「あの頃」のネコ目が帰ってきた! ビクスク復権なるか! 新型フォルツァ徹底スクープ

「あの頃」のネコ目が帰ってきた! ビクスク復権なるか! 新型フォルツァ徹底スクープ

 知名度の高いビッグスクーター「フォルツァ」の新型350が海外で発表された。主にスタイルを変更し、昔ながらのフォルツァらしい2眼ヘッドライトに回帰。これをベースに国内版の250が発売されることになりそうだ。「年内にも登場」と予想される新生フォルツァの詳細を解説したい!

文/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】車体色やメーター、スペックなど新型フォルツァの詳細を見る!(14枚)画像ギャラリー

海外でフォルツァ350の新型発表、250版の国内仕様が近日登場へ

 2000年代に大ブームになり、各社がシノギを削った250ccのビッグスクーター。しかし、2000年代後半、違法駐車の取り締まり強化と排ガス規制の影響で250スクーターのラインナップは激減した。

 現在、国内250スクーターは、ホンダのフォルツァとヤマハのXMAXの2車種のみ。セールス好調なのはフォルツァで、昨年の推定販売台数はXMAXが1308台なのに対し、フォルツァは2187台だった。強豪ひしめく126~250ccクラスにおいて、販売13位となかなかの人気を誇る(販売データは二輪車新聞調べ)。

 現行フォルツァは、海外モデルのフォルツァ350を250ccにスケールダウンして国内で発売されている。そのベース車であるフォルツァが10月4日、生産国のタイでモデルチェンジを発表。日本でも従来通り、350を250ccの「フォルツァ」として発売するはずだ。

 2023年新型フォルツァの変更点は、規制対応と灯火器類の変更がメイン。シート高などの車両寸法や184kgの車重、23psの最高出力など諸元に変更はないようだ。それでも令和2年排出ガス規制に対応しながらパワーを維持するなど細部に改良が施されている可能性もある。

 新型の国内発売時期を本誌では12月中旬と予想。価格は従来型から3万3000円アップの69万1900円と予想したい。

新型フォルツァ350は写真のグレーをはじめ、計4カラーを設定。グレーは日本の新型フォルツァにも設定される見込みだ
新型フォルツァ350は写真のグレーをはじめ、計4カラーを設定。グレーは日本の新型フォルツァにも設定される見込みだ

猫目+滑らかボディはまさに俺達のフォルツァだ!

 今回のモデルチェンジで最もトピックなのはヘッドライトの変更だろう。2018年以降、欧州市場を見据えて登場した現行型(MF13)は3眼の一体型を採用してきたが、日本のライダーにとってフォルツァと言えばツリ目の2眼。2000年型の初代(MF06)以来、2眼ヘッドライトがアイデンティティだった。

 そして新型は左右独立の2眼に変更。我々がよく知るフォルツァの伝統に回帰した形だ。

 さらにフロントカウルの両サイドはZ型のデザインから、滑らかな「く」の字型に変更。海外で設定されているフォルツァ750に近いが、国内の旧フォルツァを思わせる造形でもある。

 同時にテールランプも新デザインに変更したほか、メーターを一新。スピード&回転計アナログ2眼の間に置かれた液晶画面を拡大し、バーグラフ式のリアルタイム燃費計などが新設された。高級感もよりアップし、クルマのようなコクピットとしている。

 メーターにはスマートフォンと接続した際の着信表示なども確認できるが、現行型と同様、日本で発売される2023年新型フォルツァ250には、スマホ連携機能は採用されない見込みだ。

新型フォルツァのヘッドライトは外周を縁取るようにライン発光するポジション灯をセット。クルマのデイタイムランニングライトを思わせる明るさとデザインだ。写真はタイ仕様
新型フォルツァのヘッドライトは外周を縁取るようにライン発光するポジション灯をセット。クルマのデイタイムランニングライトを思わせる明るさとデザインだ。写真はタイ仕様

次ページは : 快適なエンジンや電動スクリーンなど基本構成は踏襲

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!