アルファード/ヴェルファイア中古車戦線が熱い!! 一気に高騰中で狙い目はどれ?


購入するなら、このグレードがオススメ!!

 人気のアルファード/ヴェルファイアでも税金の高い大排気量グレードはやや敬遠されるのか、前期型アルファードの3.5エグゼクティブラウンジが3カ月前約490万円だった平均価格は約468万円と約22万円の値落ちを記録。

アルファード エグゼクティブラウンジ室内
約22万円値落ちしているという

 いっぽう、前期型のヴェルファイアは2WD車の3.5エグゼクティブラウンジは約5万円の値落ちに留まっているが、4WD車は3カ月前の約515万円から今月は約470万円へと大幅ダウン。

 値落ちしている車種の流通台数は少ないが、動くリビングルームとも言える贅沢な空間を実現した最上級モデルのエグゼクティブラウンジが今狙い目となっている。

 そのほかでは標準モデルはほぼ横這い、エアロ系モデルは値上がりと強気な相場となっている。

今後のアル/ヴェルの中古車相場の行方

 こうした背景はやはりアジア圏での人気の高さが影響している。国内で値下げして売らなくても海外へ輸出をすれば、アルファード/ヴェルファイアの中古車は高く売れることがわかっているからだ。

 このような流通システムが確立していることを考えると、今後もアルファード/ヴェルファイアの中古車に関しては大幅な値落ちは期待薄かもしれない。

 【画像ギャラリー】トヨタが誇る高級ミニバンたち