」。ゆえに、中身がスターレットだったセラは超キワモノ扱いされ、鳴かず飛ばずだったが、今や時代は変わった! キワモノこそ正義! セラの中古車もさぞ暴騰していることだろう……。

 と思いきや、全然暴騰しておりません! 60万円代から買えまする! 流通台数もわずか数台のみ。つまりレア度も非常に高い。値上がり要素満点だ!

トヨタ セラ。8月中旬現在、全国での市場流通台数はわずか4台。とにかく流通量が少ないので、良コンディションの物件が欲しいなら、中古車販売店に頼んで探してもらうのもいいだろう

●中古車相場:60万~150万円

■マツダ ランティス

 マツダの5チャンネル暗黒時代、彗星の如く登場した4ドアクーペ、それがランティスだ!

 2LのV6エンジンを積んだFF車というだけでレアだが、サスはマツダ入魂の仕上がりで、当時の良識派自動車メディアは、こぞって大絶賛した。

 それが今や流通台数わずかに2台、相場は40万円ほど。絶滅寸前のトキのように、保護して育てれば高値が付くかもしれん……。奇跡を待て!

マツダ ランティス。実はかつてベストカーでも所有していた名車!? 相場は低いが、いかんせん選べるタマが少なすぎる。即買い対象物件だ

●中古車相場:40万~50万円


【番外コラム】ところで「ネオクラシック」って何?

 ネオとは「新」という意味。つまり、新しめのクラシックカーということになる。ではどの範囲がネオクラシックかと言うと、厳密な定義は皆無なれど、なんとなく「1980年代から1990年代製のクルマ」と考えられている。

 今では考えられないが当時の日本は、バブル景気とその余熱によって、多くのスポーツモデルが発売された。それらが、海外での人気爆発もあり、軒並み高騰しているというわけでございます。

当時のスポーツカーといえば、280馬力モデルを筆頭に、キラ星のごとく名車が乱立していた

【画像ギャラリー】ひょっとしてひょっとするかも?? マニアックな国産ネオクラシックカーをギャラリーでチェック!

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ