新型ハリアー登場直前で中古相場に激震!! 買うタイミングは今か? 待ちか?

 新型の登場が2020年5月下旬に迫っているハリアー。登場から6年2ヵ月が経つモデル末期とはいえ、いまだに人気は衰えていない。

 そこで、現行ハリアーの中古車相場を調べ、新型ハリアーの情報が流れてから、中古車相場は下がってきたのか、徹底調査!! 

 ほかのSUVと比べ、中古車相場は下落していないのか? 今が狙い目なのか? モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】2020年5月下旬にデビューする新型ハリアー詳細画像ほか


日本市場専用モデルとして復活した現行ハリアー

日本市場における国産プレミアムSUVブームの火付け役となったのが、1997年12月に登場した初代ハリアー

 初代ハリアーはまだ“RV”と呼ばれ、三菱パジェロやトヨタハイラックスサーフなどが人気だった1997年12月に、乗用車のシャシーを流用しオンロード重視したオンロードでの乗り心地を重視したプレミアムSUVとして登場。一気に国産クロスオーバーモデルのマーケットを席捲し、SUVブームの礎を作ったモデルだ。

 2003年2月に登場した2代目ハリアーはハイブリッド車を追加され、その人気は盤石のものとなった。

 しかしハリアーの海外仕様モデルとして販売されていた、レクサスRXの日本市場導入によってハリアーの販売終了がアナウンスされた。

初代に続いて2代目もヒットしたがレクサスRXの日本市場導入によって販売終了

 その後、販売現場からの強い要請によって、2013年12月に3代目となる現行型ハリアーは日本市場専売モデルとして登場。

 登場から6年が経過した2019年の年間販売台数は3万6249台の25位。エクストレイルが24位、フォレスターが28位であることを考えると人気の衰えが少ないのはさすがといえる。

現行モデルの3代目ハリアー。2019年の月毎の販売台数は1月2960台、2月3770台、3月5074台、4月2884台、5月2929台、6月3155台、7月3435台、8月3060台、9月3890台、10月1804台、11月1762台、12月1526台。2019年10月から落ち込みが大きくなってきたがモデル末期とは思えないほどの販売台数だ

■2019年SUV新車販売台数
1位(総合14位):5万5586台 ホンダヴェゼル
2位(総合15位):5万5677台 トヨタC-HR
3位(総合16位):5万3965台 トヨタRAV4
4位(総合24位):3万6505台 日産エクストレイル
5位(総合25位):3万2469台 トヨタハリアー
6位(総合26位):3万2384台 スバルフォレスター
7位(総合29位):3万1538台 マツダCX-5
8位(総合31位):2万8475台 ランドクルーザー200
9位(総合36位):2万3294台 マツダCX-8
10位(総合40位):1万6601台 トヨタライズ

 そんなSUVのロングセラーモデルのハリアーだが、すでにベストカーwebでも報告しているように、2020年5月下旬にフルモデルチェンジを予定しているという。

 2019年にRAV4が発売されたこともあり、ハリアーはポルシェカイエンやメルセデスベンツGLCといった欧州のプレミアムブランドのSUVにラインナップされているクーペスタイルに変わり、サイズアップ&クオリティアップし、上級車にシフトする。車両本体価格も上昇するのではないかと言われている。

2019年10月の消費税増税後に未使用中古車が大量発生

あまり古さを感じさせないハリアーのデザイン

 現行ハリアーのボディサイズは全長4725×全幅1835×全高1690mm、ホイールベースが2660mmだが、新型では全長4800×全幅1875×全高1650mm、ホイールベースが2750mmとなると予想。

 
 大型化され、格上のクーペスタイルとなれば、現行ハリアーから大幅に変わることになる。そうなると、 現行ハリアーのボディサイズやスタイルがいいと思う人も出てくるだろう。

 そこで、新型ハリアーの登場約3カ月前に、現行ハリアーの中古車事情はどうなっているのか、調べてみた。

 2013年から販売開始した現行型ハリアーの中古車は現在約2900台流通している。3カ月間前の10月上旬は約2300台だったので、わずか3カ月で600台も中古車が増えている。

 普通これだけ中古車の流通台数が増えると相場が下がるのだが、直近3カ月間のハリアーの中古車の平均価格は約273万円でまったくの横這いで推移し、さすが人気車種というパワーを見せつけている。

 さらに詳しく見てみると、3カ月で増えた中古車のうち約60%にあたる360台は2019年~2020年式の高年式車。つまり消費税増税後に中古車市場に流れた走行距離の少ない未使用中古車なのだ。

 この高価格車が大量に発生したことで、中古車の平均価格は横這いをキープしているのである。

 さらに1年という長いスパンで現行型ハリアーの平均価格の推移を見てみると、1年前の2019年1月の平均価格は約290万円で、順調な値落ちを示した。

上の写真をクリックすると現行ハリアーの中古車情報が見られます!

新型RAV4の登場で現行ハリアーの中古車価格は下がったのか?

新型ハリアーは登場してすぐに大ヒットしたRAV4。ハリアーと同じミドルクラスSUVだから同門の食い合いになっていないか?

 2019年4月にRAV4が販売開始されるとハリアーの値落ち傾向が加速されると思ったら、実際には緩やかになり、2019年9月に底値となる約268万円まで値落ちした。その後は未使用中古車の流入によって、徐々に値上がりし、約273万円まで値を戻している。

 ハリアーの値動きはRAV4の登場で値落ちが鈍くなり、また消費税増税の影響で未使用中古車の登場で値上がりした。

 ハリアーと同じミドルクラスSUVで、フレッシュなモデルのマツダCX-5が2019年1年で約19万円、ホンダCR-Vが約21万円寝落ちしているので、モデル末期のハリアーがいかに値落ちしにくいモデルということがわかってもらえるだろう。

 現行ハリアーに搭載されているパワートレインは2L直4ガソリン、2.5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッド。そして2017年6月にマイナーチェンジで2L直4ターボ車が追加され、3種類となった。

現行ハリアーの中古車は2Lガソリン車のプレミアムが最も多く流通している

2017年6月8日にマイナーチェンジで2Lターボエンジンを搭載 。現行モデルの新車価格はガソリン車が300万4100~385万円、ターボ車が344万3000~412万5000円、ハイブリッド車が384万4500~468万9300円。GRスポーツが346万1700~407万円

 流通している中古車のグレード構成を見てみると、2Lガソリン車のプレミアムが約27.3%と最も多く、続いて多いのがベーシックグレードのエレガンスが約18.4%。3番目が約7.9%のプレミアムアドバンズドパッケージ、4番目にようやくハイブリッド車のプレミアムアドバンズドパッケージ4WD、ハイブリッドプレミアム4WDが続く。

 マイナーチェンジで追加されたターボ車は55台のプレミアムが最多グレードと中古車の流通台数は少なめ。

 こうして見てみると、ハリアーの中古車は上級グレードのプレミアムが中心となっているのがわかる。

 流通台数の多いグレードの中古車価格帯を見てみると、最多グレードの2.0プレミアムは約160万~約459万円で高価格帯はカスタマイズカーが中心だ。

 2.0プレミアムアドバンズドパッケージは約190万~約434万円、ベーシックグレードのエレガンスは約170万~約409万円と新車時の価格差がほとんどなくなりクロスオーバーしている。

 そしてハイブリッド車の最多グレード、プレミアムアドバンズドパッケージ4WDの価格帯は約179万~約385万円、プレミアム4WDは約179万~約438万円で、ハイブリッド車もガソリン車同様に価格が重なっているのが特徴だ。選びやすさならばガソリン車だが、割安感はハイブリッド車のほうが高くなっている。

横這いから一気に値落ちしていく

 現在はまだ横這いの現行型ハリアーの中古車価格だが、フルモデルチェンジするとさすがに横這いのまま維持できないはず。

 ただし、人気車なので値落ちも長続きせず、しばらくすると再び横這いに近い動きとなると考えられる。

 ハリアーの中古車を狙っている人は、これからモデルチェンジ後まで、じっくりと値動きをチェックしてもらいたい。

上の写真をクリックすると現行ハリアーの中古車情報が見られます!

【画像ギャラリー】2020年5月下旬にデビューする新型ハリアー詳細画像ほか

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ